BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

長期金利抑え込みか、円安抑制か? トランプ登場で迫られる究極の選択

ダイヤモンドオンライン2月17日(金)11時0分
画像:トランプ・安倍会談は大方の予想を覆し、平穏に終わったが……
写真を拡大
トランプ・安倍会談は大方の予想を覆し、平穏に終わったが……

トランプに通貨安誘導を批判されたことで、そっとしておきたかった円安が、対米関係の焦点のひとつになってしまった。日銀がとるべき道とは?


 日本銀行が2016年9月に導入したイールドカーブ・コントロールは、円安進展をひそかに期待した枠組みだった。日銀が金利を固定している一方で米国が段階的に利上げすれば、内外金利差の拡大で徐々に円安が進み、物価を押し上げる。


 ところが、日本の金融政策を取り巻く状況は、トランプの登場で大きく変わった。トランプノミクス期待で米国金利が急騰し円安が急激に進行する一方、大統領当選後もトランプが日本や中国の通貨安誘導を批判し続けたからだ。そっとしておきたい円安が、対米関係の焦点のひとつになってしまった。


 むろん、日本は通貨安誘導を否定している。実際、為替市場には介入していない。


 ただし、円安の急速な進行は2012年11月、当時野党だった自民党・安倍総裁による大胆な円安誘導発言が出発点だった。安倍政権の発足後、日銀はアベノミクスの「第一の矢」として異次元緩和で支援し、円安はアベノミクスの最大の成果とされてきた。現状では、日銀は「独立な中央銀行として、物価安定を目的に金融政策を運営している」という建前を主張し続けるしかない。


 この建前に照らすと、2%のインフレ目標からほど遠い現状では、現在の長短金利水準を変える理屈は出てこない。しかし、米国金利が今後上がっていけば、長期金利には上昇圧力が働く。そのとき、0%程度の長期金利は維持できるだろうか。


 実は、長期金利操作は外為市場の固定相場維持に近い。固定された相場を市場が適正だと考えていれば固定制はうまく機能しているようにみえる。だが、そこに疑念が生じると、市場は不安定化し始める。


 長期国債市場は外為市場と比べて市場が相対的に小さいので、日銀が無制限に長期国債を買う覚悟を示せば、原理的には長期国債金利を抑え込める。しかし、日銀は急激な量的拡大をしたくないのが本音、ということも市場に見透かされている。金利と量の2つの要素のなかで日銀のオペレーション(公開市場操作)方針は揺れており、市場との対話は必ずしもうまくいっていない。


 今後、日銀が腹を括って力づくで長期金利を抑え込むと円安が進む。米国が円安を容認しても、それにより輸入物価が急激に上昇すると消費が停滞しかねない。日銀は、これを金融政策の目的ではなく副作用、と整理するだろう。財政規律の弛緩にせよ、自然利子率の低下にせよ、バランスシートの毀損にせよ、日銀は金融政策の副作用の議論は門前払いして、インフレ目標という目的の達成に邁進する姿勢を示してきた。しかし、目的外というラベルを貼れば、副作用を無視してよいはずはない。副作用も、日本経済に大きな影響を与えるからだ。


 インフレ目標さえ達成されても、自然利子率の趨勢的低下という日本経済の根本的な問題が解決されるわけではない。日銀には、虚心坦懐に金利決定の枠組みを見直す柔軟性が必要だ。

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「円安」をもっと詳しく

注目ニュース
年金の手取りを減らす、健康・介護「保険料インフレ」の実態 ダイヤモンドオンライン8月23日(水)6時0分
過去の保険料計算式のチラシは私にとっての「お宝」私は80代の夫の両親と同居している。[ 記事全文 ]
デキる人かを見分けるたった1つの質問 プレジデント社8月16日(水)9時15分
ビジネスの現場で、相手が「仕事がデキる人」かどうかすぐに見抜く方法はあるのでしょうか。じつは、質問1つで判断する方法があります。[ 記事全文 ]
地下1000メートルの難工事=南アルプストンネル着工へ—JR東海のリニア 時事通信8月23日(水)19時6分
JR東海は23日、リニア中央新幹線の最大の難工事区間とされる南アルプストンネル山梨工区(山梨県早川町)を公開した。[ 記事全文 ]
仕事で失敗する人が必ず持つ「リスク体質」とは ダイヤモンドオンライン8月23日(水)6時0分
拙著、『知性を磨く』(光文社新書)では、21世紀には、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という7つのレベルの知性…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア