BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ムービープラス&女性チャンネル♪LaLa TV presents『わたしは、ダニエル・ブレイク』チャリティ先行上映会 開催のお知らせ

PR TIMES2月17日(金)12時17分
画像:ムービープラス&女性チャンネル♪LaLa TV presents『わたしは、ダニエル・ブレイク』チャリティ先行上映会 開催のお知らせ
写真を拡大
CS映画専門チャンネルの「ムービープラス」と女性向けエンターテインメントチャンネル「女性チャンネル♪LaLa TV」を運営するジュピターエンタテインメント株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、3月18日(土)に劇場公開されるケン・ローチ監督最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』のチャリティ先行上映会を、3月13日(月)にヒューマントラストシネマ有楽町にて開催いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/7517/188/resize/d7517-188-206736-0.jpg ]

『わたしは、ダニエル・ブレイク』は、ケン・ローチ監督が世界で拡大しつつある格差や貧困をテーマに描き、第69回カンヌ映画祭パルム・ドールを受賞した作品です。本作のメッセージである「生きるために誰もが享受するべき最低限の尊厳」や「人を思いやる気持ち」に賛同した本作を提供する株式会社バップと有限会社ロングライドは、“チーム「ダニエル・ブレイク」”を結成し、映画の上映権を保有する30年の間、本作品によりもたらされるすべての収益の一部を貧困に苦しむ人々を援助する団体を助成することを目的とした「ダニエル・ブレイク基金」を設立。チャリティ・プロジェクトを立ち上げます。

ムービープラスは、カンヌ映画祭のオフィシャル・ブロードキャスターとして、毎年カンヌ映画祭で現地取材を行い、授賞式生中継や、過去受賞作を特集放送しています。昨年は、『わたしは、ダニエル・ブレイク』がパルム・ドールを受賞する感動の瞬間を、日本独占生中継でお届けしました。さらに、ケン・ローチ監督の独自インタビューなども放送しており、リニア放送はもちろん、YouTubeやSNSなどもフル活用し、「映画の今」をお届けしております。一方、女性チャンネル♪LaLa TVは、様々なライフスタイルの女性の活躍を応援するという信念のもと、本作のメッセージに賛同。両チャンネルを運営するジュピターエンタテインメント(株)は劇場公開に先駆け、本プロジェクトのメディアパートナーとしてチャリティ先行上映会を行うこととなりました。映画上映後には、イギリス出身のブロードキャスター ピーター・バラカンさんによるトークショーも予定しております。本作を通じ、より多くの人が貧困・格差問題への理解を深め、援助が増える契機となることを切に願っております。

ムービープラスでは、記念すべき70回目を迎えるカンヌ映画祭が開催される今年5月、カンヌ映画祭の過去受賞作を特集放送する予定です。こちらも、あわせてご期待ください。


ムービープラス&女性チャンネル♪LaLa TV presents
『わたしは、ダニエル・ブレイク』 チャリティ先行上映会
日時:3月13日(月) 18:45開映
※映画上映終了後、20:30頃よりトークショーあり 21:00終了(予定)
場所:ヒューマントラストシネマ有楽町シアター1(千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア・イトシアプラザ4F)
ゲスト:ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
料金:1500円(税込)
※当日の全収益は、「ダニエル・ブレイク基金」を通じて、日本で貧困に苦しむ人々を支援する団体を助成するために活用させていただきます。
チケット:チケットはヒューマントラストシネマ有楽町のオンライン及び窓口からも購入可能
■オンライン:2月25日(土)午前0:00より発売開始
■窓口:2月25日(土)午前11:00より発売開始
オンラインでのチケット購入はこちら⇒ http://www.ttcg.jp/human_yurakucho/topics/
※チケットに関するお問合せは、ヒューマントラストシネマ有楽町(TEL:03-6259-8608)までお願いします。
※本チャリティ先行上映会には、前売券(全国特別鑑賞券)のご使用はできません。
主催:ジュピターエンタテインメント株式会社(ムービープラス/女性チャンネル♪LaLa TV)

ピーター・バラカン プロフィール
1951年、ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科卒業後、1974年に来日。アメリカCBSの制作番組「60 Minutes」を主な素材とする、社会問題を扱ったドキュメンタリー番組「CBSドキュメント」(TBS)の司会を20年以上担当した。また、NHK-FMの「ウィークエンドサンシャイン」、InterFMの「Barakan Beat」など、ラジオを中心に活躍中。

<『わたしは、ダニエル・ブレイク』 あらすじ>
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァティ
出演:デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ、ほか
2017年3月18日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

▼ケン・ローチ監督 『わたしは、ダニエル・ブレイク』インタビュー映像
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=fgLh3o0gz2E ]



■映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」 公式サイト
http://danielblake.jp/

■「チャリティ先行上映会」について
http://www.movieplus.jp/fes/cannes2017/event/

■「ダニエル・ブレイク基金」について
http://danielblake.jp/charity/


■ムービープラスとは・・・
今年開局28年目を迎えた日本最大級の映画チャンネルです。ハリウッドのヒット作をはじめとする国内外の選りすぐりの映画、映画祭、最新映画情報を放送し、J:COMなど全国のケーブルテレビやスカパー!、IP放送を通じ、約720万世帯のお客様にご覧いただいています。http://www.movieplus.jp/

■女性チャンネル♪LaLa TVとは・・・
女性チャンネル♪LaLa TVは、 “人生にもっとときめきを”をコンセプトに厳選した国内外の良質なドラマ、映画、舞台や音楽等のライブコンテンツ、料理や旅等のライフスタイル番組など、魅力的で多彩なラインナップが満載のエンタテイメントチャンネルです。J:COMなど全国のケーブルテレビや、スカパー!、auひかりを通じ、約650万世帯のお客様にご覧いただいています。 http://www.lala.tv

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「チャンネル」「女性」「映画」「会社」の関連トピックス

「ムービープラス&女性チャンネル♪LaLa TV presents『わたしは、ダニエル・ブレイク』チャリティ先行上映会 開催のお知らせ」の関連ニュース

注目ニュース
ダイヤモンド誌「面白いネタ至上主義」に重大疑惑 プレジデント社4月30日(日)11時15分
■「中国産米」を混ぜる動機がみつからないJAグループの販売している「滋賀こしひかり」や「京都丹後こしひかり」、「魚沼産こしひかり」に大量の…[ 記事全文 ]
斬新デニム、メンズも発売 「膝ビニール」に続いて物議 Forbes JAPAN4月29日(土)15時0分
ファストファッション・ブランドのトップショップが今年3月に発売した「膝の部分にビニール」が施された”斬新な”ママ向けジーンズへの挑戦だろう…[ 記事全文 ]
働く女性の家事の負担感、「未就学児童の世話」は時給換算で1,413円、「PTA」は1,033円 MONEYzine4月29日(土)22時0分
共働きを選択する世帯は多いが、育児は働く女性にとって大きな負担になっていることが、二つの調査であらためて明らかになった。[ 記事全文 ]
ヤマト、大型荷物最大6割値上げ 規格超えが対象 共同通信 47NEWS4月30日(日)11時35分
ヤマト運輸は30日までに、宅配便の規格より大きい荷物向けの「ヤマト便」の運賃を最大6割値上げすると発表した。[ 記事全文 ]
今春のコンビニおにぎり 「4社4様」の驚くべき進化 NEWSポストセブン4月29日(土)7時0分
ゴールデンウィーク期間中、「コンビニおにぎり」を買って行楽地に向かう人も多いだろう。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア