ヒルトン 「F&Bマスターズ」日本・韓国決勝大会結果発表

2月15日(木)16時1分 PR TIMES

2018年1月23〜24日 ヒルトン東京ベイにて開催

ペストリー(菓子)部門:ギオム・ボナフス(ヒルトン大阪) カリナリー(料理)部門:山本紗希(コンラッド東京)
バリスタ部門:中分亜子(ヒルトン小田原リゾート&スパ) ソムリエ部門:小澤祐季(ヒルトン東京)
バー部門:山本豊和(ヒルトン東京お台場)

【2018年2月15日】 ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区(所在地:東京都新宿区、運営最高責任者:ティモシー・ソーパー)では、2018年1月23〜24日の2日間にわたり、ヒルトン「F&Bマスターズ」 日本・韓国決勝大会をヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市)にて開催いたしました。

2014年からアジア地域でスタートした「F&Bマスターズ」は、新たな才能の発掘と人材育成を目的とし、全チームメンバー(総料理長、料理長、エグゼクティブなど一部を除く)を対象とした料理・飲料の知識、技術と創造性を競う大会です。日本・韓国・ミクロネシア地区では2015年から開催しており、本年度で3回目となる本会は2017年11月より日本、韓国(コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトンの3ブランド)各ホテル別予選を勝ち抜いた15(日本13・韓国2)、総勢64名のマスターズ(=達人たち)がペストリー(菓子)・カリナリー(料理)・バリスタ・ソムリエ・バーの5部門別の決勝大会に挑みました。

ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区 運営最高責任者のティモシー・ソーパーは次のようにコメントしています。『ヒルトンでは一流の飲食とサービスの提供が礎石となっています。日々の技術や創造性や革新を磨きながら、お客様がまた訪れたくなるような素晴らしい食事体験を過ごしてくださるような演出を心がけております。飲食に関する最高の技術や才能を持つ人材を発掘し育てることを目標とし、ヒルトン「F&Bマスターズ」を毎年実施しています。本会では、チームメンバーが才能を披露し、表彰する機会を与えると同時に、互いに競うことで、自身の才能や創造性を伸ばし、より広い世界での経験を得ることが出来ます。』

本年度の優勝者は以下の通りです

ペストリー部門: ボナフス・ギオム     ヒルトン大阪
カリナリー部門: 山本紗希/ヤマモト サキ       コンラッド東京
バリスタ部門:  中分亜子/ナカブン アコ    ヒルトン小田原リゾート&スパ
ソムリエ部門:  小澤祐季/オザワ ユウキ    ヒルトン東京
バー部門:    山本豊和/ヤマモト トヨカズ  ヒルトン東京お台場

カリナリー(料理)部門で優勝したコンラッド東京の山本紗希は「この賞を励みに今後も女性の活躍の場をリードしていきたい」と前向きに語り、バー部門の優勝者、ヒルトン東京お台場の山本豊和は「現在はレストラン勤務ですが、今日は久し振りにカクテルを楽しみながらつくりました」。ソムリエ部門の優勝者、ヒルトン東京の小澤祐季は今の心境をワインで例えて、「太陽をたくさん浴びた情熱的なスペインのワインのような思いです」と感想を述べました。

各部門の審査は、料理雑誌編集長、ジャーナリスト、料理、菓子、ワイン等各界の専門家、専門学校指導者など15人が審査項目に沿った厳正なる審査を行いました。ペストリー、カリナリーの審査項目は、技術、味、創造性、素材の組み合わせ、Wow!(うわーっ!)という感動の要素など多岐にわたる項目で競い、審査員は作品の説明を受け、テイスティングを行いました。キッチンで初めて知るブラックボックスの食材をテーマに沿って制限時間内に作り上げ、会場内は集中と緊張の雰囲気が漂いました。ソムリエ、バリスタ、バー部門では、筆記テストに加えそれぞれの分野の審査が行われました。ソムリエは、ワインリストのプルーフリーディング、ブライドテイスティング、さらにお客様へのサービス(料理とワインのペアリングやアドバイス)を、バーは、帽子の中のメモに書かれたカクテルを作る、オリジナルに作成した「シグニチャー・カクテル」の出来栄えが、バリスタはエスプレッソ、カプチーノ、フリースタイル・スペシャリティ・コーヒー(ノンアルコール)、そしてラテアートの仕上がりなどが審査されました。

審査基準 詳細

[画像1: https://prtimes.jp/i/17209/23/resize/d17209-23-415433-5.jpg ]

決勝大会参加ホテル: 15(日本13/韓国2)

ヒルトン東京/ヒルトン東京ベイ/ヒルトン東京お台場/コンラッド東京/ヒルトン小田原リゾート&スパ/ヒルトンニセコビレッジ/ヒルトン名古屋/ヒルトン大阪/コンラッド大阪/ヒルトン福岡シーホーク/ヒルトン沖縄北谷リゾート/ダブルツリーbyヒルトン那覇/ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城/コンラッドソウル/ヒルトン釜山

ヒルトン「F&Bマスターズ」 日本・韓国決勝大会 各部門優勝者詳細は下記のとおりです。
各部門 優勝者

[画像2: https://prtimes.jp/i/17209/23/resize/d17209-23-314825-6.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/17209/23/resize/d17209-23-748855-7.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/17209/23/resize/d17209-23-261181-17.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/17209/23/resize/d17209-23-820219-18.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/17209/23/resize/d17209-23-199999-16.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/17209/23/resize/d17209-23-197362-11.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/17209/23/resize/d17209-23-223047-12.jpg ]

ヒルトン「F&Bマスターズ」日本・韓国決勝大会開催詳細

・日時: 2018年1月23日(火)・24日(水)10:00〜17:00
・5部門競技会:
 1月23日(火) ペストリー(菓子)部門 調理〜審査
 1月24日(水)  カリナリー(料理)部門 調理〜審査
      バリスタ部門 筆記試験〜実技(ラテアート他)
  ソムリエ部門 筆記試験〜実技(ペアリング、ブラインドテスト)
 バー部門 筆記〜実技(カクテル)
 優勝者発表    19:00〜ガラディナー
*ヒルトン日本・韓国地区の総支配人と参加者、審査員参加の着席ディナーにおいて各部門賞が発表されました。

・場所: ヒルトン東京ベイ 住所: 〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-8 http://www.hiltontokyobay.jp/

###

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界105ヵ国に5,200軒以上(約856,000室)のホテルとタイムシェア・プロパティを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、いつでも全てのホテルの全てのお客様に対して特別な体験を提供しており、現在、14のグローバル・ブランド・ポートフォリオ(ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キャノピーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトン、ダブルツリーbyヒルトン、タペストリー・コレクションbyヒルトン、エンバシー・スイーツbyヒルトン、ヒルトン・ガーデン・イン、ハンプトンbyヒルトン、トゥルーbyヒルトン、ホームウッド・スイーツbyヒルトン、ホーム2 スイーツbyヒルトンおよびヒルトン・グランド・バケーションズ)を展開しています。(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトンの3ブランド・13軒のホテルを展開)また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」を運営しており、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、支払いの一部にポイントを使えたり、会員限定割引、Wi-Fi無料などをご利用いただけます。

最新の情報はこちらをご覧ください。http://newsroom.hilton.com, https://www.facebook.com/hiltonnewsroom, https://twitter.com/hiltonnewsroom, https://www.linkedin.com/company/hilton, https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

PR TIMES

「2018年」をもっと詳しく

「2018年」のニュース

BIGLOBE
トップへ