BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

「航空交通管理(ATM)の世界市場:ATC・ATFM・AIM、2022年予測と動向」最新調査リリース

ドリームニュース2月17日(金)10時0分
画像:「航空交通管理(ATM)の世界市場:ATC・ATFM・AIM、2022年予測と動向」最新調査リリース
【レポート紹介】
航空交通管理(Air Traffic Management)の世界市場規模は、2022年に973億ドルに達すると当レポートでは予測してます。2016年の同市場規模は500億ドルと推計され、2016年から2022年にかけての平均年成長率は11.7%とレポートでは分析しています。空域混雑の進展に伴うオペレーション改善への要求、新規空港インフラの建設、既存インフラの設備更新などは市場成長の支持要因といえるでしょう。
当レポートでは、2022年に至る航空交通管理市場の世界市場予測(市場規模US$)、ドメイン別市場(ATC、ATFM、AIM)、機能別市場(通信、航法、監視、オートメーション/シミュレーション)、投資タイプ別市場、空港クラス別市場(Class A-D)、主要国地域別市場など、詳細に区分された市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業11社プロフィール動向などの情報も交えて、航空交通管理市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
航空交通管理(ATM)の世界市場:ATC・ATFM・AIM、2022年予測と動向
Air Traffic Management Market by Domain (ATC, ATFM, AIM), End-Use (Communication, Navigation, Surveillance, Automation & Simulation), Investment Type (Greenfield, Brownfield), Airport Class (A,B,C,D), System & Region - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Air_Traffic_Management2022_MAM438.html

【レポート構成概要】
◆ 航空交通管理の世界市場予測2014-2022年
・市場規模(US$)

◆ ドメイン別、市場-2022年
・航空交通管制(ATC)
・航空交通流管理(ATFM)
・航空情報管理(AIM)
※(市場規模US$) 

◆ ハード/ソフト別、市場-2022年
・ハードウェア
・ソフトウェア
※(市場規模US$)

◆機能別、市場-2022年
・通信
・航法
・監視
・オートメーション、シミュレーション
※(市場規模US$)

◆投資タイプ別、市場-2022年
・グリーンフィールド
・ブラウンフィールド
※(市場規模US$)

◆空港クラス別、市場-2022年
・クラスA
・クラスB
・クラスC
・クラスD
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2022年
北米
・米国、カナダ
欧州
・英国、フランス、ロシア、ドイツ
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・その他アジア太平洋
中東
・UAE、サウジアラビア、オマーン
・その他中東
その他地域
・メキシコ、エジプト、ブラジル
・その他諸国
※ 地域レベルでは全てのセグメント別の細分化データ掲載、詳細は目次参照
※ 国レベルでは、ドメイン別、機能別、投資タイプ別の細分化データ掲載

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界トレンド
・競合状況

◆ 航空交通管理の主要企業プロフィール動向
・FINANCIAL HIGHLIGHTS OF KEY PLAYERS
・THALES GROUP
・RAYTHEON COMPANY
・INDRA SISTEMAS, S.A.
・HARRIS CORPORATION
・NORTHROP GRUMMAN CORPORATION
・HONEYWELL INTERNATIONAL, INC.
・SAAB AB
・BAE SYSTEMS PLC.
・COMSOFT SOLUTION GMBH
・ADVANCED NAVIGATION AND POSITIONING

(全204頁)


【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Air_Traffic_Management2022_MAM438.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年2月16日

★関連レポート
「航空交通管制装置の世界市場」
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Air_Traffic_Control_Equipment_2020_MAM194.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「航空交通管理(ATM)の世界市場:ATC・ATFM・AIM、2022年予測と動向」最新調査リリース」の関連ニュース

注目ニュース
ヤマト運輸が取扱量の抑制検討、人手不足で長時間労働慢性化 TBS2月23日(木)14時6分
宅配サービスの見直しにつながるのでしょうか?宅配便最大手の「ヤマト運輸」の労働組合が今年の春闘の労使交渉で、宅配便の取扱量の抑制を求めたこ…[ 記事全文 ]
東芝株「今が買い時」とWSJ記事 本気?その根拠とは J-CASTニュース2月22日(水)7時0分
米原子力発電事業での巨額損失を理由に、2017年2月14日に予定していた16年4〜12月期連結決算の発表を延期した東芝の株価が急落するなか…[ 記事全文 ]
ネット銀行はスマホ取引でも安心? オリコン2月23日(木)10時30分
インターネット上で利用できる「ネット銀行」。パソコンからだけでなく、スマートフォンからも取引ができるように、アプリも続々リリースされている。[ 記事全文 ]
日産、ゴーン氏が社長退任 17年ぶり交代、会長は継続 共同通信 47NEWS2月23日(木)8時21分
日産自動車は23日、カルロス・ゴーン社長(62)が社長と最高経営責任者(CEO)を退くと発表した。代表権のある会長は続ける。[ 記事全文 ]
回転ずし「スシロー」運営会社、8年ぶり上場へ TBS2月23日(木)0時26分
東京証券取引所は、回転ずしチェーン最大手の「あきんどスシロー」を運営する「スシローグローバルホールディングス」の上場を承認したと発表しまし…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア