マルケトとシルバーエッグが連携 金融・人材・不動産業界のOne to Oneマーケティングを強化

2月15日(木)10時38分 MarkeZine

 AI技術をベースにしたデジタルマーケティングサービスの開発・提供を行うシルバーエッグ・テクノロジー(以下、シルバーエッグ)は、マルケトと連携し、金融・人材・不動産業界に向けたリアルタイム・メールレコメンドを実現するソリューションの提供を開始する。

 今回のソリューションの中核となるシルバーエッグのリアルタイム・メールレコメンドサービス「レコガゾウ」は、ユーザーのメール開封情報を取得し、そこから瞬時にAIが最新の金融商品、賃貸および分譲物件、採用応募などを反映したレコメンド情報を生成し、メール内に画像データで差し込むことができる。

 このレコメンドメールの情報をマーケティングオートメーションツール「Marketo」が保有するユーザー情報にシームレスに紐付けることにより、メール配信のターゲティングやタイミング決定に加え、ユーザーごとに異なる内容のレコメンドメールの作成までを自動化。また、レコメンドからコンバージョンに至った経緯を加味した上でより精度の高いレコメンドにつなげる、One to Oneマーケティングサイクルが実現できる。

 FinTech、HRTech、ReTechと、ITによる変革の進む金融・人材・不動産業界において、「情報の非対称性」問題の解決は、大きなテーマとなっている。多くの業界では事業者が情報ポータルを構築し、膨大な量の商材情報が蓄積されるようになった。しかし、その膨大さゆえに、そこから適切な情報を抽出し、タイムリーにユーザーに届けることが難しくなっている。

 特に情報の入れ替わりの速い業界では、事業者側が発信した「おすすめ情報」がユーザーに届いた時にはすでに古くなっている場合があり、結果的に良好な取引を阻害し、ユーザーの不信感を招きかねない状況だ。そのためシルバーエッグは、メールコミュニケーションにおける情報鮮度の劣化の解決に取り組むため、今回マルケトと協業するに至った。

MarkeZine

「金融」をもっと詳しく

「金融」のニュース

BIGLOBE
トップへ