BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

コンビニ業界 商社との関係深い大手3社が持つ優位性

NEWSポストセブン2月16日(木)7時0分
画像:セブン-イレブンには三井物産が出資
写真を拡大
セブン-イレブンには三井物産が出資

 三菱商事、三井物産が今期の業績を上方修正するなど財閥グループが好調だ。それを受けて、東京駅周辺では、この2グループに、住友グループも加わって不動産開発競争が起きている。都市開発において三井・三菱・住友の3財閥が切磋琢磨し、日本経済の発展を目指しているといえよう。


 同じく財閥の切磋琢磨が見られるのが小売・流通業界だ。すでに国内のコンビニは大手3社にほぼ集約された。三井物産が出資する業界最大手のセブン-イレブン・ジャパンはPB商品が好調で海外の店舗も順調に増加し、三菱商事が親会社のローソンと、伊藤忠商事が親会社のユニー・ファミリーマートホールディングスは商社のネットワークと人材をフル活用して海外展開をめざしている。


 2017年2月期の第3四半期決算の売上高は、大手3社とも前年同期より増加した。流通情報誌『激流』編集長の栗田晴彦氏は「商社は川上から川下まで対応できる潜在力を持つ」と指摘する。


「資源価格低下のリスクを分散すべく、非資源分野の拡大を図る商社にとってコンビニは重要なチャンネルです。商社は資源という『川上』から消費者に近い『川下』、かつその間を仲介する卸という『川中』までを自社グループで確立している。原料の調達からメーカーを経由して小売店までの一貫したラインを持つ商社の強みにより、コンビニを総合的に支えることができます」


 コンビニは有力な「成長産業」であり、今後ますます期待が持てると栗田氏は指摘する。


「今後、多様なサービスや商品の調達、海外進出などグローバルな戦略まで見据えたら、商社との結びつきが強い大手3社には非常に優位性がある。三菱商事と伊藤忠の後押しによる波及効果が期待できますし、商社によるコントロールを許さない最大手のセブン-イレブンと三井物産の関係がどうなるかにも注目したい」


※週刊ポスト2017年2月24日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン
この記事のトピックス

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「コンビニ」をもっと詳しく

注目ニュース
斬新デニム、メンズも発売 「膝ビニール」に続いて物議 Forbes JAPAN4月29日(土)15時0分
ファストファッション・ブランドのトップショップが今年3月に発売した「膝の部分にビニール」が施された”斬新な”ママ向けジーンズへの挑戦だろう…[ 記事全文 ]
今春のコンビニおにぎり 「4社4様」の驚くべき進化 NEWSポストセブン4月29日(土)7時0分
ゴールデンウィーク期間中、「コンビニおにぎり」を買って行楽地に向かう人も多いだろう。[ 記事全文 ]
大手電力、8社が大幅減益=自由化で顧客離れも—17年3月期 時事通信4月28日(金)20時24分
大手電力10社の2017年3月期連結決算が28日、出そろった。経常損益は全社黒字を確保したが、九州、沖縄を除く8社が2桁減益となった。[ 記事全文 ]
日本のマンションには建て替えや減築の「出口戦略」が必要だ NEWSポストセブン4月30日(日)7時0分
新築マンションが華々しく分譲される一方で、年々深刻な問題となっているのが築年数の経った「老朽化マンション」の惨状だ。[ 記事全文 ]
暑い季節にぴったりの“飲む”スイーツたち 飲むシュークリームや冷やししるこ、飲む羊羹など MONEYzine4月30日(日)8時0分
ちょっとだけ甘いものが欲しくなった時、“飲む”スイーツがあれば手軽だ。満足感も得られることから、注目が集まっている。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア