単3形充電池20本をまとめてチャージ 家庭やオフィスで使える急速充電器

2月15日(木)16時0分 J-CASTニュース

単3形充電池を自動で充電 電圧低下「メモリー効果」もリフレッシュ

写真を拡大

カメラやカメラ用アクセサリー製造のケンコー・トキナー(東京都中野区)は、急速充電器「ENEROID(エネロイド) EN20D」を2018年2月16日に発売する。


ボタンを1回押すだけの簡単操作




単3形のニッケル水素およびニカド充電池20本をまとめて充電できる。従来モデルにUSB給電ポート(2アンペア×1、1アンペア×2)と時計表示を搭載したというデラックスモデル。置き場所を選ばないシンプルなデザインを採用し、家庭やオフィスでも使える。




充電池を上部から流し込み、ボタンを1回押すだけの簡単操作。充電スロットで4本ずつ自動的に急速充電し、下部の充電済み電池保管スペースにストックする。電気的に電極を判別するため、プラス・マイナスの向きを気にせずまとめて挿入できる。




また、充電池の「リフレッシュ機能」を搭載し、電池を使い切らずに継ぎ足し充電を繰り返すことで、一時的に電圧が低下する現象「メモリー効果」を解消できるという。




充電後、スタンバイモードのまま2分間操作がないと自動で電源が切れる「スリープモード」、内蔵の光センサーにより室内が暗くなるとLEDを暗く調整する「自動調光LED」を備える。単4−単3変換アダプター4本が付属し、単4形充電池も使用できる。




カラーは白。市場想定価格は1万9000円(税別)前後。

J-CASTニュース

「充電」をもっと詳しく

「充電」のニュース

BIGLOBE
トップへ