スシロー、“おいしい開花宣言”で春の定番メニューを期間限定販売

2月15日(木)11時22分 財経新聞

「おいしい開花宣言で、春の定番メニュー」(写真:スシローグローバルカンパニーの発表資料より)

写真を拡大

■春の定番メニュー販売
 スシローは14日より、おいしい開花宣言として、春の定番メニューを期間限定で販売する。この季節に食べておきたいネタを勢ぞろいさせ、すしのうまい春が来そうだ。(価格はいずれも税別)

【こちらも】大手回転寿司チェーンの1月動向 カッパ寿司のみ前年比マイナス

■“食べておきたいネタ”ラインナップ
 1.かつお1皿2貫 100円
 赤身がきれいで、味が濃厚なかつおが美味しく、季節限定の味。

 2.じゃがじゃがコーン1皿2貫 100円
 トッピングは、カリッと揚げたじゃがいもの食感。好評で、春のメニューに復活させた。

 3.あさりと筍の茶碗蒸し1個180円
 あさりと筍をメインにした春の茶碗蒸し。すし屋だからできるこだわりのだしがよく合う。持ち帰りはできない。

 4.桜えびと筍のおうどん1杯280円
 出汁に天然素材をたっぷり使った人気のうどん。季節限定の美味しさで、トッピングには、春の味覚のサクサクとした桜えびと、シャキシャキとした筍を贅沢に使用。持ち帰りはできない。

■春限定のうまさも販売
 他にも、春限定のうまさとして、1皿100円のうなとろろ包み、えび天えびマヨ手巻、いわし、かつおユッケ、いか塩レモン、水たこ、えびマヨサラダ、梅ひじきいなり。また、サクサク桜えいびのシーザーサラダ(1皿180円)、苺のモンブラン(1皿180円)も販売する。

■おいしさ満開ひな祭の予約も承り中
 また、スシローは4日より、“スシローのひなちらし”の予約を受け付けている。2〜3人前2040円、1人前680円。具材は、活〆大えび、甘サーモン、いくらなど豪華なネタを盛りつけ、見た目が華やかな、贅沢なちらし。毎年恒例で、今年も豪華に登場する。

■本気のマグロ祭も開催中
 また、スシローは7日より、「スシロー×八洲水産 本気の目利き! 天然まぐろ祭!」を開催している。徹底した目利きで八洲水産の最高の天然まぐろにこだわり、一匹一匹丁寧に釣り上げた、「本気」メニュー。他にも、桜えびや筍を使った春らしいメニュー、ピングが可愛いパフェも期間限定で販売している。 

財経新聞

「定番」をもっと詳しく

「定番」のニュース

BIGLOBE
トップへ