BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

夏目幸明の"スッキリする"カイシャの話 (3) なんで企業は「世のため人のため」的なことを言いだすのか

マイナビニュース2月17日(金)8時0分
画像:夏目幸明の"スッキリする"カイシャの話 (3) なんで企業は「世のため人のため」的なことを言いだすのか
写真を拡大
経済ジャーナリスト夏目幸明がおくる連載。巷で気になるあの商品、サービスなどの裏側には、企業のどんな事情があるのか。そんな「気になる」に応え、かつタメになる話をお届けしていきます。

CMを見ると、よく企業のスローガンも目にします。アサヒグループホールディングスは「その感動を、わかちあう。」同社はこの言葉を「コーポレートブランドステートメント」と定めているようです。パナソニックは、ブランドスローガンが「A Better Life, A Better World」で、キャンペーンワードが「Wonders! by Panasonic」。コスモ石油は「ココロも満タンに」と「ずっと地球で暮らそう。」と2つの言葉をスローガンにしています。

企業により呼び方は様々ですが、多くの企業は社外向けに「我々はこんなことを実現する会社ですよ!」と伝えるスローガンを持っているわけです。

また、社内向けのスローガンを目にすることもあります。こちらも「経営理念」「企業理念」など呼びかたは様々ですが、共通点をあげるなら……いずれも高邁です。

アサヒグループの経営理念は「最高の品質と心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求し、世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献します。」というもの。さらに「行動理念」も制定されています。アサヒグループの「企業行動指針」を一部引用すると、そこには「環境と安全への配慮」「公正で透明性のある企業倫理」など様々な項目があって、「独創的でスピーディーな企業行動」という項目の中には「時代の変化を先取りし、常に前向きで、スピーディーな企業行動に努めます。」と社員のあるべき姿が記されています。

なんか、きれい事にも思えます。まず、具体的じゃない。さらに言えば「それができたら苦労しないよ」とも感じます。

しかし、取材で様々な経営者に会うと、みんな口を揃え、企業理念やスローガンは大事、と言うのです。なんででしょう?

○社長さんたちはサッカーの監督に近い!?

簡単に言えば、経営理念は、国で言えば「憲法」にあたるものなのです。

経営はサッカーに近い、と言われます。野球であれば1球ごとに、次はバントだ、ヒットエンドランだ、と監督が選手に指示を出せますが、サッカーは監督が選手に「ここへパスを出せ」と指示を出せません。同様に、企業活動のほとんどの場面で、社員は経営幹部の指示を仰ぐのでなく、自分自身で「こうする」「これはやめる」と判断していくことになります。

だから「当社は何を目指す」と明確にわかっていなければ、現場は正確な判断ができません。サッカーに例えれば……同点で後半ロスタイムを迎え、フォワードは「勝ちを狙って攻める」と考え、ディフェンダーは「引き分けでいい、守る」と思っていたとします。これではチームが機能しません。ディフェンダーが引き分け狙いで時間稼ぎを始めたら、フォワードはさぞイライラするでしょう。

そして、企業の理念を社員に浸透させていくことこそが、経営者の腕の見せ所なのです。ではどうすれば、高邁な経営理念やスローガンを全社員に浸透させられるのでしょうか?

○西武、東急、サントリー スローガンの意味は?

例を挙げましょう。例えば西武鉄道は、社外に向け「でかける人を、ほほえむ人へ。」というスローガンを掲げています。でも、そう言えば部下も動くほど、組織は簡単なものではありません。経営陣は「スマイル&スマイル室」という部署を設立しました。この部署の社員には「西武線沿線をより多くのお客さまの笑顔で満たす」、その実現に向け「前例にとらわれることなく、斬新な仕掛けを考える」という使命が与えられました。

その後、実際に「スマイル&スマイル室」の社員は今までなかった企画列車を走らせようとします。例えば、電車の中で生ビールが飲め、どこに着くかはわからない「ミステリービアトレイン」。生ビールを電車の中で出すのは、保健所の指導に従う必要もあり、かなりハードルが高いのです。でも西武鉄道・若林久社長の答えは「安全を犠牲にしないなら、どんどんチャレンジしよう!」でした。

同時に若林社長は“乗客を笑顔にする試み”をした社員をとにかく誉めたと言います。例えば、社長がミステリービアトレインの盛り上がりを視察したときです。参加者が記念撮影しているところを駅員が見つけ、記念に制帽を貸してあげました。乗客は大喜び、社長はこの姿を見て「素晴らしい!」と誉めました。するとほかの社員も安心して「そうか、こういったサービスをすべきなのか!」と考えるようになり、次第に「でかける人を、ほほえむ人へ。」というスローガンが浸透していくわけです。

ちょっと高邁すぎて、意識が高いスローガン。でもよく練られているのです。例えばサントリーの「水と生きる」。あまり知られていませんが、同社は千利休も認めた山崎の水など、日本の名水を使う権利を持っていたりします。「うちは水からこだわっているのですよ」という矜持が見えてきます。

ほかには、東急グループの「美しい時代へ」。平成以降、世の中は物質的に豊かになり、人は「何がほしいか」でなく「どう生きるか」を考えるようになりました。価値観が多様化したのです。しかし誰もが「美しさ」は求め続けるはず。一方、東急グループは百貨店、不動産、スポーツジム、学童保育など様々な企業を持っています。そこで、これらグループ企業の活動を通し、皆が「美しさ」を追求する応援をしよう! といった意味が込められています。

就活のときや、ほかの企業を訪ねるとき、スローガンや企業理念の意味を調べていくと、先方に喜んでもらえるかもしれませんね。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「企業」「スッキリ」「スローガン」「経済」の関連トピックス

「夏目幸明の"スッキリする"カイシャの話 (3) なんで企業は「世のため人のため」的なことを言いだすのか」の関連ニュース

注目ニュース
優秀な社員が辞めてしまう本当の理由 Forbes JAPAN4月24日(月)7時30分
現職よりも良い仕事を見つけたら、波風を立てることなく今の職場を去りたいと思うものだ。[ 記事全文 ]
東芝、4事業の分社化決定 2万4千人が新会社に 共同通信 47NEWS4月24日(月)13時4分
経営再建中の東芝は24日、電力や社会インフラなど主要事業を四つの会社に分社化することを決めた。[ 記事全文 ]
妊産婦、今でも年50人前後が死亡  横ばい状態、なぜ減らないのか J-CASTニュース4月19日(水)12時7分
日本の妊産婦死亡率は、厚労省によると、世界的に非常に低いとされるが、それでも最近の6年余で298人が亡くなっている。[ 記事全文 ]
1位はあの街 日本を面白くする「イノベーティブシティ」ベスト10 Forbes JAPAN4月23日(日)12時10分
独創的なまちづくり、持続可能なビジネス─未来を見据え、革新的な挑戦を続ける都市はどこか。[ 記事全文 ]
スポーツ下着に本格参入 時事通信4月24日(月)16時52分
トリンプ・インターナショナル・ジャパンは24日、欧州で販売しているスポーツ下着ブランド「トライアクションバイトリンプ」のブラジャーを日本で…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア