BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

卓球男子日本代表 村松雄斗選手モデル守備と攻撃の両立を可能にするラケット新発売

PR TIMES2月17日(金)14時31分
画像:卓球男子日本代表 村松雄斗選手モデル守備と攻撃の両立を可能にするラケット新発売
写真を拡大
画像:卓球男子日本代表 村松雄斗選手モデル守備と攻撃の両立を可能にするラケット新発売
写真を拡大
画像:卓球男子日本代表 村松雄斗選手モデル守備と攻撃の両立を可能にするラケット新発売
写真を拡大
画像:卓球男子日本代表 村松雄斗選手モデル守備と攻撃の両立を可能にするラケット新発売
写真を拡大
画像:卓球男子日本代表 村松雄斗選手モデル守備と攻撃の両立を可能にするラケット新発売
写真を拡大
画像:卓球男子日本代表 村松雄斗選手モデル守備と攻撃の両立を可能にするラケット新発売
写真を拡大
2017年2月下旬より全国のVICTAS製品取扱店にて順次発売開始

ヤマト卓球株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:松下浩二)は、卓球男子日本代表の村松雄斗(むらまつ ゆうと)選手モデル卓球ラケットを2017年2月下旬より、全国のVICTAS製品取扱店にて発売いたします。

現在ドイツのブンデスリーグで活躍する村松雄斗選手の、さらなるパワーアップのために開発されたのが『Yuto Muramatsu』ラケットです。
安定感のある両ハンドカットに加え、力強い攻撃を併せ持つ村松選手は、5月下旬から始まる2017世界卓球選手権デュッセルドルフ大会(個人戦)にも日本代表選手として出場する予定です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17932/6/resize/d17932-6-706425-0.jpg ]

≪商品特徴≫
村松雄斗選手の持ち味である、守備のコントロールを重視しながら、一打必殺の攻撃力を高めた『Yuto Muramatsu』ラケット。表面にホワイトマホガニ材を使うことによって、守備と攻撃の両立を可能にしました。
「明日の勝利を目指し」世界で戦う村松選手の活躍を支えていきます。

≪商品概要≫

[画像2: https://prtimes.jp/i/17932/6/resize/d17932-6-808460-1.jpg ]



■ヤマト卓球株式会について
1931年にセルロイドボール製造から始まり、84年以降は卓球用品の総合メーカー(TSPブランド)として展開。
2011年、高品質でプロ仕様をコンセプトにした新ブランド「VICTAS」を立ち上げ、明日の勝利へ選手を導く高級ブランドとして、高品質・高仕様を目指した製品開発をしている。
2017年4月より、公益財団法人 日本卓球協会とオフィシャルサプライヤー契約を締結し、『VICTAS』が公式ウェアに決定。2017年5月より始まる世界卓球2017の日本代表選手には、当社がスポンサー契約を結ぶ丹羽孝希選手、村松雄斗選手、前田美優選手の3名が出場予定。


■村松雄斗(むらまつ ゆうと)選手のプロフィール

[画像3: https://prtimes.jp/i/17932/6/resize/d17932-6-511541-2.jpg ]

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「卓球男子日本代表 村松雄斗選手モデル守備と攻撃の両立を可能にするラケット新発売」の関連ニュース

注目ニュース
都心タクシー「ちょい乗り」増えた 結局、運行会社は儲かるのか J-CASTニュース2月19日(日)16時0分
短距離の「ちょい乗り」を増やすため、東京都心部(23区と武蔵野市、三鷹市)で2017年1月30日、タクシー初乗り運賃が従来の2キロ730円…[ 記事全文 ]
ポイント・マイルの貯めやすさで使うカードを決める—JCB 財経新聞2月18日(土)20時9分
JCBが発表した「クレジットカードに関する総合調査」の結果によると、クレジットカードの保有率は84.2%、平均保有枚数は3.2枚で、最も頻…[ 記事全文 ]
東芝「REGZA」販売好調のワケ 販売員に話を聞くと... J-CASTニュース2月19日(日)14時0分
経営再建に向けた道筋が不透明さを増し、事業継続が危ぶまれている東芝。そんな逆風の中、東芝の液晶テレビ「REGZA(レグザ)」シリーズの販売…[ 記事全文 ]
本マグロ規制の違反続々 「管理甘い」と国際的な批判招く恐れ J-CASTニュース2月18日(土)17時0分
絶滅が危惧される太平洋クロマグロ(本マグロ)を保護するための漁獲規制に違反する事例が、全国で相次いで発覚している。[ 記事全文 ]
ふるさと納税で「赤字4億円」…町田市長が批判 読売新聞2月18日(土)13時13分
東京都町田市の石阪丈一市長は17日、新年度予算案発表の記者会見で、ふるさと納税による住民税などの控除額から市への寄付額を差し引くと、新年度は約4億円の赤字になるとの見通しを示した。「制度的にひずみがあり、(国には)修正するかやめてしまうぐらいのことをやってほしい」と訴えた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア