BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

GfKジャパン調べ:2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向

@Press2月17日(金)17時30分
画像:GfKジャパン調べ:2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向
写真を拡大
画像:GfKジャパン調べ:2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向
写真を拡大
画像:GfKジャパン調べ:2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向
写真を拡大
 GfK ジャパン(所在地:東京都中野区)は、全国のカー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットにおける乗用車用エンジンオイルの販売動向*1 を発表した。

【概要】
  ・2016年のエンジンオイルは販売量ベース(リットル換算)で前年比1%増。
  ・指定・推奨車種が多い0W-20等の省燃費オイルの販売量構成比は前年並みと安定。
  ・カー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットにおけるメーカー純正オイルの販売量構成比は3%。

【2016年の乗用車用エンジンオイル販売動向】
 2016年における乗用車用エンジンオイルの販売量(リットル換算)は、前年比1%増となった(図1)。しかしながら、1リットル当たりの平均価格が前年から2%低下したことから、金額ベースでは前年比1%減となった。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/122391/img_122391_1.png

 量り売りと缶売りに分けてみると、販売量構成比でそれぞれが48%を占めた。前年と比較すると量り売りが1%ポイント構成比を拡大した一方で、缶売りは2%ポイント縮小した(図2)。量り売りは価格訴求力の高いプライベートブランド(PB)製品が主流であるが、平均価格は前年から4%低下した。一方で缶売りの平均価格は、僅かであるが前年から上昇しており、エンジンオイルに対する消費者ニーズは二極化していることが伺えた。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/122391/img_122391_2.png
 粘度別にみると、0W-20、5W-30、10W-30で販売量の約6割を占めた(図3)。指定・推奨する車種が多い0W-20の販売量構成比は21%で前年並みであった。また、5W-30も前年並みの20%を占めた。一方で相対的に固い粘度となる10W-30は前年の22%から20%へ縮小し、販売量前年比では7%減となった。店頭のフェイス占有率が高い0W-20等への需要のシフトが伺えた。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/122391/img_122391_3.png

【自動車メーカー純正オイルの販売動向】
 消費者のエンジンオイルの購買行動調査*2によると、自動車メーカー純正オイルを使用するユーザーは49%に達したが、カー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットにおけるメーカー純正オイルの販売量は全体の3%に留まり、上昇傾向も見られなかった。これらチャネルでは、エンジンオイルメーカーのナショナルブランド品および小売業各社のPB製品が市場を二分している。


*1 全国のカー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットの販売の実績を元に、市場規模相当に拡大推計したデータ
*2 2015年8月3日〜8月16日(計14日間)に、全国の自動車保有者11,951名に実施したインターネット調査


本プレスリリースのURL:
http://www.gfk.com/jp/insights/press-release/2016engineoil/

--------------------------------------------------------------------------------
GfKジャパン
URL: http://www.gfk.com/jp/

※弊社名を報道にて引用頂く場合は、「GfKジャパン」のほか、「GfK Japan」、「ジーエフケー ジャパン」の表記でも結構です。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「販売」「乗用車」「動向」「ガソリンスタンド」の関連トピックス

「GfKジャパン調べ:2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向」の関連ニュース

注目ニュース
2020年東京オリンピック追加種目「ボルダリング」が体験できる、ボルダリングコーナー北陸地方初導入!アウトドアとライフスタイルのコンセプトショップ PR TIMES3月23日(木)15時44分
2017年3月24日(金)「スポーツオーソリティ新小松店」グランドオープン!大型スポーツ専門店「スポーツオーソリティ」、スポーツ×ファッシ…[ 記事全文 ]
タワーマンション 東京五輪後にやってくるスラム化の恐怖 NEWSポストセブン3月29日(水)7時0分
世の中で初めてタワーマンションが分譲されたのは、住友不動産が1976年(昭和51年)に埼玉県与野市で建設・分譲した与野ハウスといわれている。[ 記事全文 ]
破綻の旅行会社てるみくらぶ、明らかになる放漫経営の実態 財経新聞3月29日(水)12時0分
旅行中の利用者を多数残したまま27日に破産手続きを開始したてるみくらぶについて、東京商工リサーチがその資産内容を発表した。[ 記事全文 ]
生保、死亡保険料値下げ…長寿化受け11年ぶり 読売新聞3月28日(火)12時55分
生命保険各社が2018年4月以降、終身死亡保険や定期死亡保険などの保険料を値下げする見通しとなった。契約者の長寿化を反映する。契約者にとっては保険に入りやすくなる一方、保険会社にとっては減収となる。保険料を決める際の基準となる寿命統計「標準生命表」を07年以来、11年ぶりに改定することに伴う措置だ。[ 記事全文 ]
東芝、米WHの破産法適用申請を承認…損失遮断 読売新聞3月29日(水)15時11分
経営再建中の東芝は29日、取締役会を開き、巨額損失の原因となった米原子力発電子会社ウェスチングハウス(WH)(本社・米ペンシルベニア州)による米連邦破産法11章(日本の民事再生法に相当)の適用申請を承認した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア