【土屋鞄】ランドセルの革を使った親子ものづくり体験!2018年3月は「革と木で自分だけのカメラをつくろう!」

2月15日(木)15時1分 PR TIMES

Instagramハッシュタグキャンペーン「あつまれ!#ちびっこ職人部」も実施中

1965年創業、職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける株式会社土屋鞄製造所は、ランドセル専門店「童具店」全10店舗にて、「まいにちワークショップ」を無料開催します。2018年3月のテーマは『革と木で自分だけのカメラをつくろう!』。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-943126-3.jpg ]

1965年創業、職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける株式会社土屋鞄製造所(本社:東京都足立区)は、ランドセル専門店「童具店」全10店舗にて、「まいにちワークショップ」を無料開催します。
2018年3月のテーマは『革と木で自分だけのカメラをつくろう!』。今回は、日本の木を大切にした学習机・家具の専門店、株式会社キシル(静岡県浜松市:代表取締役 渥美慎太郎)と土屋鞄製造所による特別なワークショップです。
また、開催期間中に写真共有サービスInstagramへのハッシュタグキャンペーン「あつまれ!#ちびっこ職人部」も実施します。
【詳細URL】https://www.tsuchiya-randoseru.jp/blog/detail.php?product_id=313
[画像2: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-217519-4.jpg ]



3月は、学習机をつくるキシルと
ランドセルをつくる土屋鞄製造所の特別な内容をご用意

[画像3: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-716213-1.jpg ]

日本の木を使って、学習机や家具をつくっている株式会社キシル。
土屋鞄と同じように、小学校入学という人生の節目に寄り添いながら真摯にものづくりと向き合っています。
長くお付き合いをしてきたふたつの会社が、今回、初めて一緒にワークショップを考えました。

【キシルURL】 http://www.xyl.jp/
※本ワークショップは、土屋鞄のランドセル専門店のみで開催します。


革と木で自分だけのカメラづくり!

[画像4: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-657758-0.jpg ]

3月は、ランドセルの革と、キシルの学習机で使われているひのきを使って、おもちゃのカメラをつくります。
木にヤスリをかけたり、革に自分のイニシャルをトンカチで刻印したりする作業が体験できます。

参加費:無料
所要時間:約45分
対象年齢:小学生以下
開催店舗:童具店 全10店舗
開催日程: 2018年3月1日(木)〜 3月31日(土)
時間:11:15 〜/12:15 〜 /13:15 〜 /14:15 〜/15:15 〜/16:15 〜 /17:15 〜
※火曜定休。童具店・広島のみ火曜、水曜定休。
【URL】 https://www.tsuchiya-randoseru.jp/blog/detail.php?product_id=313

●材料が無くなり次第、終了となる可能性があります。各店舗にお問い合わせください。
●以下の時間から、開催店舗へのお電話にて予約が可能です。
<3月参加予約> 2018年2月25日(日)11:00〜
●ご予約状況により、ご希望のお時間帯にお受けできない可能性がございます。


まいにちワークショップ 開催会場

[画像5: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-993624-2.jpg ]

【東北】童具店・仙台
【関東】童具店・中目黒 / 童具店・南大沢 / 童具店・横浜
【中部】童具店・名古屋
【関西】童具店・京都 / 童具店・大阪 / 童具店・神戸
【中国】童具店・広島
【九州】童具店・福岡

※西新井本店、軽井澤工房店、キシルの直営店では開催いたしません。
※ランドセル工房は、西新井本店、軽井澤工房店に併設されています。童具店では製造を行っていません。
※店舗詳細は、以下URLをご参照ください。

【店舗詳細】https://www.tsuchiya-randoseru.jp/shop/list.php


「まいにちワークショップ」とは

[画像6: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-427031-7.jpg ]

土屋鞄製造所では、子どもたちや家族の“今”を残す取り組みとして「思い出づくりプロジェクト」を行っています。職人たちが日々感じている「つくる喜び」を子どもたちにも伝えたいという考えのもと、店舗でのワークショップや、工房での職人体験イベントなどを開催。その中のひとつで2013年にスタートした「まいにちワークショップ」は、親子の時間を形として残せるものづくり体験の場として毎年好評です。季節ごとに内容を変えて童具店全10店舗にて開催し、早くも2019年入学用ランドセルの下見もかねたご家族も多くご来店されています。


Instagramキャンペーン「あつまれ! #ちびっこ職人部」も実施中。
引き続きちびっこ職人の写真を大募集!

[画像7: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-256580-5.jpg ]

10月から実施しているInstagramキャンペーン「あつまれ!#ちびっこ職人部」。
開始から4ヶ月間で参加者の投稿が約800件となり、ものづくりを楽しむお子さまの真剣な顔や、笑顔が集まりました。2月以降も引き続きお子さまが「まいにちワークショップ」に参加した際の写真をInstagramにて募集しています。応募していただいた中から毎回10名の方に、土屋鞄オリジナル『革のキーホルダーキット』 をプレゼント!
Instagramにて「#ちびっこ職人部」と検索すると、ワークショップの様子がご覧いただけます。
キャンペーン詳細・詳しい応募方法はWEBサイトをご覧ください。
【キャンペーン詳細】https://www.tsuchiya-randoseru.jp/contents/detail.php?product_id=287


屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)
■丈夫でシンプルなランドセル

[画像8: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-951845-8.jpg ]

土屋鞄のランドセルづくりは、1965年に創業者の土屋國男が自宅に併設した工房で始まりました。半世紀以上にわたり鞄製造一筋に打ち込み、子どもたちが6年間安心して使える、丈夫でシンプルなものづくりを大切にしています。

■ 職人の手仕事によるものづくり

[画像9: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-987723-9.jpg ]

子どもたちと6年間を共に過ごす特別な鞄だからこそ、150以上のパーツを使用、300を超える職人の手仕事によりつくられます。西新井工房、軽井澤工房の他、2017年には長野県佐久市に「佐久工房」が仲間入りしました。工房や職人の数とともに、製造できるランドセルの数も少しずつ増えています。

■ ものづくりへの思いを込めたランドセル専門店

[画像10: https://prtimes.jp/i/7557/94/resize/d7557-94-390584-6.jpg ]

工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店9店舗、ランドセル専門店10店舗、全国に21店舗を構えています。木材やレンガを使用した落ち着きのある店内には、ランドセルの素材となる牛革や、ミシンなどを展示しており、職人のものづくりを感じることができます。

【会社概要】
会社名:株式会社土屋鞄製造所
代表取締役社長:土屋成範
所在地(本社):〒123-0841東京都足立区西新井7-15-5

【URL】
土屋鞄のランドセル 
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/
Facebook 
https://www.facebook.com/tsuchiya.randoseru
Instagram 
https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/

【お客様お問い合わせ先】
電話:0120-907-647(平日10:00〜17:00)
メール:jr-support@tsuchiya-kaban.com

PR TIMES

「ランドセル」をもっと詳しく

「ランドセル」のニュース

BIGLOBE
トップへ