2017年度の「ECO実績」を発表

2月15日(木)16時1分 PR TIMES

〜企業間の商行為をIT化、ペーパーレス化はECOにつながる〜

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:米多比 昌治、以下「当社」)が提供する「BtoBプラットフォーム」における2017年度の「ECO実績」は、A4紙伝票枚数3億6,585万枚、杉の木約24万本のCO2削減効果となり、「電子商取引はECOにつながる」活動が順調に拡大しています。

「BtoBプラットフォーム」の「ECO実績」概要

 当社が提供している「BtoBプラットフォーム」は、電子商取引の利便性により利用企業が増加し、利用企業数175,399社、480,727事業所となりました。(2017年12月末現在)

 企業間で授受される膨大な見積書・取引伝票・請求書などのIT化によるペーパーレス化の実現は、大幅なCO2削減効果につながっています。

 当社は「電子商取引はECOにつながる」ことが広く世間に普及・浸透することを目指し、当社のシステムを利用いただくことで削減された伝票枚数と、杉の木のCO2吸収量に換算した削減効果を「ECO実績」として発表しております。

 今後も、「ECO実績」の発表を継続するとともに、当社のプラットフォームで「電子商取引はECOにつながる」ことが広く世間に普及・浸透することを目指し、「BtoBプラットフォーム」の普及拡大と「ECO活動」を推進してまいります。

 URL:https://www.infomart.co.jp/csr/index.asp?pr_20180215_02


「ECO実績」の内訳

[画像: https://prtimes.jp/i/13808/124/resize/d13808-124-355375-1.jpg ]



▼2017年度の実績
削減できた伝票枚数 : 3億6,585万枚
CO2排出削減量   : 216万5,886Kg
杉の木換算     : 24万6,123本

▼2016年の実績
削減できた伝票枚数 : 3億2,750万枚
CO2排出削減量   : 193万8,824Kg
杉の木換算     : 22万321本


(※)削減伝票枚数の伝票種別(受領伝票・赤伝票受領・請求書・見積書・発注伝票・発送伝票・振替伝票)
   杉の木換算:杉の木1本のCO2吸収量を林野庁新基準8.8Kgとし、年間吸収量で換算。

PR TIMES

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

BIGLOBE
トップへ