IoT野球ボール「i・Ball Technical Pitch」販売再開のお知らせ

2月15日(木)19時1分 PR TIMES

株式会社アクロディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 堤 純也、以下「当社」) は、2018年2月16日より、IoT野球ボール「i・Ball Technical Pitch」の販売を再開いたしますのでお知らせいたします。

「i・Ball Technical Pitch」は、昨年12月に一般販売を開始し、おかげさまで約1か月で完売いたしました。このたび、材質の改良を行い、より公式球に近づけた「i・Ball Technical Pitch」として、販売の準備が整いました。

------------------------------------
【販売再開日】
2018年2月16日(金) 時間未定
【販売サイト】
・Amazon(https://www.amazon.co.jp/)
・Technical Pitch特設サイト(https://technicalpitch.net/)内の
「ボールを購入する」よりお進みください
--------------------------------------

「i・Ball Technical Pitch」は、プロ野球球団の投手をはじめとして、投手育成や練習などの場面で多くのユーザー様にご愛用いただいております。当社は、IoTを通じてユーザー様のスポーツライフに豊かさと楽しさを提供することを目指し、さらなる技術の向上と充実したサービスの提供に向けて取り組んでまいります。


■「i・Ball Technical Pitch」とは
「i・Ball Technical Pitch」は、国内唯一の特許を取得済であり(海外はPCT出願済)、硬式野球ボールの中心部に9軸センサー※1を内蔵したIoT製品です。ボール本体は、硬式野球ボールと同じ重量、同じ固さ、同じ素材で作られています。ボール本体を投げると投球データがスマートフォンに転送され、「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」を計測し、専用サーバーで投球データの解析が可能です。
※1:3軸加速度センサー、3軸地磁気センサー、3軸角速度センサー

※IoT(Internet of Things):従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットに、それ以外の各種家電製品、生活環境などの情報を取得する各種のセンサー等、さまざまな"モノ"を接続する技術。
※AmazonおよびAmazon.co.jpは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。


【株式会社アクロディア】
所在地:東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル
設立:2004年7月
上場:2006年10月 東証第二部(3823)
代表者:代表取締役社長 堤 純也
事業内容:スマートフォン向けのサービス・ソリューションの提供
ウェブサイト:http://www.acrodea.co.jp/

PR TIMES

「IoT」をもっと詳しく

「IoT」のニュース

BIGLOBE
トップへ