BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

飛行機を「鷹の目」で点検 ANAがドローン使った実証実験

J-CASTニュース2月17日(金)13時7分
画像:ドローンは10分間かけて自動飛行した(エアロセンス提供)
写真を拡大
ドローンは10分間かけて自動飛行した(エアロセンス提供)

無人飛行機(ドローン)の活用が航空業界にも広がってきた。全日空(ANA)は2017年2月14日、大阪・伊丹空港内の格納庫で、ドローンを使った整備の実証実験の様子を公開した。

ドローンという「鷹の目」の活用で整備の効率化が見込めるといい、今後は格納庫の外での実験などを通じて実用化に向けた検証を進める。




高所作業車より素早く点検できる




飛行機に雷が落ちると、機体に傷やへこみができる場合がある。これまでは、飛行中に落雷があった便は、目的地に到着してから高所作業車を近づけて屋根や翼にダメージがないか確認する必要があった。落雷に限らず、点検作業にドローンを活用することで、高所作業車よりも作業時間の短縮が期待できる。その分、点検作業が原因の便の遅れを減らすことにもつながる。



今回の実証実験は、ソニーと自動運転技術開発ベンチャー「ZMP」の合弁企業、「エアロセンス」とANAが共同で行った。ドローンは全高16.9メートルのボーイング787型機の屋根や翼の上を、秒速1メートルで約10分間かけて自動飛行した。今後は、安全性の検証や画像データの分析を進める。庄内空港(山形県)の空港ランプエリア内でも実験する。飛行機の点検や整備の方法は米ボーイング社などメーカーと調整する必要がある上、空港周辺でドローンを飛ばすには航空法上の様々な制約がある。こういった実験を通じて、実用化に向けたハードルをひとつずつクリアしていきたい考えだ。



ANAでは


「ドローンが社会に浸透するためのインフラ整備に関わることで、将来的な方向性を見極めながら、本格的な事業化を検討して行きたい」

と期待している。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「飛行機を「鷹の目」で点検 ANAがドローン使った実証実験」の関連ニュース

注目ニュース
ヤマト「未払い残業代、支払います」 それでも社員に「失望感」のワケ J-CASTニュース3月24日(金)7時0分
宅配便最大手のヤマト運輸が2017年春闘で、宅配便の指定配達時間のうち、6月中をめどに「正午から午後2時」の時間帯をやめるほか、「午後8時…[ 記事全文 ]
「住民税」の額はどうやって決まる? - 税理士が解説 マイナビニュース3月24日(金)8時0分
今回は年間で納める所得税、住民税、そして社会保険料の額がどのように決められているのかを詳しく見ていきたいと思います。[ 記事全文 ]
ヤマト・佐川の現場は明らかに疲弊、消費者にも応分の負担を NEWSポストセブン3月23日(木)7時0分
アマゾンをはじめとしたネット通販の拡大によって、宅配市場は急成長を遂げたが、現場のドライバーたちにとっては、ただ負担が増すばかりだった。[ 記事全文 ]
東京ディズニーシーに新キャラクター「ステラ・ルー」が登場 財経新聞3月23日(木)22時23分
東京ディズニーシーでは、今春、ダッフィーの新しいお友達として、新キャラクター「ステラ・ルー」が登場する。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア