BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

GfKジャパン調べ:2016年 映像ソフト市場総括

@Press2月17日(金)11時45分
画像:GfKジャパン調べ:2016年  映像ソフト市場総括
写真を拡大
 GfK ジャパン(東京:中野区)は、2016年のセル映像ソフトの販売動向を発表した。

【概要】
・ 2016年のセル映像ソフト販売は数量前年比6%減、金額前年比3%減。
・音楽ジャンルの金額構成比が40%に拡大。
・市場全体に占めるBlu-rayソフトの金額構成比は51%と、通年でも過半に。

【映像ソフト全体】
 2016年のセル映像ソフト市場※1 (通常DVD、Blu-rayなど全て含む)は、数量前年比6%減の3,897万枚、金額前年比3%減の1,801億円となった(図1)。Blu-ray比率の上昇などにより実売平均価格(税抜き)は前年から3%上昇し、4,620円となった。
 販売チャネル別金額構成比は、Eコマース57%、メディアストア27%、家電量販店6%となった。これらチャネルの販売金額規模はいずれも前年を下回ったが、減少幅が一桁にとどまったメディアストアがわずかに前年から構成比を拡大した。ジャンル別金額構成比をみると、唯一拡大したのは最大ジャンルの音楽で、前年から6%ポイント上昇し40%を占めた。2016年の販売数量Top10タイトルの内、7作品は音楽のタイトルであり、ここからも同ジャンルの好調が見てとれる。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/122349/img_122349_1.png
【Blu-rayソフト】
 2016年のBlu-rayソフト市場は数量前年比0.4%増の1,633万枚、金額前年比1.1%減の914億円となった。映像ソフト市場全体における金額構成比は前年から1%ポイント拡大し51%となった。販売チャネル別金額構成比は、Eコマース65%、メディアストア21%、家電量販店8%となった。15年に縮小したメディアストアが前年から2%ポイント構成比を拡大した。ジャンル別金額構成比をみると、最も構成比が高かったのは邦アニメで34%(前年38%)を占めた。また、音楽はBlu-rayソフトでも拡大し、前年の27%から32%に達した。比較的高単価な邦アニメジャンルの構成比が縮小し、邦アニメに比べ単価の低い音楽や洋画の構成比が拡大したことで、Blu-rayソフトの実売平均価格は前年から1%低下し5,600円となった。

【2017年展望】 
 2017年のセル映像ソフト市場全体は漸減基調が継続すると予測する。通常DVDからBlu-rayへのシフトが進展することでBlu-rayソフト市場は数量・金額ともにプラス成長になることが見込まれる。これにより、映像ソフト全体の実売平均価格も上昇が続くであろう。2016年にソフトとハードの双方が市場投入された「Ultra HD Blu-ray(UHD Blu-ray)」は、ラインナップの拡充が予定されており、4K対応の新規格として市場の活性化に貢献すると見られる。


※1. 全国の映像ソフト取扱店(メディアストア、家電量販店、総合量販店、Eコマース等)における販売実績を基に推計した市場規模。


本プレスリリースのURL:
http://www.gfk.com/jp/insights/press-release/2016dvdbdsales/

--------------------------------------------------------------------------------
GfKジャパン
URL: http://www.gfk.com/jp/

※弊社名を報道にて引用頂く場合は、「GfKジャパン」のほか、「GfK Japan」、「ジーエフケー ジャパン」の表記でも結構です。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ソフト」をもっと詳しく

注目ニュース
人手不足深刻なコンビニ、留学生を「青田買い」 読売新聞8月17日(木)7時46分
人手不足が深刻化するコンビニエンスストア大手が働き手の確保に躍起になっている。店での働き手として、外国人や子育て中の主婦を採用することに力を入れている。ローソンは海外からの留学生を取り込むため、ベトナムと韓国で昨年から、日本に留学予定の学生向けの研修を行っている。[ 記事全文 ]
デキる人かを見分けるたった1つの質問 プレジデント社8月16日(水)9時15分
ビジネスの現場で、相手が「仕事がデキる人」かどうかすぐに見抜く方法はあるのでしょうか。じつは、質問1つで判断する方法があります。[ 記事全文 ]
SUBARUとマツダ 台数追わず「存在感」高める戦いの行方 NEWSポストセブン8月16日(水)7時0分
自動車産業では今、トップランナーが年間生産台数1000万台レベルでしのぎを削るほどに規模の追求が進んでいる。[ 記事全文 ]
"残業するヤツが偉い"と信じた50代の末路 プレジデント社8月15日(火)9時15分
これからのキャリア形成では、なにが正解なのか。マーケティング戦略アドバイザーの永井孝尚さんは「『あなたという商品』の価値を高める方法を考え…[ 記事全文 ]
「いきなり!ステーキ」東証1部昇格 TBS8月15日(火)13時31分
ステーキチェーンの「いきなり!ステーキ」などを展開する「ペッパーフードサービス」が東京証券取引所の第1部に昇格しました。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア