BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

kintoneへのデータ移行を簡単に!「Smart at migration」の提供開始

PR TIMES2月17日(金)16時29分
画像:kintoneへのデータ移行を簡単に!「Smart at migration」の提供開始
写真を拡大
Notesで利用していたデータをそのまま、kintoneのアプリとして移行可能に!

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、2017年2月17日より、Notes(ノーツ)からkintone(キントーン)へのデータ移行ツール「Smart at migration(スマートアットマイグレーション)」の提供を開始しますのでお知らせします。

[画像: https://prtimes.jp/i/7357/313/resize/d7357-313-595238-0.jpg ]

                 「Smart at migration」イメージ図

「Smart at migration」の概要

「Smart at migration」は、Notesで利用していたデータをそのまま、kintoneアプリとして簡単にデータ移行できるサービスです。NotesのデータをNotes以外のソリューションに移行する上で最も時間がかかるのは、NotesDBの設計情報の解析です。「Smart at migration」は、Notesの設計情報をもとにkintoneアプリの自動生成とデータ移行を行うため、期間・コストが従来と比較して最大9割削減できます(当社実績比)。また、クラウドサービスであるkintoneは自社でサーバーを管理する必要がないため、移行後の運用コストの削減にもつながります。

■ご利用料金
40フォームにつき400万円〜(税抜)
※フォーム数は複数フォームをマージした場合には1フォーム換算になります。
※初年度サポート費用込みの価格となっております。

▼ 「Smart at migration」に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://smartat.jp/migration/

本サービスの提供開始にあたり、サイボウズ株式会社 執行役員 ビジネスマーケティング本部長 林田 保氏よりコメントをいただいております。

「サイボウズ株式会社は、M-SOLUTIONS株式会社の「Smart at migration」提供開始を心より歓迎いたします。本ツールにより、短期間かつ低コストでNotesからkintoneへのスムーズな移行が可能となります。kintoneを活用した業務改革を多数手がける、M-SOLUTIONSの技術とノウハウが結集したこのツールを通じて、より多くのお客様へkintoneによる先進的な業務環境をお届けできると確信しております。今後も一層のパートナーシップ構築に勤しみ、ソリューションおよびkintone導入支援を強化してまいります。」
サイボウズ株式会社 執行役員 ビジネスマーケティング本部長 林田 保

■M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社について

M-SOLUTIONS株式会社は、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

※ Notesは、International Business Machines Corporation の米国およびその他の国における商標です。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「アプリ」「会社」「東京都」「新宿」の関連トピックス

「アプリ」をもっと詳しく

注目ニュース
ユニクロがどんなブランドとも合う理由 プレジデント社8月21日(月)9時15分
■なぜユニクロは世界的ブランドになれたのか日本の地方企業から、世界第3位の売上高を誇るアパレル製造小売業(SPA)に成長した、「ユニクロ」…[ 記事全文 ]
バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず 読売新聞8月20日(日)11時38分
国内バイク市場の低迷が続いている。手頃な価格の軽自動車や電動アシスト自転車が人気となり、身近な移動手段だった原付きバイクの販売が振るわないためだ。二輪車大手は利幅の大きい中・大型に力を入れるなどして打開したい考えだが、若者のさらなるバイク離れを招く恐れもあり、難しい対応を迫られている。[ 記事全文 ]
年収150万円が普通に?2030年の社会はこうなる? All About8月18日(金)21時40分
日本はどうなるの?未来予測を書いてみます今後数年で、経済格差はますます拡大すると思われます。そこで、ちょっとした未来予測をしてみました。[ 記事全文 ]
苦戦強いられる流通業界でなぜドン・キホーテだけ堅調なのか NEWSポストセブン8月20日(日)7時0分
“驚安の殿堂”をうたうディスカウントストア(DS)、ドン・キホーテ(以下、ドンキ)が好調だ。[ 記事全文 ]
東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で—主力行は断行求める 時事通信8月19日(土)15時32分
東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア