BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

飛行機を「鷹の目」で点検 ANAがドローン使った実証実験

J-CASTニュース2月17日(金)13時7分
画像:ドローンは10分間かけて自動飛行した(エアロセンス提供)
写真を拡大
ドローンは10分間かけて自動飛行した(エアロセンス提供)

無人飛行機(ドローン)の活用が航空業界にも広がってきた。全日空(ANA)は2017年2月14日、大阪・伊丹空港内の格納庫で、ドローンを使った整備の実証実験の様子を公開した。

ドローンという「鷹の目」の活用で整備の効率化が見込めるといい、今後は格納庫の外での実験などを通じて実用化に向けた検証を進める。




高所作業車より素早く点検できる




飛行機に雷が落ちると、機体に傷やへこみができる場合がある。これまでは、飛行中に落雷があった便は、目的地に到着してから高所作業車を近づけて屋根や翼にダメージがないか確認する必要があった。落雷に限らず、点検作業にドローンを活用することで、高所作業車よりも作業時間の短縮が期待できる。その分、点検作業が原因の便の遅れを減らすことにもつながる。



今回の実証実験は、ソニーと自動運転技術開発ベンチャー「ZMP」の合弁企業、「エアロセンス」とANAが共同で行った。ドローンは全高16.9メートルのボーイング787型機の屋根や翼の上を、秒速1メートルで約10分間かけて自動飛行した。今後は、安全性の検証や画像データの分析を進める。庄内空港(山形県)の空港ランプエリア内でも実験する。飛行機の点検や整備の方法は米ボーイング社などメーカーと調整する必要がある上、空港周辺でドローンを飛ばすには航空法上の様々な制約がある。こういった実験を通じて、実用化に向けたハードルをひとつずつクリアしていきたい考えだ。



ANAでは


「ドローンが社会に浸透するためのインフラ整備に関わることで、将来的な方向性を見極めながら、本格的な事業化を検討して行きたい」

と期待している。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ドローン」をもっと詳しく

注目ニュース
値上げのヤマト、佐川、日本郵便 お得な節約術とは NEWSポストセブン9月21日(木)7時0分
日本郵便が9月5日、ゆうパックの基本料金を来年3月から平均12%値上げすると発表した。[ 記事全文 ]
スズキ26万台リコール 時事通信9月21日(木)14時53分
スズキは21日、「アルト」など軽乗用車2車種のワイパーが動かなくなる恐れがあるとして、26万5008台のリコールを国土交通省に届け出た。[ 記事全文 ]
中国が突然「ガソリン車禁止」を打ち出した本当の狙い ダイヤモンドオンライン9月20日(水)6時0分
フランスやイギリスなど欧州主要国による将来的なガソリン車やディーゼル車の販売禁止宣言は、自動車業界では最もホットな話題となっている。[ 記事全文 ]
トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」 Forbes JAPAN9月20日(水)12時30分
かつて玩具業界の巨人と言われたトイザらスが9月18日、米連邦破産法11条の適用を申請して破綻した。[ 記事全文 ]
偶然から生まれた「高栄養もやし」は業界の窮状を変えるか ダイヤモンドオンライン9月21日(木)6時0分
青果の中でもっとも安く、節約食材の定番として食卓に並ぶ「もやし」。しかし、その安さがアダとなり、今年の3月にはもやし生産者協会が「もやし業…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア