BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

ファーウェイとドイツポストDHL、IoT 分野で提携し、市場規模1.9 兆米ドルのコネクテッド・ロジスティクス市場に注力

PR TIMES2月17日(金)11時39分
画像:ファーウェイとドイツポストDHL、IoT 分野で提携し、市場規模1.9 兆米ドルのコネクテッド・ロジスティクス市場に注力
写真を拡大
ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は2月14日、国際物流・郵便大手のドイツポストDHLサプライチェーンと、産業グレードのIoTデバイスとインフラストラクチャを活用した広範なサプライチェーン・ソリューションを展開することに合意したことを発表しました。

IoTは世界の物流業界において、2025年までに最大1.9兆米ドル(約217兆円※1)の経済価値を生み出す可能性を秘めており※2、物流各社はネットワークに接続された安価なセンサーやデバイスを活用することで、サプライチェーン・プロセスをより最適な形で監視および最適化することが可能になります。ファーウェイとDHLは今回の合意を受けて、移動体通信をベースとしたIoT技術に焦点を当てて共同イノベーション・プロジェクトを進め、最小限の消費電力で遠隔地にある大量のデバイスとの通信を実現していきます。接続性が向上することにより、倉庫業務、貨物輸送、ラスト・ワンマイルの配送における重要なデータの提供や可視化が可能となり、より統合された物流バリュー・チェーンを実現できる見込みです。

DHLサプライチェーンの最高執行責任者兼最高情報責任者であるマルクス・フォス(Markus Voss)氏は次のように述べています。 「コネクテッド・ロジスティクス・ソリューションへの支出額は、2020年に現在の2倍以上になると期待されており※3、DHLをはじめとした多くの物流企業がすでに自社のサプライ・チェーンにおいて、高度な資産追跡から自動運転車による配送などあらゆる面でのIoT活用を模索し始めています。今回の合意を通じて、世界有数のIoTデバイスとネットワーク、さらにはエンドー・ツー・エンドのサプライチェーン管理における知見を融合することで、ファーウェイとDHLの両社はオペレーションやビジネスにおける複雑な課題に対処することができるようになるでしょう」

ファーウェイは今回の合意を踏まえ、DHLがファーウェイのIoTデバイスと、通信に関する専門知識を備えた人材、ネットワーク・インフラストラクチャを活用できるようにするとともに、より高度なセンシングや自動化機能を倉庫業務、貨物輸送、ラストワンマイルの配送サービスに導入するための継続的な取り組みを進めていきます。また両社は欧州と中国での商用パイロット・プロジェクトなどを通じて、こうしたイノベーションの成果の商用化と販売に向けた取り組みでも協力していきます。

ファーウェイ法人向けICTソリューション・グループ プレジデント兼ファーウェイ・ジャパン代表取締役会長である閻力大(エン・リダ)は、次のように述べています。 「ファーウェイは、クラウド-パイプ-デバイスにまたがる強みを活かし、オープン性、柔軟性、弾力性、安全性を備えた基盤を構築し、顧客企業が実際のサービス・シナリオに応じて容易にアプリケーションを統合・開発できるように支援しています。今回の提携は、グローバル・サプライチェーンにおける効率性、安全性、顧客サービスをこれまでには不可能だった方法で向上する機会をもたらすとともに、重要なイノベーションが期待される今後数年でIoTが物流業界の将来をどう再定義するかを決定づけるものとなるでしょう」

[画像: https://prtimes.jp/i/7389/176/resize/d7389-176-179709-0.jpg ]


ファーウェイはデバイスとセンサーをどこからでも接続できるネットワークと、IoT空間におけるビッグデータの処理を最適化するクラウド・コンピューティング・インフラストラクチャの提供に注力しています。現在、DHLのほか、通信や製造業界をリードする企業との協業を通じて、IoTがもたらす市場トレンドやビジネス・チャンスへの対応を進めています。


※1 1米ドル= 114.25円で換算(2017年2月14日現在)
※2 http://www.dhl.com/content/dam/Local_Images/g0/New_aboutus/innovation/DHLTrendReport_Internet_of_things.pdf
※3 http://www.businessinsider.com/internet-of-things-logistics-supply-chain-management-2016-10?IR=T&r=US&IR=T


※本参考資料は2017年2月14日(現地時間)に中国・深圳で発表されたプレスリリースの翻訳版です。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「市場」「ファーウェイ」「ドイツ」「ポスト」の関連トピックス

「ファーウェイとドイツポストDHL、IoT 分野で提携し、市場規模1.9 兆米ドルのコネクテッド・ロジスティクス市場に注力」の関連ニュース

注目ニュース
ペットの葬送に関する商品やサービスあれこれ 旅立ちの1着や骨つぼ、飼い主と入るお墓など MONEYzine2月26日(日)14時0分
人の人生のフィナーレでは葬儀を行うが、最近はペットの”葬送”に関する商品やサービスが続々と生まれている。[ 記事全文 ]
JALとANA、マイルを貯めるならどっちがお得? マイナビニュース2月25日(土)11時30分
日本を代表する航空会社である日本航空(JAL)と全日空(ANA)。それぞれが独自のマイレージ制度を持っているのはご存知ですよね。[ 記事全文 ]
月100時間残業「あり得ない」…連合会長 読売新聞2月25日(土)19時58分
連合の神津里季生(りきお)会長は25日、熊本市内で記者会見し、政府が進める時間外労働(残業)規制について、「月100時間残業が当たり前に語られることはあり得ない」と述べ、繁忙期の月上限を100時間とする案に反対する意向を改めて示した。[ 記事全文 ]
東電が公募社債を発行できるカラクリ 実質「破綻」企業がなぜ J-CASTニュース2月26日(日)14時0分
東京電力の社債発行が話題となっている。東日本大震災で福島第1原子力発電所が未曾有の原発事故を発生させ、原子炉の廃炉や事故の賠償などで多大な…[ 記事全文 ]
グループ会社の石炭火力220億円で売却…東芝 読売新聞2月25日(土)19時51分
東芝は24日、グループ会社「シグマパワー有明」が運営する福岡県内の石炭火力発電事業のうち、三池発電所(福岡県大牟田市)を、国内の投資ファンド運営会社「IDIインフラストラクチャーズ」に220億円で売却すると発表した。シグマパワーが分社化してつくる新会社の全株式を、3月31日にIDIに売る。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 月100時間残業「あり得ない」…連合会長読売新聞2月25日(土)19時58分
2 JALとANA、マイルを貯めるならどっちがお得?マイナビニュース2月25日(土)11時30分
3 スシロー再上場でも不安 回転寿司が抱えるリスクNEWSポストセブン2月26日(日)7時0分
4 「銀魂」のJOY CAN PREMIUM、題して『缶魂』!?の発売が決定! まるで『ジャスタウェイ』なドリンク缶と、 銀さん達が缶とコラボした公式描き下ろしイラストのアクリルチャームがセットに!ドリームニュース2月24日(金)16時0分
5 グループ会社の石炭火力220億円で売却…東芝読売新聞2月25日(土)19時51分
6 東電が公募社債を発行できるカラクリ 実質「破綻」企業がなぜJ-CASTニュース2月26日(日)14時0分
7 「だし」を主役にした商品やサービス続々 店舗や自宅で楽しむ1汁や1杯MONEYzine2月26日(日)8時0分
8 ペットの葬送に関する商品やサービスあれこれ 旅立ちの1着や骨つぼ、飼い主と入るお墓などMONEYzine2月26日(日)14時0分
9 全国のポン酢食べ比べ! これまでの最高得点を叩き出す次世代ポン酢出現【関東編】Excite Bit コネタ2月11日(土)17時0分
10 格安航空会社「ピーチ」、ANAが子会社化すると発表TBS2月25日(土)4時43分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア