BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

出生率向上も子育て参加も「西日本に学べ」とデータは語る

ダイヤモンドオンライン2月15日(水)6時0分
画像:出生率や子育ての参加への積極性については、「西高東低」の傾向が見られるなど、地域構造の違いがある。国民的課題であるだけに、何らかの参考にしていく必要がありそうだ
写真を拡大
出生率や子育ての参加への積極性については、「西高東低」の傾向が見られるなど、地域構造の違いがある。国民的課題であるだけに、何らかの参考にしていく必要がありそうだ

沖縄の出生率の高さは

米国統治と無縁ではない


 今回は出生率の地域構造の変化を取り上げたい。本題に入る前に、まず、全国の出生率の動きをおさらいしておこう。人口当たりの出生数で出生率を計算すると高齢化の影響などを受けるので、ここでの出生率は、年齢別の女性の出生率の合計である合計特殊出生率(近似的には女性が一生に生む子どもの数と考えられる)を指すものとする。


 図1に戦前からの推移を掲げたが、戦前には4〜5人台だった合計特殊出生率は、団塊の世代を生んだ戦後直後のベビーブームの時期にいったん4人台半ばまで高まった後、1950年代に人口置換水準といわれる2人レベルまで急落した。その後、ひのえうまの急落(1966年)を別にすれば横ばい傾向となったが、高度成長期を過ぎた1970年代半ばから、再度、低下傾向が顕著となった。


 過去最低だったひのえうま年の1.58を下回ったことから起こった1989年の「1.57ショック」をきっかけに少子化対策に本格的に関心が集まるようになった。近年の動向は、2005年の1.26を底に上昇傾向に転じ、2015年は1.45までに回復している。出産、子育てに関する状況は大きく改善されているとは言いがたいことから、このままのペースで順調に回復していくかどうかについては悲観的な見方が強いようである。


 地域別の出生率も基本的には全国の動きに沿ったものであるが、戦前と戦後で大きく変わったのは、いずれの地域で出生率が高いかという地域構造である。これを象徴的に示す青森と沖縄の出生率の動きを図1に併載した。


 戦前には青森が最も出生率の高い県であり、逆に、沖縄は出生率が最も低いグループの地域だったことを知る人は多くないだろう。現在、青森は都道府県順位が30位台とむしろ出生率の低い地域であり、沖縄は良く知られているように最も出生率の高い県であるが、戦前は全く逆のパターンだったのである。


 沖縄の出生率の動きは、終戦後、しばらく沖縄が米軍の統治下にあったことを抜きにして理解できない。本土の各地域が、経済の高度成長や家族制度など社会の近代化、社会保障制度の普及などの影響で急速に出生率を低下させていた頃、沖縄はそうした本土の動きからいわば「取り残されて」いたため、統計が開始された1975年、一気に全国首位に躍り出た訳なのである。このデータを見る度、私は、それまで沖縄の高い出生率を南国的な風土のせいだとばかり思っていた自らの不明を恥じることになる。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「出生率向上も子育て参加も「西日本に学べ」とデータは語る」の関連ニュース

注目ニュース
「公務員=老後生活が安定」は昔話に? “イデコ”活用への期待 オリコン4月22日(土)11時20分
2015年10月、“公務員の年金優遇”とされていた共済年金が廃止され、厚生年金へ統一された。[ 記事全文 ]
ローソンは3強から脱落するのか 玉塚氏退任と「分岐点」の関係 J-CASTニュース4月22日(土)16時0分
ローソンの玉塚元一会長(54)が2017年5月末の株主総会で退任する。サントリーホールディングスに転じた新浪剛史氏(58)の後継として経営…[ 記事全文 ]
従業員を停職処分=米航空、またトラブル 時事通信4月23日(日)8時35分
【ニューヨーク時事】米アメリカン航空グループは22日、女性の乗客が機内に持ち込もうとしたベビーカーを従業員が強引に取り上げたとして、従業員…[ 記事全文 ]
妊産婦、今でも年50人前後が死亡  横ばい状態、なぜ減らないのか J-CASTニュース4月19日(水)12時7分
日本の妊産婦死亡率は、厚労省によると、世界的に非常に低いとされるが、それでも最近の6年余で298人が亡くなっている。[ 記事全文 ]
「低価格ワイン」で対抗、コストコに挑むウォルマート会員制スーパー Forbes JAPAN4月22日(土)10時0分
ウォルマートが運営する会員制スーパーマーケット、サムズ・クラブ(SamsClub)は4月19日、会員制大型倉庫店のコストコに対抗するための…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア