BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

<体感型の映画体験をもたらす4DX>2017年初頭公開作品

PR TIMES2月17日(金)17時19分
画像:<体感型の映画体験をもたらす4DX>2017年初頭公開作品
写真を拡大
画像:<体感型の映画体験をもたらす4DX>2017年初頭公開作品
写真を拡大
2016年4DX映画興行収入トップ5は、アクション・アドベンチャー、スーパーヒーロー、ファンタジー、SFジャンルの作品。
ますます加速する4DXが2017年作品ラインナップを発表。

[画像1: https://prtimes.jp/i/23468/4/resize/d23468-4-912321-0.jpg ]

世界有数の4DシネマカンパニーCJ 4DPLEX社は、世界の映画を「観賞」型から「体験」型へと変化させ、映画ファン、なかでも大作映画のファン層を家のソファーからシネマ・コンプレックスへ呼び戻すことに成功しました。

昨年、4DXは世界トップクラスの大作とともに素晴らしい結果を収め、その特殊効果を向上させました。動く座席、そして風、雨、光、雪、香りといった効果は、センセーショナルな流行を引き起こしまし、映画ファンはただ映画を観るだけではなく、まるで映画の中に入り込んだような感覚を味わったのです。

世界中のメジャースタジオと綿密に協議した結果、CJ 4DPLEX社は今後、世界各地で公開される素晴らしい4DXラインナップを発表します。そのなかには世界中で大ヒットが見込まれる作品も含まれています。2017年初頭に世界各地で公開が予定されている作品は以下の通りです。

ワーナー・ブラザース
『レゴバットマン ザ・ムービー』
『キングコング:髑髏島の巨神』

ライオンズゲート
『ジョン・ウィック:チャプター2(原題)』

パラマウント
『トリプルX:再起動』
『モンスター・トラック』

ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
『美女と野獣』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』


20世紀フォックス
『ローガン』
『ザ・ボス・ベイビー(原題)』
『猿の惑星』シリーズ最新作『War for the Planet of the Apes(原題)』

※日本国内で4DX版が公開されない作品も含まれています。

2016年の1年間で、100タイトル以上が4DX版として公開されました。これは、2015年の公開作品72本に比べ、約30%増加したことになります。アクション・アドベンチャー、スーパーヒーロー、ファンタジー、SFといった様々なジャンルの大ヒット作が続き、2017年も上記の作品とともに、この流れを拡大していく計画です。

例えば『バイオハザード:ザ・ファイナル』は、世界に先駆けて日本で2016年冬に封切られました。公開初週の週末、4DX版の平均観客動員率は75%を記録。その後世界中で公開されましたが、4DX版の動員は各地で好記録を重ねました。また『ローガン』は、ヒュー・ジャックマン主演の『ウルヴァリン』シリーズの第3作目にして最後の作品です。2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は、12カ国で4DX版が上映されました。作品は多くの映画ファンから熱狂的に支持され、特にブラジルでは公開後初の週末に92%という高い動員率を達成しました。

2017年の4DXラインナップには、ハリウッドの大作だけでなく、それ以外の小規模作品も含まれています。これまでは、4DX作品のほとんどがハリウッドの大作映画でした。一方でCJ 4DPLEX社は、ラインナップに広がりを持たせるため、各国内の映画制作会社やスタジオとの連携も進めてきました。その結果、日本のアニメ作品には今後大きな期待を寄せています。
CJ 4DPLEX社の最高経営責任者、チェ ビョンファン(Byung-Hwan Choi)は、次のように述べています。「2017年に公開予定の、刺激的なアクション映画の数々。それらを含めたラインナップを紹介できることに胸を躍らせています。今後もハリウッドスタジオと親密な関係を維持していき、大ヒット作の4DX版を継続して製作してきます。4DXはより創造性に富んだものへと変化しました。パートナーであるスタジオは、4DXが観客に対して持つ力強い魅力に、未来への可能性を感じておられます。4DX作品の数は増加してきています。これは、これまでにない映画への没入体験を求める映画ファンにとって、4DXが選択肢の主流の一つを占めることを意味しているでしょう。」

2016年 世界の4DX興行収入トップ作品

2016年、世界で最も興行収入が高かった4DX作品トップ5は、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、『ドクター・ストレンジ』、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『スーサイド・スクワッド』です。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』:
アメリカ、トルコ、スイス、南アフリカ、ルーマニアで、公開後初の週末に90%を超える動員率を記録しました。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』:
37カ国で、公開後初の週末に70%を超える動員率を誇りました。

『ドクター・ストレンジ』:
封切り週の週末にセンセーションを巻き起こし、カナダでは4DX版のチケットが完売となりました。

その他、4DX作品で興行収入トップ20に入った、これらのジャンルの作品としては、『スター・トレック BEYOND』、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』、『デッドプール』、『X-MEN:アポカリプス』が名を連ねました。

CJ 4DPLEX社について:

[画像2: https://prtimes.jp/i/23468/4/resize/d23468-4-512328-1.jpg ]

CJ4DPLEX社は世界有数の4Dシネマカンパニーです。ソウルに本部があり、ロサンゼルスと北京に国際支部を置いています。4Dシネマで初めての技術である4DXを開発し、観客に五感を使った体験型の映画鑑賞を提供しています。振動、水、風、雪、光、香りなど20種類の特殊効果とシンクロしながら、動く座席を備えています。
4DX化する作品はハリウッドの大作に限らず、小規模作品とも協力関係を結び、熟練した編集者によるチームが4DXによる演出を手掛けています。音響と映像の効果を最大限に利用し、映画に没頭できる環境を作り上げるのです。2009年以来、400本以上のハリウッド作品が4DXで上映されました。2017年2月時点で、4DXは44カ国、360のシアターで、44,000以上の座席を所有することとなりました。CJ 4DPLEX社の詳細については、以下のURLを参考にしてください。

www.cj4dplex.com

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「映画」「興行収入」「スーパー」「ヒーロー」の関連トピックス

「映画」をもっと詳しく

映画に関するまとめ
注目ニュース
"印象操作がお気に入り"安倍政権の異様さ プレジデント社7月27日(木)9時15分
7月24日と25日、安倍晋三首相や関係閣僚が、加計学園の獣医学部新設問題や陸上自衛隊の“日報廃棄”をめぐる稲田朋美防衛相の発言などについて…[ 記事全文 ]
韓国のサムスン電子、最高益に 4〜6月期、半導体けん引 共同通信 47NEWS7月27日(木)12時2分
【ソウル共同】韓国の電機大手、サムスン電子が27日発表した2017年4〜6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比で73%増…[ 記事全文 ]
高卒と専門卒「年収」はどちらが高いのか プレジデント社7月27日(木)9時15分
「有名大学でなければ、大学に進んでも意味がない」「いまは学歴より『手に職』が重要だ」。よくそういわれるが、いずれの認識も間違っている。[ 記事全文 ]
「訪日客は迷惑」京都を悩ます"観光公害" プレジデント社7月26日(水)9時15分
観光客が大挙して押し寄せ、地域でトラブルを起こす「観光公害」が増えている。京都では27年続いていた夜桜イベントが中止に追い込まれた。[ 記事全文 ]
安倍首相や蓮舫議員の受け答えから考える。リーダーが持つべき「受ける力」とは All About7月26日(水)20時15分
「受ける力」はリーダーとしての重要な資質のひとつ内閣支持率急降下の一因である加計学園を巡る疑惑解明等に関連して、国会は閉会中審査を開催し、…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア