BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

テレビを見せると子どもの学力は下がるのか

ダイヤモンドオンライン2月17日(金)11時0分
画像:(写真はイメージです)
写真を拡大
(写真はイメージです)

子どもがテレビを見過ぎていることを気にしている親は多いはずだ。厚生労働省の統計によると、小学校6年生の子どもは平日に約2.2時間、休日には約2.4時間もの時間をテレビの前で過ごしているようだ。これでは親が心配するのも無理はない。


しかし、『「原因と結果」の経済学』の著者、中室牧子氏と津川友介氏によると、テレビが子どもの学力に悪い影響があると決めつけるのは早計だという。詳細を聞いた。


「テレビの視聴」と「学力」のあいだの

関係を調べるにはどうしたらいいか



 アメリカではテレビの俗称として「愚か者の箱」という言葉があるほどで、テレビが子どもの発達や健康、あるいは学力などに悪影響を与えると信じている人は多い。


 しかし、本当にテレビを見ると子どもの学力は低くなってしまうのだろうか。ここで、テレビの視聴と子どもの学力の関係が、「因果関係」なのか「相関関係」なのかをよく考える必要がある。「テレビを見るから学力が低くなる」(因果関係)のか、「学力の低いような子どもほど、よくテレビを見ている」(相関関係)だけなのか、どちらだろうか。



因果関係……2つのことがらのうち、片方が原因となって、もう片方が結果として生じる関係のこと。「テレビの視聴」と「学力」のあいだにマイナスの因果関係がある場合、テレビを見るから学力が下がる、と言える。
相関関係……一見すると片方につられてもう片方も変化しているように見えるものの、原因と結果の関係にない関係のこと。「テレビの視聴」と「学力」のあいだに相関関係がある場合、テレビを見る時間を増やしても、それによって学力が上がったり下がったりすることはない。

 テレビを見せると子どもの学力は下がるのか。この問いに取り組んだのが、スタンフォード大学のマシュー・ゲンコウらである。ゲンコウは、電波障害への対応を行うことを理由に、1948年から1952年までの4年間、テレビ放送免許の凍結が行われたという歴史的なイベントに注目した。


 アメリカでは、テレビは1940年代から1950年代の半ばにかけて普及した。この時期にテレビを視聴できる家庭が増える中、テレビ放送免許が停止された1948年時点で、テレビ局がまだ1つも開局されていない地域に住んでいた人々は、1952年に再びテレビ放送免許の凍結が解除されるまでテレビを見ることができなかった。


 つまり、テレビ放送免許の凍結により、48年以前からテレビを見ることができた家庭(「介入群」と呼ぶ)と、52年以降しかテレビを見ることができなかった家庭(「対照群」と呼ぶ)が生じたということになる。


 幼少期にテレビを見ることができた家庭(介入群)と、見ることができなかった家庭(対照群)は、「テレビ放送免許の凍結」という偶然の要素によってたまたま分かれたと考えられる。つまり、あたかも「テレビを見せるかどうかをランダムに割り付けられた」(ランダム化比較試験第3回を参照)のと同じ状態だと考えられる。


 子どもがテレビを見られるかどうかは本人の意志では決められなかったのだから、介入群と対照群のあいだで、学力に影響を与えそうなほかの要素が似たもの同士になる。つまり、両者は「比較可能」になるのである。


 介入群と対照群が「比較可能」な状態ということは、この2つのグループの違いは「テレビを見せる」かどうかだけ、ということになる。この状態で、子どもが小学校に入学したときの学力テストの差を取れば、「テレビ」と「学力」の関係を明らかにすることができるというわけである。


 ゲンコウらによると、テレビが普及し始めたこの時期、テレビのある家庭の子どもはテレビに夢中になり、平均して1日に3時間半もの時間をテレビの前で過ごしていたという。


テレビを見せると

子どもの学力が上がる


 ゲンコウらの分析結果は驚くべきものだ。1940年代から1950年代の前半にかけて、幼少期にテレビを見ていた子どもたちは、小学校に入学した後の学力テストの偏差値が0.02高かったことが明らかになったのである。つまり、「テレビの視聴」と「学力」のあいだには、プラスの因果関係があったということだ。


 また宿題に費やす時間や進学希望などにも悪影響は見られなかった。特に、英語が母語でなかったり、母親の学歴が低かったり、白人以外の人種の子どもでは、テレビを視聴することで成績が上がる効果は大きかったこともわかっている。


 ゲンコウらは、子どもにテレビを見せることをためらう保護者が多いのは、テレビを見ていると子どもが受動的になり、絵を描いたり、スポーツをするなどの機会を失ってしまうからではないかという。


 実際、こうしたほかの活動の選択肢が多い経済的に豊かな家庭では、テレビが持つプラスの因果効果は極めて小さくなってしまい、ときにはマイナスになることが明らかになっている。


 とはいえ、貧困家庭の子どもにとってはメリットがあることを強調する研究もあることから、ゲンコウらは、政府や教育関係者が根拠もなくやたらとテレビがもたらすマイナスの効果を喧伝することがないよう注意を促している。


参考文献

Gentzkow, M. and Shapiro, J. M. (2008) Preschool Television Viewing and Adolescent Test Scores: Historical Evidence from the Coleman Study, The Quarterly Journal of Economics, 123 (1), 279-323.
DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「テレビ」をもっと詳しく

注目ニュース
年収150万円が普通に?2030年の社会はこうなる? All About8月18日(金)21時40分
日本はどうなるの?未来予測を書いてみます今後数年で、経済格差はますます拡大すると思われます。そこで、ちょっとした未来予測をしてみました。[ 記事全文 ]
「いかめし」130円値上げへ…不漁のあおり 読売新聞8月20日(日)9時30分
道南の名物駅弁「いかめし」が20日から、1箱の価格が130円値上げされ、780円(税込み)になる。森町の製造販売元「いかめし阿部商店」(今井俊治社長)によると、スルメイカ不漁のあおりを受けて、原料の輸入イカの仕入れ価格も高騰していることが原因という。値上げ幅が100円超となるのは初めて。[ 記事全文 ]
苦戦強いられる流通業界でなぜドン・キホーテだけ堅調なのか NEWSポストセブン8月20日(日)7時0分
“驚安の殿堂”をうたうディスカウントストア(DS)、ドン・キホーテ(以下、ドンキ)が好調だ。[ 記事全文 ]
東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で—主力行は断行求める 時事通信8月19日(土)15時32分
東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。[ 記事全文 ]
中国、企業の海外投資を規制…資金流出懸念か 読売新聞8月19日(土)18時1分
【北京=鎌田秀男】中国政府は18日、国内企業が海外で不動産やホテルなどに投資することを制限する新たな規制を発表した。国内資金の海外流出への懸念などが背景にあるとみられる。制限対象として、不動産、ホテル、映画館、娯楽業、スポーツクラブを挙げた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア