トランジットサービスを提供するカプセルホテル「ナインアワーズ」7 号店「ナインアワーズ赤坂」2018 年5 月10日(木)開業

2月15日(木)15時1分 PR TIMES

スペシャリティコーヒーを提供する「GLITCH COFFEE & ROASTERS」を併設
建築・設計は「ナインアワーズ竹橋」に続き、平田晃久氏が担当

[画像1: https://prtimes.jp/i/23703/9/resize/d23703-9-572925-0.jpg ]

株式会社ナインアワーズ [本社:東京都港区、代表取締役ファウンダー油井啓祐 / 代表取締役CEO松井隆浩、以下:ナインアワーズ]は、南海電気鉄道株式会社 [本社:大阪市浪速区、取締役社長兼CEO遠北光彦] と、新店舗「ナインアワーズ赤坂」を東京都港区赤坂に2018年5月10日(木)、開業いたします。
「ナインアワーズ」は、都心における機能的かつ高品質なトランジットサービスという独自のカテゴリーを目指し、ホテル滞在中の「シャワー」+「睡眠」+「身支度」という3 つの基本行動に特化してそれぞれの機能性と品質を徹底追求する考えで開発しました。
また、部屋という空間概念を捨てて身軽に使いこなすことで街とダイレクトにつながり、都心ならではの宿泊・トランジットスタイルを提案しております。このため、宿泊に限らず、24 時間お客様のご都合に合わせて仮眠やシャワーのみでもご利用いただけます。


新たに加わる機能
「ナインアワーズ」7号店となる「ナインアワーズ赤坂」には、宿泊のお客様以外にも気軽にご利用いただける、ハンドドリップ専門のコーヒースタンドの機能を新たに追加します。それぞれのロケーションに合わせた機能を加えることで、その街で働く人、ビジネスのインフラを目指しています。
この度併設するコーヒースタンドは、鈴木清和氏が代表を務める「GLITCH COFFEE&ROASTERS(グリッチコーヒー& ロースターズ)」。焙煎や抽出だけではなく、産地や農園、精製方法、品種にまで及ぶ全プロセスをコントロールし、豆の個性がダイレクトに伝わるハンドドリップコーヒーを提供します。

気鋭の建築家とつくる、ナインアワーズの建築空間
建築・設計は、2018 年3 月に開業する「ナインアワーズ竹橋」に引き続き、建築家の平田晃久氏が手掛けます。1 カプセルを細胞あるいは粘菌になぞらえ、その小さな粒子がフレキシブルに大小さまざまな敷地や環境に入り込んでゆき、場所の表情を写し取りながらその街の特性とからまりあう。カプセルの変幻自在さを平田氏らしい生物学的な視点で空間化します。「ナインアワーズ」は、今後も平田氏をはじめとする建築家の方々との協業により、建築・設計を含めた事業そのもののデザインを実現しつづけて参ります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/23703/9/resize/d23703-9-226354-1.jpg ]


建築コンセプト
東京の中心に位置し25 以上の坂があるといわれる赤坂。大小さまざまな建築物が立ち並び、古くから繁華街、ビジネス街として栄えています。その街へ開くようにカプセルが置かれるような空間をつくれないか?
という問いから「ナインアワーズ赤坂」の設計はスタートしました。安全を保ちつつも閉鎖的なイメージを持つ従来のカプセルホテルの概念を覆し、外の視線を遮りながら、開放的で自然光や周辺の緑を感じることができる明るい空間となっています。構造は、上下を90 度回転させた4つのカプセルで構成される2.4m 角のキューブを1単位とし、それをランダムに積む事により構成。カプセル自体が柱の機能をもち、それ以外の構造体が見えない設計は、カプセルの変幻自在さを体現しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/23703/9/resize/d23703-9-945229-2.jpg ]


コーヒースタンド
「GLITCH COFFEE&ROASTERS(グリッチコーヒー& ロースターズ)」日本人として、日本のコーヒーカルチャーを世界へ発信する、バリスタ・鈴木清和氏が2015 年4 月に神保町に設立。焙煎や抽出だけではなく、産地や農園、精製方法、品種にまで及ぶ全プロセスにこだわり、豆の個性がダイレクトに伝わるハンドドリップコーヒーを提供しています。

コンセプト
出張や旅行、あるいは残業。都市の宿泊に必要な機能とは、古い一日から新しい一日へのリセット。そこには、1h(汗を洗い流す)+7h(眠る)+1h(身支度)という3 つの基本行動が存在します。その行為を時間に置き換え「9h」と名付けました。この最もシンプルな概念を基に「9h」は、都市生活にジャストフィットする宿泊の機能と、世界に類を見ない新しい滞在価値を提供します。


デザインチーム
「ナインアワーズ」は、ハードからソフト、全てを一貫したクォリティでサービスを提供しています。それぞれに適切な価値を作り、高級感ではなく納得感のある新しい豊かさを創造すべく、創業時より、国内外で活躍するデザイナーと共に開発を続けています。

柴田文江[ クリエイティブディレクション・プロダクトデザイン]
Design Studio S 代表。エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器までインダストリアルデザインを軸に幅広い領域で活動している。ドイツiF デザイン賞金賞、毎日デザイン賞、グッドデザイン金賞など多数受賞。

廣村正彰[ サイン&グラフィックデザイン]
廣村デザイン事務所代表。グラフィックデザインから空間デザインまで幅広く活動。JAGDA新人賞、N.Y.ADC銀賞、グッドデザイン賞、SDA最優秀賞、KU/KAN賞、毎日デザイン賞など受賞多数。

平田晃久[建築・設計]
建築家、京都大学准教授。建築設計、都市計画、家具デザインと幅広く活動。JIA新人賞、El i ta Design Award、ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞(共同)、日本建築設計学会賞、グッドデザイン賞など多数受賞。


店舗概要
開業日 2018 年5 月10 日[木]13:00
所在地 東京都港区赤坂4-3-14
[東京メトロ千代田線赤坂駅より徒歩約4 分東京メトロ銀座線・丸の内線赤坂見附駅より徒歩約5 分]
営業時間 24 時間
休業日 年中無休
延床面積 999.21m2[約302.79 坪]
敷地面積 350.17m2[約105.92 坪]
規模 地下1階地上4階建
客室数 168 室[男性80 室 / 女性88 室]
所有 南海電気鉄道株式会社
運営 株式会社ナインアワーズ
URL https://ninehours.co.jp/akasaka/

メニュー・システム ※価格はすべて税込み
宿泊 4,900 円〜 チェックイン13:00 〜、チェックアウト翌日10:00
仮眠 1,000 円〜 最初の1 時間は1,000 円。以降、1 時間毎に500 円
利用可能時間13:00 〜 21:00
シャワー 700 円 チェックインから1 時間以内に要チェックアウト
24 時間利用可能

ナインアワーズ 会社概要
会社名 株式会社ナインアワーズ
代表者 代表取締役ファウンダー 油井啓祐
代表取締役CEO 松井隆浩
本社所在地 東京都港区西新橋3-23-5 御成門郵船ビル11F
設立日 2013 年8 月
資本金 40,000,000 円
業務内容 「ナインアワーズ」および既存カプセルホテル等の運営・コンサルティング事業
URL  https://ninehours.co.jp/


南海電気鉄道株式会社 会社概要
会社名 南海電気鉄道株式会社
代表者 取締役社長兼CEO 遠北光彦
本社事務所 大阪市浪速区敷津東2-1-41
設立日 1925 年3 月26 日
資本金 72,983,654,121 円
業務内容 鉄道事業、開発関連及び付帯事業
URL www.nankai.co.jp

PR TIMES

「カプセルホテル」をもっと詳しく

「カプセルホテル」のニュース

BIGLOBE
トップへ