BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

メモリスロットを2本に絞ってメモリ特性を向上したオーバークロッカー向けのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を発表

PR TIMES2月17日(金)13時18分
画像:メモリスロットを2本に絞ってメモリ特性を向上したオーバークロッカー向けのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を発表
写真を拡大
画像:メモリスロットを2本に絞ってメモリ特性を向上したオーバークロッカー向けのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を発表
写真を拡大
画像:メモリスロットを2本に絞ってメモリ特性を向上したオーバークロッカー向けのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を発表
写真を拡大
画像:メモリスロットを2本に絞ってメモリ特性を向上したオーバークロッカー向けのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を発表
写真を拡大
画像:メモリスロットを2本に絞ってメモリ特性を向上したオーバークロッカー向けのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を発表
写真を拡大
画像:メモリスロットを2本に絞ってメモリ特性を向上したオーバークロッカー向けのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を発表
写真を拡大
 ASUSTeK Computer Inc.(略称ASUS)は2017年2月17日、Intel CorporationのIntel Z270 Chipsetを搭載するExtendedATXサイズのオーバークロッカー向けマザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。2017年2月24日より販売を開始する予定です。

○発表製品
製品名:ROG MAXIMUS IX APEX
対応CPU:Intel Core i7/i5/i3、Pentium、Celeronシリーズ
対応ソケット:LGA1151
チップセット:Intel Z270 Chipset
対応メモリ:DDR4-4266×2(最大32GB)
画面出力端子:DisplayPort 1.2×1、HDMI 1.4b×1
ストレージ機能:M.2×2、SATA 6Gb/s×6
USB機能:USB 3.1 Type-C×1、USB 3.1×1、USB 3.0×8、USB 2.0×6
ネットワーク機能:1000BASE-T×1
フォームファクター:ExtendedATX(305mm×272mm)
価格:オープン価格
予定発売日:2017年2月24日


○発表製品の主な特長
・オーバークロッカーの要望に応える特別仕様のROGマザーボード
 「ROG(Republic of Gamers)」シリーズは、ASUSの製品シリーズの中では最上位の製品シリーズであり、PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別に設計を行った製品シリーズです。本製品は、その中でもとくにオーバークロッカー向けに特化した製品となっており、特別な電源回路や特別なメモリスロットレイアウトを使用し、より高いクロックを狙えるようにしてあります。

・メモリスロットを2本に減らして対応クロックを向上
 通常のZ270マザーボードでは4本あるメモリスロットを2本に減らすことで配線を最適化し、配線間のノイズの影響を最小限に抑え、信号品質の向上を行いました。これにより、本製品では高クロック対応メモリを使用することでDDR4-4266での動作が可能となっています。

・メモリスロットを使用した革新的なM.2拡張カードでM.2スロットを提供
 本製品では、メモリスロットと同形状の独自スロットをマザーボード上に搭載しており、そこに独自のM.2拡張カードである「DIMM.2」を挿すことで、M.2ストレージを搭載できるようにしています。DIMM.2拡張カードの表側と裏側には、M.2スロットを1つずつ搭載しており、計2つのM.2ストレージを使用できます。M.2インターフェースは、DIMM.2の表側がPCI Express 3.0 x4およびSATA接続、裏側がPCI Express 3.0 x4接続です。DIMM.2も対応スロットもDDR4メモリと同形状なため、市販のメモリ用ファンを取り付けることができ、M.2ストレージに対して強力な冷却を行うことが可能となっています。

・3つの独自チップがCPU性能を引き出す
 本製品は3つのカスタムチップを搭載することで基本性能を向上しています。CPU電圧の制御やオーバークロック関連の処理を行う「TPU」(TurboV Processing Unit)に、電源回路の制御をはじめとした電力供給関連の処理を行う「EPU」(Energy Processing Unit)、CPUのクロックを生成する「PRO Clock」です。この3つのカスタムチップが、オーバークロックの制御、CPU電圧と電源回路の制御、安定したクロックの生成を連携して行うことで、CPUの性能を最大限に引き出すことが可能となっています。

・オーバークロック用デジタル電源回路の「Extreme Engine Digi+」
 電源回路にはROGシリーズ用に特別に設計を行った「Extreme Engine Digi+」を搭載しています。この電源回路は極冷などにも耐えられるように、部品レベルでほかのシリーズとは異なっており、過酷な環境でも正確な電力供給を行えます。MOSFETには一般的なMOSFETの半分のサイズで90%の優れた効率を実現した「NexFET Power Block」を使用し、チョークコイルには低損失で低発熱な「MicroFine Alloy Chokes」を使用。コンデンサには-75℃〜+125℃での動作に対応し、一般的なコンデンサの5倍の寿命を持つ「10K Black Metallic Capacitors」を使用しています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/17808/20/resize/d17808-20-805219-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/17808/20/resize/d17808-20-743392-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/17808/20/resize/d17808-20-261845-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/17808/20/resize/d17808-20-160883-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/17808/20/resize/d17808-20-330941-3.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/17808/20/resize/d17808-20-255089-5.jpg ]

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「MAX」をもっと詳しく

注目ニュース
トヨタ、初のEV量産を中国で…SUV販売へ 読売新聞7月23日(日)9時24分
トヨタ自動車が、2019年にも中国で電気自動車(EV)の量産を始めることを検討していることが分かった。中国で18年から強化予定の環境規制に対応するためで、トヨタにとって初のEV量産となる。[ 記事全文 ]
「夏の恵方巻き」は定着できるか コンビニ各社が熱をあげるのはナゼ J-CASTニュース7月23日(日)11時0分
2017年8月6日の「夏の節分」(立秋)に向け、大手コンビニ各社が「夏の恵方巻き」商戦に乗り出している。[ 記事全文 ]
生活保護で大学に通うのは、いけないことなのか? ダイヤモンドオンライン7月21日(金)6時0分
生活保護のもとでの大学進学は世帯分離という裏技で認められる厚労省は、大学等(以下、大学)に進学する生活保護世帯の子どもたちに一時金を給付す…[ 記事全文 ]
ランエボ復活か 三菱自、その前提は「V字回復」 J-CASTニュース7月23日(日)7時0分
三菱自動車の益子修CEO(最高経営責任者)が2017年6月23日に東京都内で開いた株主総会で、パジェロとランサーエボリューション(ランエボ…[ 記事全文 ]
デジタルサイネージの効果測定しませんか? PR TIMES7月21日(金)11時26分
コンテンツがどのくらい見られているのか、反応率と結果は?私たちクラスタは、コンテンツを評価により検討し運営していくサービスを始めました。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア