BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

SBI生命の新契約システムを構築

PR TIMES2月17日(金)11時39分
画像:SBI生命の新契約システムを構築
写真を拡大
〜わかりやすいUIにより申込完結率と顧客満足度の向上を支援/独自開発のルールエンジンにより優れたメンテナンス性と業務プロセスの自動化を実現〜

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)は、SBI生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:飯沼邦彦、以下:SBI生命)の新契約システムを構築しました。本システムは、医療保険・定期保険の新規契約における見積・申込受付・査定などの一連の業務を支援するものです。約7ヶ月という短期間での導入を経て2016年2月に稼働を開始し、現在安定して稼働しています。

■新契約システムの構築背景
SBI生命は、2015年2月にSBIグループの一員となり、2016年2月から、時代のニーズに応える在宅医療を保障する医療保険や定期保険を販売しています。SBI生命では、保険商品の販売開始に伴い、販売チャネルと業務プロセスの構築に着手すると共に、業務の中核を担う新契約システムの導入を決定しました。そして、豊富な金融ノウハウと高度な技術力に定評のあるシンプレクスが事業パートナーとして選定されました。

■導入効果
1.シンプレクス・ライブラリの活用により約7ヶ月での短期間導入を実現
本案件では、SBI生命が保険商品の販売を開始するにあたり、保険代理店による販売とネット完結型の申込に対応したほか、業務プロセスの設計からシステム構築までを広範に支援しました。豊富な稼動実績を誇る自社保有のコンポーネント群(シンプレクス・ライブラリ)を活用することで、プロジェクト開始から約7ヶ月での短期間導入を実現しました。

2.わかりやすいUIにより申込完結率と顧客満足度の向上を支援
本システムでは、顧客毎のおすすめ保険プランのリアルタイム比較や、直感的な入力操作をサポートするEFO(エントリーフォーム最適化)などの各種機能を搭載しています。わかりやすいUI(ユーザーインターフェイス)により、新契約における申込完結率と顧客満足度の向上を支援しています。

3.独自開発のルールエンジンにより優れたメンテナンス性と業務プロセスの自動化を実現
保険会社の新契約業務では、法令改正や商品改定などに起因する業務ルールの変更に対して、迅速かつ柔軟に対応することが求められます。本システムでは、メンテナンス性に優れたシンプレクス独自開発のルールエンジン*1を導入することで、業務担当者によるExcelベースでの業務ルールの編集を可能にしました。加えて、事務規定チェックや内規チェックを自動化することで、査定業務の効率化・迅速化を実現しました。

■保険ソリューション分野におけるシンプレクスの取り組み
少子高齢化による市場収縮や保険商品の多様化などを背景に、保険業界では迅速な商品開発とコンプライアンスの強化が求められています。シンプレクスは、2013年より当該分野に参入し、大手生命保険会社やネット専業生命保険会社、外資系生命保険会社に向けて、商品設計から営業支援、契約管理に至る広範なソリューションを提供しています。今後もシンプレクスは、豊富な金融ノウハウと高度な技術力を駆使することで、保険会社のビジネス拡大に貢献するシステム構築支援を強化してまいります

■補足説明
*1 ルールエンジンとは、あらかじめ設定した業務ルール(ビジネスルール)に基づいて業務を自動化する専用エンジンです。

■本件に関する金融機関からのお問い合わせ
シンプレクス株式会社 セールスグループ 古川
TEL: 03-3539-7376 お問い合わせフォーム:https://www.simplex.ne.jp/contact/

■本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
シンプレクス株式会社 広報 平田
TEL: 03-3539-7370 お問い合わせフォーム:https://www.simplex.ne.jp/contact/

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「契約」をもっと詳しく

注目ニュース
晩婚晩産家計苦しめる年50万「ママ友費」 プレジデント社6月25日(日)11時15分
夫の小遣いは月1万5000円でおつりがくる。一方、専業主婦の妻関連の出費は“青天井”。[ 記事全文 ]
政府の準天頂衛星が導く未来 期待広がる新ビジネスとは J-CASTニュース6月25日(日)16時0分
日本版GPS(全地球測位システム)のへの期待が膨らんでいる。政府の準天頂衛星「みちびき」2号機の打ち上げが2017年6月1日に成功、同年中…[ 記事全文 ]
タカタ、再生法申請=欠陥エアバッグで、負債1.7兆円—製造業最大の破綻 時事通信6月26日(月)13時14分
欠陥エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題で業績が悪化していたタカタは26日午前、民事再生法の適用を東京地裁に申請、受理された。[ 記事全文 ]
東証、タカタ株の上場廃止を決定…7月27日付 読売新聞6月26日(月)10時27分
東京証券取引所は26日、民事再生法の適用を申請したタカタの株式を同日付で投資家に注意を知らせる「整理銘柄」に指定し、7月27日付で上場廃止にすると発表した。タカタ株は今日26日は売買停止の措置となり、27日から7月26日までは売買できる。前週末23日の終値は160円だった。 [ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア