BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

FPが解説!「投資信託」って何?

オリコン2月17日(金)9時50分
画像:証券会社や銀行など、多くの金融機関で購入できる「投資信託」について解説していく
写真を拡大
証券会社や銀行など、多くの金融機関で購入できる「投資信託」について解説していく
 資産運用を検討するにあたって、金融商品の基本的な仕組みをきちんと理解していることが重要である。そこで今回は、“預金以上に取り扱っている金融機関が多い商品”と言っても過言ではない「投資信託」についてまとめていきたい。

▼投資信託の歴史

 そもそも投資信託は、証券会社だけが販売していたものだが、1998年12月に銀行窓販が解禁されて以降、現在では銀行(ゆうちょ銀行やネット銀行などを含む)や信託銀行、信用金庫、信用組合、JA、保険会社など、幅広い金融機関等で販売されている。

 また、金融商品仲介業者として証券会社等に登録している税理士やFP(ファイナンシャルプランナー)も、収益源の一つとして投信販売を行っているため、投資信託の販売に関わる人は、ここ20年近くで飛躍的に増加したと言っていいだろう。

 さらに、法律が施行されてから15年が経過している確定拠出年金(DC)制度においても、運用商品のラインナップに投資信託が用意されているケースが一般的だ。いまや多くの人にとって、金融商品と言えば、個別の債券や個別の株式よりも、投資信託の方が身近な存在になってきていると言える。

▼投資信託の3つの特長

 投資信託とは、「複数の投資家から集められた資金を、専門家が管理・運用し、分散投資によって得られた収益を投資家に分配還元する金融商品」である。特長を分解して、ひとつずつ解説していこう。

(1)少額から投資できる
1人の投資家が出す金額は通常1万円程度からと、少額だったとしても、多くの投資家からお金を集めることで大きな金額にして、さまざまなものに投資できるような仕組みになっている。

(2)専門家による管理・運用が行われる
投資信託の運用会社である投資信託委託会社の運用担当者(ファンドマネージャー)が運用し、お金の管理は専門の信託銀行等が行う。投資信託のお金は、信託銀行等で分別管理されており、万が一、信託銀行等が破綻したとしても直接的な影響は受けない。

(3)分散投資が行われる
投資信託の運用は集中投資ではなく分散投資が基本であるため、投資信託の中に組み入れられている債券や株式の発行体(国や企業など)が破綻したとしても、幅広く分散投資が行われている分だけ、全体に与える影響は小さいといえる。

▼コスト負担を比較検討することが重要

 投資信託は、商品によって値動きの大きさがかなり違ってくるので注意が必要。過去20年程度の値動きの最大幅を見てみると、国内債券で年間5%程度、外国債券で年間10〜20%程度、国内株式と外国株式が年間40〜50%程度となっている。つまり、株式で運用している投資信託は、それだけ値動きは大きくなるし、国内債券で運用している投資信託は、それほどの値動きはしないことが想像できる。

 そのため、投資信託を選ぶ際には、コスト負担を比較検討することが重要である。投資信託は、「販売手数料」「運用管理費用(信託報酬)」「信託財産留保額」という3種類のコスト負担が発生するのが一般的。販売手数料や信託財産留保額が発生しないファンドもあるが、運用管理費用(信託報酬)は必ず発生するため、同じような運用が行われている場合は、安いものを選ぶべきだろう。日割り計算されて毎日差し引かれるコストなので、しっかりと比較することが大切だ。

 当然ながら、1つの金融機関の取り扱いファンドのみで検討するのではなく、ほかの金融機関なども比較しながら、コスト負担の割安なファンドを見つけるようにしたい。

<記事/菱田雅生(マイアドバイザー登録FP)>
早稲田大学法学部卒業後、大手証券会社を経て独立系FPに。資産運用や住宅ローンなどを中心テーマに、相談業務や原稿執筆、セミナー講師などに従事している(http://www.la-consul.com)。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「投資信託」「解説」「銀行」「資産運用」の関連トピックス

「FPが解説!「投資信託」って何?」の関連ニュース

注目ニュース
東芝「REGZA」販売好調のワケ 販売員に話を聞くと... J-CASTニュース2月19日(日)14時0分
経営再建に向けた道筋が不透明さを増し、事業継続が危ぶまれている東芝。そんな逆風の中、東芝の液晶テレビ「REGZA(レグザ)」シリーズの販売…[ 記事全文 ]
ポイント・マイルの貯めやすさで使うカードを決める—JCB 財経新聞2月18日(土)20時9分
JCBが発表した「クレジットカードに関する総合調査」の結果によると、クレジットカードの保有率は84.2%、平均保有枚数は3.2枚で、最も頻…[ 記事全文 ]
都心タクシー「ちょい乗り」増えた 結局、運行会社は儲かるのか J-CASTニュース2月19日(日)16時0分
短距離の「ちょい乗り」を増やすため、東京都心部(23区と武蔵野市、三鷹市)で2017年1月30日、タクシー初乗り運賃が従来の2キロ730円…[ 記事全文 ]
本マグロ規制の違反続々 「管理甘い」と国際的な批判招く恐れ J-CASTニュース2月18日(土)17時0分
絶滅が危惧される太平洋クロマグロ(本マグロ)を保護するための漁獲規制に違反する事例が、全国で相次いで発覚している。[ 記事全文 ]
ふるさと納税で「赤字4億円」…町田市長が批判 読売新聞2月18日(土)13時13分
東京都町田市の石阪丈一市長は17日、新年度予算案発表の記者会見で、ふるさと納税による住民税などの控除額から市への寄付額を差し引くと、新年度は約4億円の赤字になるとの見通しを示した。「制度的にひずみがあり、(国には)修正するかやめてしまうぐらいのことをやってほしい」と訴えた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア