100Gbps 光トランシーバ製品販売開始のお知らせ

2月15日(木)13時0分 @Press

この度、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の日本法人である株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンでは、日本におけるインターネットや携帯網のブロードバンド化に対応するため、高速光トランシーバで主流となる100Gbps製品について、5種類の主要業界標準製品を揃え、販売開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149687/LL_img_149687_1.jpg
100Gbps光トランシーバ「WST-QS28-4ML-C」

【製品の概要】
■用途に応じてお選びいただける、5種類の100Gbps 光トランシーバ製品
http://www.wavesplitter.jp/index.php/services/wavesplitter-lineup

モデル名 :WST-QS28-SR4-C
最大伝送距離:100m
準拠標準 :SR4
特長 :IEEE802.3bm準拠 短距離

モデル名 :WST-QS28-P4-C
最大伝送距離:500m
準拠標準 :PSM4
特長 :多芯ファイバ(MPO)用 中距離 低価格

モデル名 :WST-QS28-CM4-C
最大伝送距離:2km
準拠標準 :CWDM4
特長 :2芯ファイバ(LC)用 中距離 低価格

モデル名 :WST-QS28-4ML-C
最大伝送距離:10km
準拠標準 :4WDM-10
特長 :2芯ファイバ(LC)用長距離低価格

モデル名 :WST-QS28-LR4-C
最大伝送距離:10km
準拠標準 :LR4
特長 :IEEE802.3ba準拠 長距離


【製品の特徴】
これまでデータセンター業者にとり、100Gbps光イーサネットの導入に大きな障害となっていたのは、IEEE標準の100Gpbs LR4製品のコストでした。IEEE標準では比較的低コストの100Gpbs SR4が規格化されていますが最大伝送距離が100mと短く、経路が制限され直線距離で敷設することができないデータセンターのラック間には不充分です。最大伝送距離10kmのLR4でこれに対応した場合過剰な仕様であり、高コストを招いてしまいます。
そこで、主に米国のデータセンター事業者が中心となり、これらの間を埋める、低コストで中距離伝送に適した通称MSA(Multi-Source Agreement)と呼ばれる業界標準が誕生いたしました。たとえば当社のMSA対応製品であれば、伝送距離が500mのPSM4や2kmのCWDM4準拠製品が、IEEE LR4準拠製品の3〜4割程度、IEEE LR4と同じ伝送距離10kmを持つ4WDM-10準拠製品でも半額程度と、たいへん低コストで100Gbpsを導入いただくことが可能となりました。(価格は当社比)
高信頼で効率の良いデータセンター構築に不可欠な製品であります。


【ウェーブスプリッタ・テクノロジー社について】
ウェーブスプリッタ・テクノロジー社は米国カリフォルニア州に本社を置く、データセンターや携帯通信のバックボーンネットワークなどで使用される光イーサネットや、科学計算などで使用されるHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)システムなどで必要不可欠となる、光通信モジュール製品を製造販売する企業です。


【株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンについて】
株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンは、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の日本法人です。これまで日本未発売であったウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)製品の日本国内における輸入販売事業を行い、国内のお客様へ高品質で安定した、価値ある製品を提供してまいります。

会社名 : 株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパン
所在地 : 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-14 朝日神保町プラザ203
最高執行責任者: 櫻井 豊
URL : http://wavesplitter.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「インターネット」をもっと詳しく

「インターネット」のニュース

BIGLOBE
トップへ