社員のメンタル管理が出来る業務管理システム「アイピア」を1月10日より販売開始

2月15日(木)11時1分 PR TIMES

クラウドシステム開発とITコンサルティングを行う株式会社アイピアは、社員のメンタル管理が出来る経営管理システム「アイピア」の販売を開始いたしました。
本商品は、新築や公共事業などの建築・建設業界を対象とした業務管理システムで、顧客情報の管理・営業活動の管理・原価管理などに加えて社員のメンタル管理を行うことが可能です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/31665/1/resize/d31665-1-334383-0.jpg ]


クラウドシステム開発とITコンサルティングを行う株式会社アイピアは、社員のメンタル管理が出来る経営管理システム「アイピア」の販売を開始いたしました。
本商品は、新築や公共事業などの建築・建設業界を対象とした業務管理システムで、顧客情報の管理・営業活動の管理・原価管理などに加えて社員のメンタル管理を行うことが可能です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/31665/1/resize/d31665-1-169890-1.jpg ]

<開発の背景>
働き方改革の施策によって長時間労働の改善が推し進められた結果、事務業務の効率化を図るシステムが様々な業界で導入されています。これは新築や公共事業などの建築・建設業界も例外ではありませんが、元来ITリテラシーが低い傾向にある業界であるうえ社員の高齢化が著しい建築・建設業界では、様々な理由でシステム導入による業務効率化に失敗しています。

<建築・建設業がシステム導入に失敗する理由>

入力する手間や操作手順を覚える手間が、結局労働時間を延ばしている
効率化・時間短縮する事ばかりが優先された結果、社員のメンタルヘルス(精神的健康)が自己管理に委ねられ、業務改善する意欲が生まれにくい


とくに理由(2)に関して、建設業界での改善は急務であると考えています。新入社員の3年以内離職率が約50%と他業種に比べ圧倒的に高い建設業界では、実務に追われて社員のメンタル管理にまで手が回っていない現状があります。

そこで、アイピアでは「日報」という業務に直結する手段を用いることで社員に新たな手間を生じさせることなく、経営者や管理職が社員のメンタルヘルスをスムーズに確認できる機能を搭載いたしました。

<AIを活用した情報の集計・分析で管理者に注意喚起を>
現状でも十分に利用が可能な状態ですが、今後はこの機能をより高度化する予定です。
入力内容をAIを活用して詳細に解析し、社員のメンタルヘルス状態を細かに分析、対応方法をシステムが提案する方向に開発を進めていくことで、より迅速に社員の心を守ります。


「メンタル管理の行える業務管理システム アイピア」詳細はこちら
https://www.aippearnet.com/

PR TIMES

「メンタル」をもっと詳しく

「メンタル」のニュース

BIGLOBE
トップへ