ピューロランド初!松竹とタッグを組み“歌舞伎”を取り入れた新作ミュージカルを上演「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜」2018年3月10日(土)上演スタート

2月15日(木)14時1分 PR TIMES

声の出演には中村獅童さん、映像出演には坂東巳之助さん、脚本・演出にはスーパー歌舞伎を手掛けてきた横内謙介さんを起用!ハローキティの見得は必見!サンリオキャラクターたちが歌舞伎演出に初挑戦

[画像1: https://prtimes.jp/i/7643/138/resize/d7643-138-852899-1.jpg ]

 株式会社サンリオエンターテイメントが運営するサンリオピューロランド(以下、ピューロランド)は、松竹株式会社(以下、松竹)とタッグを組み、“歌舞伎”を取り入れた新作ミュージカル「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座(いちざ)の桃太郎〜」を、ピューロランド内メルヘンシアターで2018年3月10日(土)より上演します。ピューロランドで歌舞伎を取り入れたミュージカルを上演するのは初めて。サンリオキャラクターたちの“KAWAII”と、歌舞伎という日本の伝統的な“和”の融合、さらにメルヘンシアター初のプロジェクションマッピングの演出で、今までにない参加型スペクタクル・エンターテイメントショーをお楽しみいただけます。

 本作は、日本の演劇界をけん引する松竹が全面監修し、脚本・演出は「スーパー歌舞伎」を手掛けてきた横内謙介さんを起用しました。市川笑三郎さんの歌舞伎演技指導のもと、ハローキティたちが初めて歌舞伎に挑戦します。サンリオキャラクターが歌舞伎の新衣裳で登場し、見得や大立廻りなど歌舞伎の技法や演出を披露する姿は必見です。また声の出演として中村獅童さん、映像出演として坂東巳之助さんの出演が決定しました。中村獅童さんは物語の重要人物でもある“鬼”の声を担当。坂東巳之助さんは、シアター初登場の歌舞伎のPRキャラクター「かぶきにゃんたろう」と一緒に映像で登場し、ハローキティたちに立ちはだかる困難を救います。2020年に向けて海外ゲストの来場が増加することを想定し、日本のみならず海外からのお客様にも楽しんでいただけるよう、本格的な歌舞伎ミュージカルを作り上げます。
 物語は日本では誰しも馴染みがある昔話「桃太郎」を題材とし、歌舞伎を見たことがない方でもわかりやすいものに。ピューロランドファンも、歌舞伎ファンも満足できる作品となっています。

 ピューロランドに誕生したハローキティ一座。一座のこけら落とし公演「桃太郎」の上演から物語はスタートします。鬼はバッドばつ丸、その鬼に立ち向かう正義の武者を、シナモロール・ポムポムプリン・ディアダニエルが演じます。鬼達との戦いに三武将は悪戦苦闘するも、ハローキティ座頭演じる桃太郎の登場で無事に劇中劇は幕を閉じます。しかしその公演が終わった後、一変して劇場中の電気が火花を散らして停電に。やっと明かりが戻ると、目の前に現れたのは、一座の誰も見覚えの無い鬼。突如現れた見知らぬ鬼の姿に劇場裏は大パニック!果たして、この鬼の正体は一体誰なのでしょうか?

 友情や、個々の違いを認め合いお互いを知る事の大切さ、そして「みんななかよく」をテーマに描いたストーリーに加え、歌舞伎の演出、臨場感あふれる映像効果、そしてアクロバティックなダンスパフォーマンスなど、様々な要素が盛り込まれたピューロランドでしか観ることができない新作ミュージカルに、どうぞご期待ください。

【KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜 概要】
■上演開始日     :2018年3月10日(土) 終了日未定
■上演場所      :サンリオピューロランド内 メルヘンシアター
■上演回数      :1回約40分
■出演キャラクター  :ハローキティ、シナモロール、ポムポムプリン、ディアダニエル、バッドばつ丸
■特別映像出演    :かぶきにゃんたろう
■声の出演    :中村獅童
■映像出演      :坂東巳之助
■スタッフ     :
脚本・演出・作詞        横内 謙介
歌舞伎演技指導     市川 笑三郎
振付         新海 絵理子 ・ Seishiro (秋冨 誠志郎)
音楽          牧戸 太郎
美術          金井 勇一郎
衣裳         有村 淳
照明          高見 和義
映像         荒川 ヒロキ
ヘアメイク      小熊 清美
小道具         池宮城 直美
ツケ指導            山﨑 徹 ・ 福島 洋一
殺陣指導・アクロバット指導   (株)B.O.S-Entertainment・下川真矢・渡辺智隆
歌唱指導    池谷 京子
演出助手        鈴木 里沙
音楽協力          松竹ショウビズスタジオ株式会社
奏者             (三味線)今藤長龍郎
              (囃子)堅田新十郎
■衣裳監修      :松竹衣裳株式会社
■監修       :松竹株式会社

★ダイジェストムービー:https://youtu.be/pcI2wnVDhCg
★「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎」に関する情報掲載サイト:https://www.puroland.jp/kawaiikabuki/

[画像2: https://prtimes.jp/i/7643/138/resize/d7643-138-750301-5.jpg ]

≪声の出演:中村 獅童(二代目)≫
1972年9月14日生まれ。初代中村獅童の長男。祖父は三代目中村時蔵。いとこに歌六、時蔵、又五郎、錦之助がいる。1981年6月歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』御殿の豆腐買の娘おひろで二代目中村獅童を名のり初舞台。2015年9月ベストセラー絵本を歌舞伎舞台化させた「あらしのよるに」を京都南座で主人公・がぶ役を演じ大好評を博し、2016年12月歌舞伎座で再演となる。

伝統芸能の歌舞伎と最先端技術が融合した「超歌舞伎」で歌舞伎のファン層を拡大し、今年3年目の出演も決定。

[画像3: https://prtimes.jp/i/7643/138/resize/d7643-138-109148-4.jpg ]


≪映像出演:坂東 巳之助(二代目)≫
1989年9月16日生まれ。十代目坂東三津五郎の長男。1991年9月歌舞伎座〈八代目坂東三津五郎十七回忌追善〉の『傀儡師(かいらいし)』の唐子(からこ)で守田光寿の名で初お目見得。1995年11月歌舞伎座『蘭平物狂(らんぺいものぐるい)』の繁蔵と『寿靫猿(ことぶきうつぼざる)』の小猿で二代目坂東巳之助を名のり初舞台。

スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』に続き、8月の新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』での活躍に期待がかかる。

[画像4: https://prtimes.jp/i/7643/138/resize/d7643-138-693200-3.jpg ]


≪脚本・演出・作詞:横内謙介≫
1961年9月22日、東京生まれ。劇作家・演出家。劇団「扉座」主宰。

1982年、早稲田大学第一文学部在学時に劇団「善人会議」を旗揚げ。1993年「扉座」と改名、現在に至る。スーパー歌舞伎、ミュージカルなど、外部への作品提供多数。1992年、第36回岸田國士戯曲賞を『愚者には見えないラマンチャの王様の裸』で受賞。1999年『新・三国志』で新作歌舞伎の脚本に贈られる大谷竹次郎賞を史上最年少で受賞。2015年スーパー歌舞伎II (セカンド) 『ワンピース』で大谷賞を再び受賞。

キャラクター新衣裳 初お披露目

[画像5: https://prtimes.jp/i/7643/138/resize/d7643-138-242178-2.jpg ]

左から、ハローキティ一座 シナモロール、ハローキティ一座 座頭 ハローキティ、ハローキティ一座 ポムポムプリン

 ショーのフィナーレでは、KAWAIIと歌舞伎が融合したオリジナルデザインの衣裳をまとったキャラクターたちも登場し、ショーを華やかに演出します。最後まで見どころ満載のミュージカルショーです。

歌舞伎PRキャラクター「かぶきにゃんたろう」がピューロランドのシアターに初登場

[画像6: https://prtimes.jp/i/7643/138/resize/d7643-138-705092-0.jpg ]


 「かぶきにゃんたろう」は歌舞伎座にいる猫のキャラクター。楽屋にひょっこり現れたり、稽古場をのぞいたり、舞台袖からじっと観察して歌舞伎の動きをこっそり練習することも?そんなにゃんたろうが、今回初めてピューロランドのシアターに映像で登場します。

本リリースの掲載内容は画像を含め、2月15日現在の情報です。内容は変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

(C)2018 SANRIO CO., LTD.

【ピューロランド公式SNS】
Twitter :https://twitter.com/purolandjp
Facebook :https://www.facebook.com/purolandjp
Instagram :https://www.instagram.com/purolandjp
LINE :@purolandjp

PR TIMES

「歌舞伎」をもっと詳しく

「歌舞伎」のニュース

BIGLOBE
トップへ