インドのスマホ市場、再び2桁成長を達成

2月15日(木)6時0分 JBpress

インド・アグラにある世界遺産タージマハルを訪れた人々(2018年1月3日撮影)。(c)AFP PHOTO / DOMINIQUE FAGET〔AFPBB News〕

 インドは、スマートフォンの出荷台数規模で、世界2位の市場になったとも言われているが、米国の市場調査会社IDCが、このほどまとめた同国出荷台数統計によると、昨年(2017年)1年間、同国向けに出荷されたスマートフォンの台数は、1億2400万台となり、前年に比べ14%増加した。


トップ市場20カ国で成長が最も速い国

 IDCが先ごろ公表した、昨年の中国スマートフォン出荷台数は、4億4430万台だった。つまり、インドの出荷台数は、中国の3割弱といった規模。

 しかし、中国が前年比4.9%減、米国がほぼ横ばいで推移したことを考えると、インドのスマートフォン市場は成長が著しい。同国は世界のトップ市場20カ国の中で、最も成長が速い市場だとIDCは指摘している。

(参考・関連記事)「中国のスマホ出荷台数、8年ぶりに前年割れ」

 インドでは2016年末に、高額紙幣の廃止に伴う消費の落ち込みがあり、スマートフォンの販売が振るわなかった。例えばIDCによると、2016年1年間の出荷台数は1億910万台で、前年比5.2%増と、比較的小幅な伸びだった。

 しかし、昨年は中国メーカーが引き続き勢力を伸ばしたことなどから、再び2桁成長を達成した。同国スマートフォン市場は今後数年間、2桁成長が続くだろうとIDCは予測している。

(参考・関連記事)「中国のスマホメーカーがインドで勢力拡大」


インドで中国メーカーのシェアが5割超に

 やはり興味深いのは、中国メーカーの出荷台数が大半を占めている点だ。IDCによると、中国メーカーの昨年1年間におけるインド市場でのシェアの合計は53%となり、前年の34%から大きく拡大した。

 メーカー出荷台数シェアのランキングを見ると、前年に続きトップとなったのは、韓国サムスン電子で、そのシェアは24.7%。

 しかし、2位から5位まではすべて中国メーカーが入った。シャオミ(小米科技)、ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)、レノボ・グループ(聯想集団)、オッポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)だ。


シャオミが急成長

 このうち、シャオミのシェアは20.9%と、サムスンに迫っている。また、昨年10〜12月期に限って見ると、シャオミが26.8%、サムスンが24.2%となり、2社の順位は入れ替わっている。

 IDCによると、シャオミの出荷台数はこの期間に200万台を超え、1年前の3倍になった。シャオミは実店舗での販売に力を入れており、マスメディアを利用したマーケティングにも積極的。こうした施策が、同社ブランドの認知度向上につながったとIDCは分析している。

 なお、IDCは今回のレポートで、米アップルについて何ら言及していない。アップルは、世界市場でサムスンに次いで出荷台数が多いメーカー。しかし、インドでは10位程度にとどまるといった報告がある。

 その要因は、現在同国で売られているスマートフォンの平均的な価格が1万インドルピー(約1万7000円)と低価格だからだ。

 ただ、英国の市場調査会社カナリスによると、アップルはインド市場で目覚ましい成長を遂げている。iPhoneの昨年7〜9月期におけるインド向け出荷台数は90万台だった。確かにこの台数は、ほかの大手と比較して少ない。しかし、iPhoneは1年前から2倍以上に増えており、アップルはインド市場で躍進していると、カナリスは指摘している。

(参考・関連記事)「インドのスマホ市場、ついに米国抜き世界2位」

筆者:小久保 重信

JBpress

「インド」をもっと詳しく

「インド」のニュース

BIGLOBE
トップへ