BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

駒沢女子大学が栄養サポート分野で日テレ・ベレーザとの連携を強化〜「アスリート栄養サポートプロジェクト」始動

Digital PR Platform2月17日(金)8時5分
画像:駒沢女子大学が栄養サポート分野で日テレ・ベレーザとの連携を強化〜「アスリート栄養サポートプロジェクト」始動
駒沢女子大学(東京都稲城市/学長:光田督良)は、日テレ・ベレーザ(東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社/東京都稲城市/代表取締役社長:羽生英之)との栄養サポート分野における連携を強化。選手に対する栄養サポート活動をプロジェクト化した「アスリート栄養サポートプロジェクト」を開始する。
これは人間健康学部健康栄養学科の複数分野の研究室メンバーがその知見を結集し、選手個人のセルフコンディショニング能力向上を含むパフォーマンスアップにより、チーム力を向上させることを目的としたもの。管理栄養士課程である同学科の学生にとって、実践的かつ貴重な教育機会を創出する。詳細は下記の通り。


■本プロジェクトについて
 駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科は、同大と日テレ・ベレーザとの「パートナーシップ提携協定」のもと、平成22年より日テレ・ベレーザの下部組織である日テレ・メニーナの選手、保護者への栄養サポート活動を行ってきた。
 このたび、さらに連携を強化し、日テレ・ベレーザの選手も対象としたサポート活動を行っていく。本プロジェクトでは、複数分野の研究室の学科教員がスポーツ栄養学、スポーツ生理学等の知見を活かし、各研究室に所属する4年生で、卒業研究課題として取り組む学生やスポーツ栄養に興味のある学生たちが参画する。
 日本の女子サッカー界をけん引するトップアスリートである日テレ・ベレーザと、その下部組織のジュニアエリートである日テレ・メニーナの選手のパフォーマンスアップを目指した全体的なサポートはもちろん、ケガをしにくい食事の仕方等を含め、個別サポートを含んだ形式で進行していく予定。

■プロジェクトメンバー
 曽我部夏子 准教授[博士(学術)、管理栄養士]
 田邉解 准教授[博士(体育科学)]
 岡田昌己 助教[管理栄養士]
 各研究室の4年生を中心とした学生有志
 アドバイザー 西村一弘 教授[管理栄養士、東京都栄養士会会長]

■学生への教育効果
 同大とベレーザの提携関係を生かし、管理栄養士課程において通常の授業では難しい、日テレ・ベレーザ、メニーナの選手というトップアスリートのパフォーマンス改善に関わることで、貴重な学修機会を得ることができる。また選手との関わりを通して、管理栄養士として社会が求める実践力が身につき、栄養サポートの中で交わされる意思疎通やコミュニケーションは、社会人にふさわしい豊かな人間力を育む。

■今後の予定と取組内容
・平成29年 年3回程度
  メニーナ選手のコンディション評価
・平成29年2月〜1年間
  メニーナ選手及び保護者に対する栄養・コンディショニング情報の提供
・平成29年2月〜1年間
  メニーナ選手に対する個別栄養サポート
・平成29年2月〜1年間
  ベレーザ選手に対する栄養に関する情報の提供
・平成29年前半〜1年間
  ベレーザ選手に対する個別栄養サポート(予定)

■駒沢女子大学と日テレ・ベレーザのパートナーシップ提携協定について
 地元の小・中学生女子を対象としたサッカー教室や近隣でのホームゲーム開催などのスポーツ振興を通して、地域活性化や青少年少女の健全育成により一層貢献することを目指している。
 また、教育分野における連携においては、人間健康学部健康栄養学科によるベレーザの育成組織、日テレ・メニーナへの栄養指導の実施や人文学部の学生によるPRポスター制作など、双方が連携することにより、学生にとっての新たな実践の場を創りだす一方で、さまざまな側面から女性アスリートを取り巻く環境改善のための取り組みを行っている。

■日テレ・ベレーザについて
【チーム名】 日テレ・ベレーザ
【運営会社】 東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社
【創 部】 1981年
【所在地】 東京都稲城市矢野口4015-1
【代表者】 代表取締役社長 羽生英之
【紹 介】
 1981年、読売サッカークラブの女子チームとして創部。2000年より「日テレ・ベレーザ」に名称を変更。「ベレーザ」とはポルトガル語で「美人」を意味する。高校生から社会人まで21名が所属。日本代表候補、U-20日本代表候補などを多数擁し、ワールドカップやオリンピックなどの世界大会にも選手を輩出している。これまでの主な戦績は、リーグ優勝14回、準優勝8回、全日本女子選手権優勝11回、準優勝7回を数える。
 なお、ベレーザの下部組織である「メニーナ」には、現在中学1年生から高校3年生までが所属しており、ベレーザ昇格、全日本女子選手権出場を目標に日々練習に励んでいる。

(駒沢女子大学HP内関連ページ)
●日テレ・ベレーザと駒沢女子大学の取り組み紹介
 http://www.komajo.ac.jp/uni/news_beleza.html
●日テレ・メニーナの栄養調査・身体測定を実施しました。
http://www.komajo.ac.jp/uni/beleza/news/beleza_16015.html
●健康栄養学科で日テレ・メニーナ選手に栄養教室を実施しました。
http://www.komajo.ac.jp/uni/beleza/news/soccer_13015.html

(関連記事)
・駒沢女子大学が11月23日に「平成28年度第2回駒沢女子大学サッカー教室〜日テレ・ベレーザの選手とサッカーをしよう!」を開催 -- 中学生女子および小学校高学年女子の参加者を募集中(2016/10/18)
 http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=10274

・駒沢女子大学がなでしこリーグ1部「日テレ・ベレーザVS伊賀フットボールクラブくノ一」戦を『駒沢女子大学DAY』として開催(2016/04/18)
 http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=9431

▼本件に関するお問い合わせ先
 学校法人 駒澤学園 IR・広報部
 〒206-8511 東京都稲城市坂浜238番地
 TEL: 042-350-7212(直通)
 FAX: 042−331−1919
 E-mail: prkomajo@komajo.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/
Copyright(C)Digital PR Platform All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「駒沢女子大学が栄養サポート分野で日テレ・ベレーザとの連携を強化~「アスリート栄養サポートプロジェクト」始動」の関連ニュース

注目ニュース
ドンキホーテHD社長「私からの要望」でなく「相手の要望」に話を変える プレジデント社2月28日(火)9時15分
■「アマゾンと戦う」とぶち上げた理由「話し方」で私が心がけていることは「主語の転換」です。[ 記事全文 ]
電子マネー決済が年間5兆円に マイナビニュース2月28日(火)17時48分
日本銀行は2月28日、決済動向(2017年1月)を発表した。これによると、2016年の電子マネー決済件数は51億9,200万件(前年比11…[ 記事全文 ]
宅配便の顧客満足度 ヤマト、日本郵便、福山通運がTOP3 NEWSポストセブン2月27日(月)7時0分
ネット通販の隆盛が止まらない。そんな中、顧客満足度調査(2016年度サービス産業生産性協議会調べ)でトップとなったのは、「ヨドバシ.com…[ 記事全文 ]
大阪2行の合併検討=系列地銀統合で—三井住友・りそな 時事通信3月1日(水)0時31分
三井住友フィナンシャルグループとりそなホールディングスが、経営統合する関西の系列地銀3行のうち、大阪府を地盤とする関西アーバン銀行と近畿大…[ 記事全文 ]
火災倉庫の資産、121億円=業績影響は未確定—アスクル 時事通信2月28日(火)20時58分
オフィス用品通販大手アスクルは28日、今月中旬に発生した埼玉県三芳町の物流倉庫の火災について、火災前の資産額が121億4300万円だったと…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア