BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

飛行機を「鷹の目」で点検 ANAがドローン使った実証実験

J-CASTニュース2月17日(金)13時7分
画像:ドローンは10分間かけて自動飛行した(エアロセンス提供)
写真を拡大
ドローンは10分間かけて自動飛行した(エアロセンス提供)

無人飛行機(ドローン)の活用が航空業界にも広がってきた。全日空(ANA)は2017年2月14日、大阪・伊丹空港内の格納庫で、ドローンを使った整備の実証実験の様子を公開した。

ドローンという「鷹の目」の活用で整備の効率化が見込めるといい、今後は格納庫の外での実験などを通じて実用化に向けた検証を進める。




高所作業車より素早く点検できる




飛行機に雷が落ちると、機体に傷やへこみができる場合がある。これまでは、飛行中に落雷があった便は、目的地に到着してから高所作業車を近づけて屋根や翼にダメージがないか確認する必要があった。落雷に限らず、点検作業にドローンを活用することで、高所作業車よりも作業時間の短縮が期待できる。その分、点検作業が原因の便の遅れを減らすことにもつながる。



今回の実証実験は、ソニーと自動運転技術開発ベンチャー「ZMP」の合弁企業、「エアロセンス」とANAが共同で行った。ドローンは全高16.9メートルのボーイング787型機の屋根や翼の上を、秒速1メートルで約10分間かけて自動飛行した。今後は、安全性の検証や画像データの分析を進める。庄内空港(山形県)の空港ランプエリア内でも実験する。飛行機の点検や整備の方法は米ボーイング社などメーカーと調整する必要がある上、空港周辺でドローンを飛ばすには航空法上の様々な制約がある。こういった実験を通じて、実用化に向けたハードルをひとつずつクリアしていきたい考えだ。



ANAでは


「ドローンが社会に浸透するためのインフラ整備に関わることで、将来的な方向性を見極めながら、本格的な事業化を検討して行きたい」

と期待している。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ドローン」をもっと詳しく

注目ニュース
米WD、東芝半導体で譲歩 少額出資を容認か 共同通信 47NEWS5月27日(土)17時32分
経営再建中の東芝と半導体子会社の売却を巡り対立している米ウエスタン・デジタル(WD)が、大幅に譲歩する可能性を東芝側に伝えていることが27…[ 記事全文 ]
老後のための貯蓄は個人年金?普通預金? プレジデント社5月27日(土)11時15分
■「戻り率105%」は年換算だと0.1%老後のお金を貯めることを目的とした商品に、「個人年金保険」があります。[ 記事全文 ]
北朝鮮と戦争かICBM保有の黙認かを迫られた米国 JBpress5月29日(月)6時10分
北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が配信した、弾道ミサイル「北極星2」発射実験の様子を写した写真(2017年5月22日公開)〔AFPBB…[ 記事全文 ]
「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策 (39) "よい習慣"で老後破産を回避する マイナビニュース5月26日(金)8時0分
連載『「老後破産」を回避せよ!-アラサーから始めるマネー対策』では、FPの馬養雅子氏が、貧困により老後の生活が破綻する「老後破産」をどのよ…[ 記事全文 ]
ソニー完全復活宣言は本物か「利益よりヒット商品を」の声も NEWSポストセブン5月27日(土)7時0分
2012年3月期に過去最大となる4566億円の巨額赤字を計上し、瀕死の状態にまで追い込まれたソニー。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア