BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

株式会社MJI、総額5.64億円の資金調達を実施 グローバル展開の加速とロボット研究開発の強化

@Press2月17日(金)15時0分
画像:株式会社MJI、総額5.64億円の資金調達を実施 グローバル展開の加速とロボット研究開発の強化
写真を拡大
画像:株式会社MJI、総額5.64億円の資金調達を実施 グローバル展開の加速とロボット研究開発の強化
写真を拡大
画像:株式会社MJI、総額5.64億円の資金調達を実施 グローバル展開の加速とロボット研究開発の強化
写真を拡大
画像:株式会社MJI、総額5.64億円の資金調達を実施 グローバル展開の加速とロボット研究開発の強化
写真を拡大
コミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)は、スパークス・グループ株式会社が設立した「未来創生ファンド」などから、総額5.64億円の資金調達を実施いたしました。


MJIが開発中の生活習慣を学習するみまもりロボット「Tapia(タピア、以下 タピア)」は、みまもり・会話・生活サポート機能が搭載され、ユーザーにとって友人や家族のようなライフパートナーとなる事を目指しています。また、そのデザインや機能拡張性から、レストランやホテルにおけるIoTサービスロボット、高齢者・介護施設における見守りロボットとしてなど多種多様なビジネスシーンや用途でも導入されています。現在、MJIでは世界各国の企業や研究機関からタピアを活用した様々な開発・導入要望を受け、グローバルなニーズに早急に対応することが求められております。この度の資金調達では、タピアの基礎となるAI研究開発を強化するとともにグローバル市場における開発・販売展開を加速させてまいります。


■代表取締役社長 トニー・シュウよりご挨拶
今回の資金使途の大部分は、ロボットの開発、およびVDL(Vision Deep learning)の開発を加速化させるためにMJIの人工知能チームに投資されます。その他、グローバル事業開発、販売体制の構築およびマーケティングに割り当てる予定です。
MJIのミッションは、コミュニケーションロボットによって、私たちの生活をより楽しく快適にすることです。2015年7月の創業以来、日本、台湾、香港および韓国の4か所に開発拠点を展開しており、グローバル・ロボティクステクノロジーの進化を牽引する企業へと成長し、いつの日か人に寄り添えるAIロボットとのライフスタイルを構築することを目指しています。


■代表取締役 永守 知博よりご挨拶
この度の資金調達によって、弊社のロボット、タピアの成長を加速することができます。タピアをより良いロボットにし、皆様の生活にInnovationを起こし、もっと「楽しい」ものにするために、努力してまいります。
ロボットと過ごす楽しくわくわくする生活をグローバルで提供していきます。


■未来創生ファンド スパークス・グループ株式会社
代表取締役社長 阿部 修平氏からのコメント
未来創生ファンドは、トヨタ自動車、三井住友銀行はじめ19社(2017年1月末時点)の出資をもとに、運営者スパークスが産業と資本の橋渡し役となり知能化技術(AI)、ロボティクス、水素社会実現に資する技術の3分野で新産業創出を目指しています。
第4次産業革命の真っ只中にいる私たちは、近い将来、ロボットが現在のスマートフォン以上に重要なデバイスになることを確信しています。同分野トップランナーの一社であるMJIは、ロボットをデバイスとしてだけでなく人類とAIのゲートウェイの入口にたつインターフェイスと位置づけています。ファンドは、MJIのビジョンに共感し技術、人財からMJIが大きく飛躍しうると考え投資を実行しました。今後、世界を舞台にした事業を共に創出していきたいと考えています。


【タピア開発キットのリリースとソリューション展開】
国内外で特に法人向け需要が急増することが想定されるため、デベロッパー向けタピア開発キット(SDK)のリリースを今春予定しております。これによりタピアの機能、アプリ拡充へとつながりタピア拡販が期待されます。
開発キットに関する情報は詳細が決まり次第、MJI公式サイト( https://mjirobotics.co.jp/ )にてご案内いたします。


【タピアについて】
長い一日を終えたあと、タピアは冗談やユーモアであなたの心を和ませてくれるでしょう。遠く離れたあなたの大切な人の笑顔や声は、タピアのビデオ通話が届けてくれます。あなたが出かける時には最新の天気情報を伝え、リラックスしたい時や気分転換をしたい時には音楽をかけてくれます。タピアはいつもあなたの傍に寄り添い、サポートするライフパートナーロボットです。


■タピア概要
カメラ、スピーカー、マイク、タッチパネルモニタを搭載し、バッテリーを内蔵した、高さ約25cmの持ち運べる家庭用コミュニケーションロボット。タピアとのコミュニケーションに不可欠な音声認識、音声合成、顔認識機能のほか、クラウド上の応答システムでタピアとの日常会話を楽しむことができます。日常会話には感情表現と好感度システムを搭載。会話のペースや、内容によってタピアの応答が変化します。


【株式会社MJIについて】
株式会社MJIは「MORE JOYFUL INNOVATION」をスローガンとし、2015年7月に設立しました。MJIは、あなたを笑顔にし、ほっとさせてくれる、あなたの生活を彩るコミュニケーションロボットを開発しています。MJIのロボットは人生のパートナーとして、あなたの側にいます。


■株式会社MJI 会社概要
会社名    : 株式会社MJI
代表取締役社長: トニー・シュウ
所在地    : 〒107-0062 東京都港区南青山2-29-9
設立日    : 2015年7月21日
事業内容   : 多機能AIコミュニケーションロボット(健康管理・
         生活サポート・ショッピング機能・社交活動促進等)・
         ハードウェア・ソフトウェアの企画、開発、販売
URL      : http://mjirobotics.co.jp/
メール    : info@mjirobotics.co.jp
Facebook   : https://www.facebook.com/MJI.Inc


*本リリースに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「株式会社MJI、総額5.64億円の資金調達を実施 グローバル展開の加速とロボット研究開発の強化」の関連ニュース

注目ニュース
連合会長「月100時間の残業、あり得ない」 読売新聞2月25日(土)19時58分
連合の神津里季生(りきお)会長は25日、熊本市内で記者会見し、政府が進める時間外労働(残業)規制について、「月100時間残業が当たり前に語られることはあり得ない」と述べ、繁忙期の月上限を100時間とする案に反対する意向を改めて示した。[ 記事全文 ]
JALとANA、マイルを貯めるならどっちがお得? マイナビニュース2月25日(土)11時30分
日本を代表する航空会社である日本航空(JAL)と全日空(ANA)。それぞれが独自のマイレージ制度を持っているのはご存知ですよね。[ 記事全文 ]
全国のポン酢食べ比べ! これまでの最高得点を叩き出す次世代ポン酢出現【関東編】 Excite Bit コネタ2月11日(土)17時0分
47都道府県のご当地ポン酢を食べ比べる連続企画。ポン酢の世界って本当に深くて広い。私たちはまだまだその氷山の一角しか知らないのだと思う。[ 記事全文 ]
格安航空会社「ピーチ」、ANAが子会社化すると発表 TBS2月25日(土)4時43分
ANAホールディングスが、大阪に本社を置く格安航空会社「ピーチ・アビエーション」を子会社化すると発表しました。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア