待機ゼロ・送迎なし・手ぶらで人気の「キッズライン保育園」 入園相談窓口を開設!【お祝い金1万円プレゼントキャンペーン実施中】

2月17日(金)9時15分 PR TIMES

「保育園落ちた日本死ね!」から約1年。未だなくならない待機児童問題。そんな中、待機のままキャリアを失うより、ベビーシッターに預けて社会復帰する人が増えています。この流れをうけ、1時間1000円〜のベビーシッターマッチングサービスを提供する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長: 経沢香保子)は、ベビーシッター保育の活用アドバイスや個々のニーズに合わせたシッター提案などを行う「キッズライン保育園 入園相談窓口」を開設。開設記念として利用者に1万円のプレゼントキャンペーンをスタートしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11508/35/resize/d11508-35-538086-2.jpg ]


■1 キッズライン保育園とは
「キッズライン保育園」とは、キッズラインに登録する保育士などの資格を持つベビーシッター700名の中から、先生(シッター)を自分で選ぶことができ、自宅を保育場所とする便利で安全なサービスです。保育内容も個別にオーダーでき、入園時期はお子様の生まれ月に関係なく「預けたい」時にいつでも、誰でも入園することが可能です。

■2 キッズライン保育園と従来の保育園の違い

[画像2: https://prtimes.jp/i/11508/35/resize/d11508-35-913270-0.jpg ]

ベビーシッターが自宅に来る保育のため、送迎や準備の必要がなく、病児にも対応しやすくなっています。また保育士や幼稚園教諭、看護師などから好きなシッターを選ぶことができるため、ニーズに合わせて安心して預けることが可能です。さらに、家事や料理も依頼可能な場合があるため、母親の強力なサポーターとして人気です。なお、万が一のお怪我や物損について最大5億円の保険にも加入しています。
(※)病児対応や家事・料理対応は、サポーターによって異なる場合があります。

■3 キッズライン保育園の料金について
ベビーシッターに長時間預けるのは一般的には高いイメージがありますが、キッズラインは時給1000円〜シッターを選んで依頼ができます。ニーズに合わせて、必要な時間だけ依頼することができるので、ご予算に合わせて利用が可能です。

(利用例)

[画像3: https://prtimes.jp/i/11508/35/resize/d11508-35-994076-1.jpg ]

さらに、キッズラインは「ベネフィット・ステーション」「えらべる倶楽部」「リロクラブ・福利厚生倶楽部」「WELBOX」などの福利厚生サービスにも加盟し、25社を超える法人に福利厚生導入をしていただいているため、1ヶ月あたり約1万円〜最大で全額の補助金が支給される場合があります。また調布市や渋谷区、千代田区などの自治体も利用条件があるもののベビーシッター助成制度があるため、上手に活用すればさらに保育費用を抑えることが可能です。

■4 キッズライン保育園の先生について
キッズライン保育園は資格保有者も含め700名のシッターから条件やニーズにあった好きな保育者を自ら選べるのが特長です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/11508/35/resize/d11508-35-744581-3.jpg ]


今回は、待機児童になってお困りのママとお子様をサポートしたい!という意欲的で個性豊かなベビーシッターを特集ページにてご紹介していますので、以下ぜひご覧ください。
https://kidsline.me/magazine/article/75

◼︎キッズライン保育園 入園相談窓口について
ベビーシッター保育について詳しく知りたい方や、キッズライン保育園の入園を検討したい方は、以下のフォームにご記入いただければ、後ほど受付順に入園担当者からご連絡させていただきます。
《入園相談窓口について》
https://kidsline.me/curations/kidsline_nursery

◼︎キッズライン保育園 体験者の声などの特設ページのご案内
以下の特設ページでは、実際に待機児童になってしまい、ベビーシッター復職をした先輩ママのインタビューや、利用料金を抑えるポイント、入園お祝い金1万円キャンペーンなどを詳しくまとめていますので、ご興味のある方はあわせてご覧ください。
《キッズライン保育園 特設ページ》
https://kidsline.me/magazine/article/75

<関連キャンペーン>
保育園に落ちた方の「不承諾通知」を1万円分で買い取ります!【保活ママ救済キャンペーン】
https://kidsline.me/curations/noncompliance

<報道関係者の皆様へ、取材のお願い>
私たちキッズラインは「日本にベビーシッター文化」を掲げ、「すべての女性が母になっても自分らしく輝ける社会の実現」を目指し活動しています。特に待機児童問題の解決は急務と考え、ベビーシッター保育園の開設をいたしました。一人でも多く困っているご家庭にこの解決策が届きますように、ぜひ本件の取材にご協力頂ければと思います。

■KIDSLINE(キッズライン)とは https://kidsline.me/
「キッズライン」は1時間1,000 円〜即日手配も可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOSアプリでも利用可能)です。現在700名ほどの保育士や幼稚園教諭、東大生などの、弊社で面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加、リピート率も約80%となっています。数多くのマスコミなどにも取り上げられ、最近では自治体や法人にも導入され、小池塾の託児運営も任されるなど利用の裾野を広げています。

■会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL: https://kidsline.me/

■当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム:https://kidsline.me/corp/coverage

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

キャンペーンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ