GDP、年率1.4%減 2期ぶりマイナス 15年10〜12月期

2月15日(月)12時34分 J-CASTニュース

内閣府が2016年2月15日に発表した15年10〜12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前期比0.4%減、年率換算で1.4%減となった。マイナス成長は2四半期ぶり。

暖冬で冬物衣料などの売れ行きが鈍かったほか、円安による食料品の値上げなどで消費者の節約志向が根強く、個人消費が低迷。また、住宅投資も1.2%減で4四半期ぶりのマイナスとなるなど、国内需要が低迷したことが響いた。


生活実感に近い名目GDP成長率は前期比0.3%減、年率では1.2%減だった。名目でも2四半期ぶりのマイナスとなった。

J-CASTニュース

「GDP」をもっと詳しく

「GDP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ