スポーツの新しい時代の幕開けを描いた新TV-CM 3篇シリーズ「#時代を変えろ」キャンペーン始動!2月19日(月)よりEpisode 1 & 2 が全国でオンエア開始

2月15日(木)18時1分 PR TIMES

日本のスポーツ界を代表する豪華アスリートがDAZNアンバサダーに就任!! アスリートがサムライ、セルジオ越後がペリー提督、ロバートが悪代官姿に!!

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、プロサッカー選手の三浦知良選手、中村憲剛選手、内田篤人選手、槙野智章選手、プロ野球選手の西川遥輝選手、山﨑康晃選手が新たにDAZNアンバサダーに就任したことを発表いたします。また、アンバサダーに加えてセルジオ越後さんやロバートさんも出演する「#時代を変えろ」キャンペーンが2月15日(金)より本格始動いたします。キャンペーン開始に伴い、3篇のTV-CMシリーズを、2018年2月19日(月)より順次全国で放映いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-570499-0.jpg ]


「DAZN」は、スポーツに携わる様々な著名人を「DAZNアンバサダー」として起用し、日本のスポーツを盛り上げてきました。2017年10月には村田諒太選手、12月には鈴木啓太さんをDAZN アンバサダーとしてお迎えしております。

今回、日本サッカー界のレジェンドである三浦知良選手、2017シーズン明治安田生命J1リーグ優勝チーム川崎フロンターレの中村憲剛選手、鹿島アントラーズへの電撃復帰を果たした内田篤人選手、昨年アジアチャンピオンズリーグを制した浦和レッドダイヤモンズの槙野智章選手が新たに「DAZNアンバサダー」に就任いたします。また、日本プロ野球からは、2017年パ・リーグ盗塁王の北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手とリーグ屈指のクローザーとして活躍する横浜DeNAベイスターズの山﨑康晃選手が就任いたします。

■新CMについて
日本における「スポーツの新しい本拠地」として開始する「#時代を変えろ」キャンペーンにちなみ、サッカー界から三浦知良選手をはじめ、中村憲剛選手、内田篤人選手、槙野智章選手、サッカー解説者のセルジオ越後さん、野球界からは西川遥輝選手、山﨑康晃選手、ボクシングチャンピオンの村田諒太選手などの錚々たるアスリート陣に加え、お笑いトリオのロバートさんといった、各界の先頭に立つリーダー的存在である10名が、本TV-CMシリーズの3篇に渡り登場します。

「#時代を変えろ」TV-CMシリーズの時代設定は時を遡ること約150年。出演者は、時代の風潮を描写した志士や商人、ペリー提督などの格好で登場し、新しい時代の幕開けを象徴する黒船来航を現代風に描いたような、時代を切り拓くストーリーの3篇に仕上がっています。

「Episode 1:黒船」篇、「Episode 2:会談」篇は、明治安田生命J1、J2、J3リーグの2018年シーズン開幕直前の2月19日(月)より、全国で放映を開始します。続くEpisode 3は、3月に公開されます。シリーズ最終篇でのストーリーの展開に乞うご期待ください。

<「#時代を変えろ」新TV-CM >
■「Episode 1:黒船」篇
タイプ:15秒、30秒
出演:セルジオ越後、三浦知良、内田篤人、槙野智章、秋山竜次、馬場裕之、山本博
撮影時期:2018年1月下旬
放映開始:2018年2月19日(月)から全国で放送開始
■「Episode 2:会談」篇
タイプ:15秒、30秒
出演:セルジオ越後、三浦知良、中村憲剛、村田諒太、内田篤人、槙野智章、秋山竜次、馬場裕之、山本博
撮影時期:2018年1月下旬
放映開始:2018年2月19日(月)から全国で放送開始


新CMについて
■「Episode 1:黒船」篇(15秒、30秒)
城内で怪しげな商談をしている将軍のロバート秋山竜次さんと商人のロバート山本博さん。城外から拡声器の音がし、家臣のロバート馬場裕之さんが望遠鏡を覗くと、艦長のセルジオ越後さん率いる「DAZN」黒船が。すると突然、志士の三浦知良選手、槙野智章選手、内田篤人選手が続々と集まり、戸惑う将軍たち。
[画像2: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-109275-1.jpg ]

■「Episode 2:会談」篇(15秒、30秒)
城内大広間で艦長と将軍が会談。艦長のセルジオ越後さんがスマホ片手に「DAZN」について話す。怒りだす将軍のロバート秋山さん、それに反論する志士たち。戸を開けると光が射し込み、朝日の光の強さに目をつぶす将軍。
[画像3: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-341649-2.jpg ]


■ CM撮影エピソード
<豪華な撮影セット>
今回のコンセプトである明治維新を表現するために、撮影スタジオに天守閣と大広間を作成。セットの中には、サッカーボールや野球のミット、ボクシンググローブ、ダーツの的、乗馬のおもちゃといった「DAZN」で放映されるスポーツコンテンツをほのめかす装飾が散りばめられています。豪華な出演者だけでなく、セットにも是非ご注目ください。

<アスリートの日本刀を使った演武>
今回、侍姿での撮影に挑戦するアスリートたち。普段はボールやミットに慣れ親しんでいますが、日本刀を使った動きは初めて。最初は「殺陣」の動きに戸惑う姿を見せていました。しかし、さすがはアスリート。殺陣師の講義をしっかり聞き、すぐに動きを習得していました。

<ここでしか見れない異色のコラボ>
サッカー界のレジェンド三浦知良選手と現WBA世界ミドル級王者の村田諒太選手が撮影を通して親睦を深めました。異なるスポーツでありながら、常に高みを目指す二人には何か共通するところがあるのかもしれません。スポーツ界の著名人が集まるのも、様々なスポーツを放映する「DAZN」だからこそ。DAZNアンバサダーとしての今後の二人の活動に期待してください。

<セルジオ越後のペリー姿>
今回、ペリー提督を彷彿とさせる役割を演じるセルジオ越後さん。サッカー解説でもおなじみのセルジオ越後さんですが、実はサッカーの代表的なフェイント「エラシコ」の創始者でもあります。撮影中には、現役時代を思い出したのか、サッカーボールを華麗に裁く一面も。また、侍姿の中村憲剛選手に、「サムライ」ブルーへのカムバックを促すなど、日本サッカー界を盛り上げようとする姿も見られました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-772769-3.jpg ]


■ CM出演者インタビュー
—————「#時代を変えろ」キャンペーンについて
中村憲剛選手:「時代を変えるのは、何歳でもいいんだなと。僕自身が37になった年で初めて優勝でき、自分でも歴史を作れるんだなと初めて体感しました。自分が諦めない限り、誰にでも時代は変えられる。」
村田諒太選手:「『#時代を変えろ』というテーマに自分も沿えるよう、ボクシングもミドル級で日本を盛り上げていき、新しい時代を作っていけるよう頑張りたいです。まずは初防衛戦がありますので、それに勝ち、もっとビッグな試合ができるような年にしたいですね。」

—————今回のCM撮影について
槙野智章選手:「今までにない自分との出会いもあったし、楽しみで仕方がなかったです。いざやってみると難しさもありましたが、完成品が楽しみです。最初はちょっと恥ずかしさもあったんですが、徐々に場の空気に呑まれて、まったく違う槙野の顔を見せてしまいました。」
村田諒太選手:「僕の中で小学校の時から観ている三浦知良さんとご一緒させていただいたことが光栄でした。嬉しいですし、みんなと日本のスポーツ界を盛り上げていけたらと思います。(同じDAZNアンバサダーの)鈴木啓太さんはプライベートでも食事を一緒に頂いたりとかしているので、またこういった機会を一緒にいただけたらうれしいですね。」

—————「DAZN」について
三浦知良選手:「いまやスマホでスポーツを観るというのが常識になってきているので、「DAZN」を自分が皆さんにアピールしていけるのは、非常に光栄に思っています。もっとたくさんの人に「DAZN」を通してスポーツを楽しんでもらいたいなと思います。」
セルジオ越後さん:「特に日本のスポーツは、全部種目文化になっているから、色んな種目に触れることができるのは、すごく良いチャンスじゃないかなと思います。「DAZN」はファンだけじゃなくて、Jリーガーも役に立つ。自分のレベル向上のために世界を見て勉強ができる大きなバイブルみたいになるんじゃないかなと思います。残念ながら僕の時代に「DAZN」がなかったのがな〜(笑)。」

—————普段の「DAZN」の使い方について
槙野智章選手:「自分の自己分析はもちろん、対戦相手の情報、他国のリーグの試合、他の日本代表選手の情報チェックなどに使ってます。サッカー以外でも、ボクシングや野球など、色んなスポーツが簡単に観れる環境が整ったことで自分の楽しみが広がったのかなって思います。合宿先などでも、プロジェクターを常に遠征バッグに常備しているので、「DAZN」の力を借りて、自分のプレーや対戦相手の特徴を掴む上で非常に役立ってます。」
中村憲剛選手:「今まではタブレットで観る習慣がなかったのですが、今は凄く簡単に色んな所で観れて、遠征の移動中や試合の直後など、自分のプレーを見直すのもすぐ出来ますし、凄く画期的だなと思います。これがどんどん文化になって、歴史になっていくと思う。」

—————今年の意気込みについて
三浦知良選手:「ワールドカップもありますし、サッカー界非常ににぎやかになると思いますので、僕らも負けずにJリーグで戦って、僕としては1試合でも多く、1ゴールでも多く、活躍して皆さんに何かお返しできたらと思っています。」
内田篤人選手:「まずはタイトルをとるために、チーム一つとなって戦いたいなと思いますし、自分がいっぱい「DAZN」に出れるように良いプレーをしたいと思います(笑)。自分も年齢的にも上になったので、チームが示す方針だったり、チームが上手く回るように、自分のできる役割っていうのは変わってくるのかなって思います。怪我もなくキャンプを終えることができ、身体も少しずつキレが戻ってきましたし、あと少しですが準備をしっかりしたいです。」


■ 出演者プロフィール


[画像5: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-104038-4.jpg ]


三浦 知良(みうら かずよし)
1967年2月26日生まれ。静岡県出身。高校を中退し、単身ブラジルにサッカー留学。帰国後は読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)に所属し、1993年 Jリーグ年間最優秀選手、ベストイレブン、アジア年間最優秀選手賞を受賞。2005年から横浜FCに移籍し、自身の持つJリーグ最年長得点記録を更新し続けている。


[画像6: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-998923-5.jpg ]


内田 篤人(うちだ あつと)
1988年3月27日生まれ。静岡県出身。2006年、清水東高校から鹿島アントラーズへ加入。2007年〜2009年のJリーグ3連覇に大きく貢献。2010年にブンデスリーガ(ドイツ)の強豪シャルケ04へ移籍し、1年目からドイツカップ優勝に貢献。2010年と2014年には日本代表としてワールドカップメンバーに選出される。2018年1月2日、鹿島アントラーズへの移籍が発表され、7年ぶりにJリーグへ復帰。

[画像7: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-748559-6.jpg ]


中村 憲剛(なかむら けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。中央大卒業後、2003年に川崎フロンターレへ加入。卓越したパスセンスと抜群の空間把握能力で日本代表としても活躍し、2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場した。プロ入り後は川崎F一筋でプレーし、J2からJ1の強豪へと成長するチームを牽引。Jリーグ屈指の“海外サッカーフリーク”としても知られ、多くのメディアで持ち前のサッカー観と巧みな話術を存分に披露。J1リーグ戦通算405試合出場64得点。Jリーグベストイレブン(2006年、2007年、2008年、2009年、2010年、2016年、2017年)、JリーグMVP(2016年)も受賞。

[画像8: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-603976-7.jpg ]


槙野 智章(まきの ともあき)
1987年5月11日生まれ、広島県広島市出身。182cm、77kg。サンフレッチェ広島の下部組織で育ち、トップチームへと昇格すると、守備だけではなく攻撃という特徴を生かしてプレー。2010年にドイツ・ブンデスリーガの1.FCケルンに移籍し、2012年からは浦和レッドダイヤモンズに加入して、Jリーグを代表するDFとして活躍した。日本代表にも定期的に招集され、2017年11月に行われたブラジル代表戦、ベルギー代表戦では、センターバックで出場。2018年6月に開催されるFIFAワールドカップに出場する日本代表のレギュラー候補として名乗りを上げた。また、SNSを駆使した情報発信力が最も高いスポーツ選手の一人。

[画像9: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-550769-8.jpg ]


村田 諒太(むらた りょうた)
プロボクサー、現WBA世界ミドル級王者。1986年1月12日生まれ、奈良県出身。
2012年、ロンドンオリンピックで、金メダル獲得。
アマチュア戦績 138戦119勝19敗
2013年、プロデビュー
プロ戦績 14戦13勝1敗

[画像10: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-739253-9.jpg ]


西川 遥輝(にしかわ はるき)
1992年4月16日生まれ。和歌山県紀の川市出身。智弁和歌山高校卒業後、2011年より北海道日本ハムファイターズに入団。同年、ファーム日本選手権で優秀選手賞を受賞。2014年には最多盗塁のタイトルを獲得した。また、2017年には通算39盗塁を記録し、3年ぶりに盗塁王のタイトルを獲得した。


[画像11: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-382701-10.jpg ]


山﨑 康晃(やまさき やすあき)
1992年10月2日生まれ。東京都荒川区出身。帝京高校卒業後、亜細亜大学へ進学。在学中に輝かしい成績を残し、2014年のドラフト会議で横浜DeNAベイスターズに指名され入団。プロ入り後はクローザーとして活躍し、セーブを量産。2015年にはセ・リーグの新人王に選ばれた。


——————————————————————————
■特別アンバサダー
今回のCMには参加していませんが、海外からも日本のスポーツ界をDAZNを通じて盛り上げていただけるサポーターとして海外のサッカークラブで活躍される吉田さんにも参加いただいています。

[画像12: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-389279-11.jpg ]

吉田 麻也(よしだ まや)
1988年8月24日生まれ。長崎県出身。名古屋グランパスユース時代はボランチとしてプレー。2007年にトップ昇格を果たしDFにコンバートされる。2009年のシーズン終了後にオランダ・エールディビジのVVVフェンロへ移籍。この年から日本代表デビュー、守備の要として活躍し、AFCアジアカップ2011優勝に貢献した他、2012年ロンドン五輪にはオーバーエイジで自身2度目の五輪に参加。2012年8月にイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンFCに移籍。
——————————————————————————

[画像13: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-341732-12.jpg ]

セルジオ越後(せるじお えちご)
18歳でブラジルの「コリンチャンス」とプロ契約。1972年に来日し、藤和不動産サッカー部(現:湘南ベルマーレ)でプレー。1978年より(財)日本サッカー協会公認「さわやかサッカー教室」(現在:アクエリアスサッカークリニック)の認定指導員として、全国各地で延べ60万人以上の少年にサッカーの魅力を伝えてきた。2006年、文部科学省生涯スポーツ功労者として表彰を受ける。2013年「日本におけるサッカーの普及」を評価され外務大臣表彰受賞。2017年春には旭日双光章を受章した。現在はHC栃木日光アイスバックスのシニアディレクター、JAFA日本アンプティサッカー協会スーパーバイザーとしても活動中。とちぎ未来大使、ひめじ観光大使としての顔も持つ。

[画像14: https://prtimes.jp/i/19339/68/resize/d19339-68-190615-13.jpg ]


ロバート
日本のお笑いトリオ。株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。キングオブコント2011で優勝を果たした。2012年より北九州市の観光大使を務める。テレビだけでなく、映画や書籍など幅広いジャンルで活躍中。


■ CM制作作スタッフ
クリエイティブディレクター:中村英隆
コピーライター/CMプランナー:北田有一
アートディレクター:吉森太助、阿部泰成
デジタル/CMプランナー:吉村一平
キャンペーンプランナー:長島龍大
プランニングディレクター:柳下祐介、澁川修一
クリエイティブプロデューサー:中尾綾子
キャスティング:山川勝康
プロデューサー:佐々木竜真、福原健司
プロダクションマネージャー:徳村寛樹、議大貴
演出:久間敬一郎
撮影:阿藤正一
照明:石井大和
美術:小島伸介
スタイリスト:伊藤サチ子
ヘアメイク:新井健生
音楽:山田勝也


■「DAZN」について
 「DAZN(ダゾーン)」は、スポーツファンが好きなスポーツを、いつでもどこでもお楽しみいただける、革新的なスポーツ・チャンネルです。

 世界最高峰のあらゆるスポーツを提供することにより、好きなチーム、リーグ、プレイヤーの試合を、シンプルでお手頃な定額料金で、いつでも、どこでも、好きなだけ観戦することを可能にします。「DAZN」は、年間7,500以上の試合という今までにない数のスポーツを、ライブ&オンデマンドで、コマーシャルも長期契約もなく提供することで、日本のファンに今までにない、自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします 。

 「DAZN」は現在、日本、ドイツ、オーストリア、スイス、カナダの5カ国において、テレビ、スマートフォン、タブレット端末、ゲーム機などのインターネットに接続されているデバイスでご利用いただけます。「DAZN」は、世界をリードするグローバルスポーツメディアグループであるPerform Groupが提供するサービスです。詳細については、http://www.dazn.com/をご覧ください。

PR TIMES

「キャンペーン」をもっと詳しく

「キャンペーン」のニュース

BIGLOBE
トップへ