TPP復帰には「多くの問題」=米財務次官

2月15日(木)10時56分 時事通信

 【ワシントン時事】マルパス米財務次官(国際問題担当)は14日、トランプ大統領が復帰検討に言及した環太平洋連携協定(TPP)について「多くの問題がある」と述べ、復帰は再交渉が前提になるとの考えを改めて表明した。ワシントンでの会合で語った。
 マルパス氏は、トランプ氏がTPP復帰検討に言及したのは「TPPが米国の労働者にとって有益になり得るためだ」と説明した。一方、紛争解決制度などで問題が多いと指摘。復帰には見直しが必要だと示唆した。 

[時事通信社]

時事通信

「TPP」をもっと詳しく

「TPP」のニュース

BIGLOBE
トップへ