埼玉県内の株式会社ジェイコム3社(さいたま、北関東、川口戸田)が埼玉県と「交通安全対策に関する協定」を締結

2月15日(木)16時1分 PR TIMES

埼玉県(県知事:上田 清司)と、株式会社ジェイコムさいたま(所在地:さいたま市浦和区、代表取締役社長 菊池孝太郎)および株式会社ジェイコム北関東(所在地:さいたま市浦和区、代表取締役社長 平岩光現)と株式会社ジェイコム川口戸田(所在地:川口市、代表取締役社長:蒲原 成人)は、2月15日、「交通安全対策に関する協定」を締結いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/7676/566/resize/d7676-566-112951-1.jpg ]

この協定は、上記ジェイコム3社(以下、ジェイコム3社)が各社のコミュニティチャンネルで提供する地域密着のニュース情報番組『デイリーニュース』等において、県民に役立つ交通安全情報などを提供するほか、ジェイコム3社の従業員がお客さま宅へ訪問した際に交通安全への啓発活動を行います。また、県が実施する交通安全啓発イベントや交通遺児に対する募金の広報啓発活動などにも協力します。

この度の協定締結により、地域の事業者であるジェイコム3社が埼玉県と連携した交通安全の啓発活動を行うことで、交通事故抑止をはじめとする地域の安心・安全へ貢献して参ります。

また、このたびの締結に関連して、ジェイコム3社では、J:COMの自転車ロードサービス「自転車生活サポート」への加入を推進してまいります。この「自転車生活サポート」は、J:COMが昨年7月より提供を開始した新しいサービスで、月額400円(税抜)で故障などのトラブルに対応するロードサービスとともに、最大1億円の個人賠償責任補償を通じて、万一の賠償事故に備えることができます。

上記ジェイコム3社では、このような活動により県内の交通事故抑止の効果を高め、地域の安心・安全なまちづくりに寄与して参ります。

<J:COM「自転車生活サポート」サービス概要>
月額利用料金:400円(税抜)
サービス内容:パンク・チェーン切れ等の故障やバッテリー切れなどにより自走できなくなった自転車を
       搬送する自転車ロードサービスに、自転車搭載中のケガや加害事故時の賠償などのトラブルに
       備えた保険が付帯されたサービスです。
       <自転車ロードサービス>
       ・故障、バッテリー切れ等により自走不能になった自転車を20kmまで無料で搬送
       <自転車生活サポート付帯保険>(引受保険会社 au損害保険株式会社)
       ・日常生活全般の個人賠償責任補償 最大 1億円
        示談代行サービス(賠償事故解決特約)付き


       ・入院一時金 1万円(自転車搭乗中等の事故による3日以上の入院)

PR TIMES

「交通安全」をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ