東京都行政書士会が東京マラソンEXPO 2018へブース出展

2月15日(木)17時0分 ドリームニュース

東京都行政書士会(所在地:東京都目黒区/会長:常住 豊、以下「本会」)は「東京マラソンEXP0 2018」[2018年2月22日(木)〜24日(土)東京ビッグサイト]においてPRブース(T-07)を設置し、3日間に来場する約10万人に向け行政書士制度の広報やPR活動等を行います。 

具体的には、本会の社会貢献事業や行政書士について周知を図るため、以下のことを行います。
・パネル展示・・・自転車事故パネル、外国人向けパネル
・ユキマサくんとの写真撮影会・・・「コスモス畑の横断幕」の前で写真撮影会
・ユキマサくんグッズ抽選会・・・ユキマサくんグッズが当たる抽選会を実施。今回は参加賞としてユキマサくんの絵柄がプリントされた缶バッジ(全5種)を用意しています。
・来場者へのグッズ配布・・・合計20,000部の配布グッズを来場者へプレゼント
・行政書士によるミニライブ・・・本会の行政書士によるパフォーマンスの実施
・握力測定・・・握力計を使用し、来場者の握力測定を実施。記念カードを配布。

以上、ブースナンバーT-07で皆様のご来場をお待ちしております。

行政書士とは  
市民に身近な法律専門家で国家資格者です。遺言・相続、成年後見、不動産、空き家問題、外国人登録、ビザ、自動車登録など、許認可や各種証明書類の作成で行政書士が扱える種類は1万を越えると言われています。また外国人や自転車事故、ペット、賃貸住宅に関するトラブルについて、中立で公正な調停人が進行役(ファシリテーター)となって当事者の対話を促進し、トラブルの解決に向けてサポートする行政書士ADRセンター東京も東京都行政書士会に設置されています。

お問い合わせ先
東京都行政書士会事務局
電話番号03−3477−2881
ホームページhttp://www.tokyo-gyosei.or.jp

ドリームニュース

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

BIGLOBE
トップへ