BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

長期金利抑え込みか、円安抑制か? トランプ登場で迫られる究極の選択

ダイヤモンドオンライン2月17日(金)11時0分
画像:トランプ・安倍会談は大方の予想を覆し、平穏に終わったが……
写真を拡大
トランプ・安倍会談は大方の予想を覆し、平穏に終わったが……

トランプに通貨安誘導を批判されたことで、そっとしておきたかった円安が、対米関係の焦点のひとつになってしまった。日銀がとるべき道とは?


 日本銀行が2016年9月に導入したイールドカーブ・コントロールは、円安進展をひそかに期待した枠組みだった。日銀が金利を固定している一方で米国が段階的に利上げすれば、内外金利差の拡大で徐々に円安が進み、物価を押し上げる。


 ところが、日本の金融政策を取り巻く状況は、トランプの登場で大きく変わった。トランプノミクス期待で米国金利が急騰し円安が急激に進行する一方、大統領当選後もトランプが日本や中国の通貨安誘導を批判し続けたからだ。そっとしておきたい円安が、対米関係の焦点のひとつになってしまった。


 むろん、日本は通貨安誘導を否定している。実際、為替市場には介入していない。


 ただし、円安の急速な進行は2012年11月、当時野党だった自民党・安倍総裁による大胆な円安誘導発言が出発点だった。安倍政権の発足後、日銀はアベノミクスの「第一の矢」として異次元緩和で支援し、円安はアベノミクスの最大の成果とされてきた。現状では、日銀は「独立な中央銀行として、物価安定を目的に金融政策を運営している」という建前を主張し続けるしかない。


 この建前に照らすと、2%のインフレ目標からほど遠い現状では、現在の長短金利水準を変える理屈は出てこない。しかし、米国金利が今後上がっていけば、長期金利には上昇圧力が働く。そのとき、0%程度の長期金利は維持できるだろうか。


 実は、長期金利操作は外為市場の固定相場維持に近い。固定された相場を市場が適正だと考えていれば固定制はうまく機能しているようにみえる。だが、そこに疑念が生じると、市場は不安定化し始める。


 長期国債市場は外為市場と比べて市場が相対的に小さいので、日銀が無制限に長期国債を買う覚悟を示せば、原理的には長期国債金利を抑え込める。しかし、日銀は急激な量的拡大をしたくないのが本音、ということも市場に見透かされている。金利と量の2つの要素のなかで日銀のオペレーション(公開市場操作)方針は揺れており、市場との対話は必ずしもうまくいっていない。


 今後、日銀が腹を括って力づくで長期金利を抑え込むと円安が進む。米国が円安を容認しても、それにより輸入物価が急激に上昇すると消費が停滞しかねない。日銀は、これを金融政策の目的ではなく副作用、と整理するだろう。財政規律の弛緩にせよ、自然利子率の低下にせよ、バランスシートの毀損にせよ、日銀は金融政策の副作用の議論は門前払いして、インフレ目標という目的の達成に邁進する姿勢を示してきた。しかし、目的外というラベルを貼れば、副作用を無視してよいはずはない。副作用も、日本経済に大きな影響を与えるからだ。


 インフレ目標さえ達成されても、自然利子率の趨勢的低下という日本経済の根本的な問題が解決されるわけではない。日銀には、虚心坦懐に金利決定の枠組みを見直す柔軟性が必要だ。

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「円安」をもっと詳しく

注目ニュース
「オリーブオイル」の新商品続々 単一畑×単一種やコンテスト12冠、生食用など MONEYzine6月25日(日)8時0分
ヘルシーライフに欠かせない「オリーブオイル」。単一畑×単一種にこだわった商品や、コンテスト受賞作、フレーバー豊かな生食用といった商品が登場…[ 記事全文 ]
姑の介護 嫁のはらわたが煮えたぎる理由 プレジデント社6月24日(土)11時15分
老親を在宅介護することになった。仕事に忙しい自分は介護の担い手になれない。兄弟姉妹も“口だけ”介護。[ 記事全文 ]
君は調査兵団になれるか!「第1回 進撃の巨人検定〜調査兵団入団テスト〜」「検定、受け付けてます」サイトにて申込受付スタート! ドリームニュース6月23日(金)14時30分
日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林彰、略称:日販)は、幅広い読者から絶大な人気を誇る大ヒットコミック「進撃の…[ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]
晩婚晩産家計苦しめる年50万「ママ友費」 プレジデント社6月25日(日)11時15分
夫の小遣いは月1万5000円でおつりがくる。一方、専業主婦の妻関連の出費は“青天井”。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア