「リージャス表参道フォレストヒルズビジネスセンター」を2018年2月15日にオープン

2月15日(木)11時1分 PR TIMES

〜クリエイティブな業種に人気の青山エリアにレンタルオフィスが登場〜

世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,000拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(日本法人:東京都新宿区、日本代表: 西岡 真吾)は、本日2月15日に「リージャス表参道フォレストヒルズビジネスセンター」をオープンいたしました。

青山エリアは、世界的なファッションブランドや外資家電メーカー、ブライダルなどのショールームが並ぶ、日本を代表する商業エリアです。周辺は落ち着いた雰囲気で、アパレル、映像、建築、ウェブなどのデザイン関連企業やクリエイティブな業種のビジネスワーカーに支持されています。また、渋谷エリアの再開発によって青山エリアの価値は高まっており、今後さらなるオフィス空室率の低下が予想されています。

今回、オープンした「リージャス表参道フォレストヒルズビジネスセンター」は、「表参道駅」から徒歩6分の立地で、根津美術館と隣接する閑静な場所に位置し、オフィスとしても人気のエリアです。内装は明るくデザイン性の高い空間が特徴で、レンタルオフィスだけでなく、コワーキングスペースやミーティングスペース、会議室などを完備しており、来訪するお客様との打ち合わせにも最適な空間となっています。

リージャス・グループ日本代表の西岡真吾は、「今回開設する『リージャス表参道フォレストヒルズビジネスセンター』は、落ち着いた雰囲気のエリアに立地し、明るくスタイリッシュな内装で、特にクリエイターやデザイナーの方からの需要が見込まれます。実際に、オープン前から青山エリアでオフィスをお探しの方から多くのお問い合わせをいただいており、青山エリアの人気の高さを感じています。リージャスでは、今後もお客様のニーズに合った多様なオフィスをご提供できるよう尽力してまいります」と述べています。

リージャス表参道フォレストヒルズビジネスセンター 概要
・開設日 : 2018年2月
・住所 : 東京と港区南青山4-18-11 フィレストヒルズ イーストウィング 2F
・最寄駅 : 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」より徒歩6分
・総面積 : 639平米
・オフィス部屋数 : 70室
・ワークステーション(席)数 : 146席
・会議室数 : 2室
・インターネット環境 : 高速インターネット、WiFi
・ホームページ : https://www.regus-office.jp
※2017年11月現在の情報です。上記概要については変更する可能性がございます。

リージャス・グループについて
リージャス・グループは柔軟なワークスペースを提供する世界最大の企業で、そのネットワークは世界100カ国以上1,000都市超える地域、3,000拠点に及びます。会員数は230万人で、業界で成功を収める大小様々な企業や起業家の方々にご利用いただいています。
リージャスでは、多彩なオフィスプラン、近年需要が高まるモバイルワークやバーチャルオフィス、障害復旧サービスの提供を通じ、予算やワークスタイルに合わせて仕事を行うことができます。
リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置き、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ
リージャス・グループは、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国30都市、117拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
※1オープンが決定している拠点数は全国31都市、121拠点となります。
最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/を参照下さい。
センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/の送信フォームからお送りください。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

PR TIMES

「2018年」をもっと詳しく

「2018年」のニュース

BIGLOBE
トップへ