BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の作品群で辿るーーー『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』刊行!

PR TIMES2月17日(金)18時24分
画像:デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の作品群で辿るーーー『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』刊行!
写真を拡大
画像:デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の作品群で辿るーーー『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』刊行!
写真を拡大
画像:デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の作品群で辿るーーー『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』刊行!
写真を拡大
画像:デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の作品群で辿るーーー『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』刊行!
写真を拡大
画像:デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の作品群で辿るーーー『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』刊行!
写真を拡大
画像:デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の作品群で辿るーーー『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』刊行!
写真を拡大
株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2017年2月7日(火)に、『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』を刊行いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/230/resize/d12109-230-728943-0.jpg ]

 黎明期の実験、CGの発展、マルチメディアの熱狂、ネットの普及、そしてシンギュラリティの未来……デザインとテクノロジーの来し方・行く末を一望し、イノベーション幻想を超えた本質へ。
 デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の最前線で生み出された作品群で辿った企画展を凝縮し、独自の論考や資料を加えた決定的な一冊。

 デザインはデジタルテクノロジーの革新とともに拡張と発展を続けてきた。近い未来には人工知能の発達が人間社会に大幅に変化をもたらし、デザインのありかたも根本的に変容するとまで予想されている。そのようなセンセーショナルなヴィジョンを前に今後のデザインを見通すためには、デジタルメディアとデザインの本質的関係をつかむ必要がある。本書ではグラフィックデザインの領域を主軸に、デジタル黎明期から現在にいたるまで、コンピュータを「環境」や「素材」として制作されたパイオニア的なプロジェクトを関係者の貴重な証言や資料とともにドキュメント。さらに気鋭の批評家・山本貴光による特別寄稿も収録し、人間とテクノロジーをつなぐデザインのあり方について考える材料を提供する。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12109/230/resize/d12109-230-621416-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/12109/230/resize/d12109-230-790661-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12109/230/resize/d12109-230-798782-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/12109/230/resize/d12109-230-757300-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/12109/230/resize/d12109-230-852189-5.jpg ]


【書籍概要】
書 名:『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』
編 集:JAGDAインターネット委員会
監 修:永原康史
デザイン:加藤賢策、北岡誠吾(LABORATORIES)
判 型:200 x 125mm
仕 様:並製,272ページ(口絵4色、本文1色)
定 価:本体1,800円+税
ISBN 978-4-416-51784-0

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店:http://bit.ly/2kF562V
楽天ブックス:http://bit.ly/2kQeUYV
ヨドバシ.com:http://bit.ly/2loQVmZ
Amazon:http://amzn.to/2kZw88R

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「デジタルメディアとグラフィックデザインの関係を各時代の作品群で辿るーーー『デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来』刊行!」の関連ニュース

注目ニュース
タワーマンション 東京五輪後にやってくるスラム化の恐怖 NEWSポストセブン3月29日(水)7時0分
世の中で初めてタワーマンションが分譲されたのは、住友不動産が1976年(昭和51年)に埼玉県与野市で建設・分譲した与野ハウスといわれている。[ 記事全文 ]
2020年東京オリンピック追加種目「ボルダリング」が体験できる、ボルダリングコーナー北陸地方初導入!アウトドアとライフスタイルのコンセプトショップ PR TIMES3月23日(木)15時44分
2017年3月24日(金)「スポーツオーソリティ新小松店」グランドオープン!大型スポーツ専門店「スポーツオーソリティ」、スポーツ×ファッシ…[ 記事全文 ]
東芝の米原発子会社「WH」、破産法適用申請を正式決定 TBS3月29日(水)12時8分
深刻な経営難に陥っている東芝は取締役会を開き、アメリカの原発子会社「ウエスチングハウス」が日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を…[ 記事全文 ]
破綻の旅行会社てるみくらぶ、明らかになる放漫経営の実態 財経新聞3月29日(水)12時0分
旅行中の利用者を多数残したまま27日に破産手続きを開始したてるみくらぶについて、東京商工リサーチがその資産内容を発表した。[ 記事全文 ]
てるみくらぶ「弁済率1%」の異例 過去には100%、70%、40%... J-CASTニュース3月29日(水)11時55分
格安の海外ツアーを主催する旅行会社の「てるみくらぶ」(東京)が2017年3月27日、東京地裁に破産を申請し、旅行客らに波紋が広がっている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア