【矢野経済研究所マーケットレポート】「シニア関連市場マーケティング年鑑2018年版」を発刊いたしました

2月15日(木)9時30分 ドリームニュース

少子高齢化が進み、団塊世代のリタイアが本格化するなど、消費購買層としてシニア層に対する注目度が高まっています。従来の若者向けやファミリー向けの消費が縮小する中で、使えるお金や時間に余裕があるとされているシニア層の消費をどのようにして取り込んでいくかが、今後のマーケティング活動や集客戦略のポイントになるとみられています。
本調査レポートでは、多くの分野にわたるシニア関連マーケットを取り上げ、その市場動向や消費の実態のほか、実際にシニア層をターゲットとしている企業の動向についてもまとめました。特に、介護・リハビリや老人ホームなどといった、従来から取り上げられてきた高齢者向けのマーケットだけでなく、レジャー、スポーツ、趣味、習い事といった新しいカテゴリーや、シニア取り込みに向けて動き出した流通事業者の動向等、新たな視点でもシニアマーケットを捉えた総合的資料として企画しました。

発刊日: 2018/1/19
体裁: A4 / 571頁
書籍 定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円)

■本資料のポイント
・各種シニア関連マーケットの市場動向と消費のトレンドを探る。注目の市場・業態は。企業の取り組みは。新たな試みなども次々と登場。
・すでに市場拡大傾向にある介護・リハビリ、高齢者住宅、高齢者向け宅配などの分野から、今後注目される旅行、スポーツ、娯楽、趣味・習い事などまで、関連市場の動向を網羅する。
・シニア層を主力ターゲットとして事業展開を行う企業のほか、新たにシニア層の需要の取り込みを狙う企業等、主要事業者の27社の詳細調査個表も一挙掲載。


⇒詳細内容・お申し込みはこちら
https://www.yano.co.jp/market_reports/C59122000

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

ドリームニュース

「マーケティング」をもっと詳しく

「マーケティング」のニュース

BIGLOBE
トップへ