BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

<ファンドオブザイヤー2016>東京海上アセット「円奏会」、安定した運用成績で2年連続の最優秀ファンド賞を受賞

サーチナ2月17日(金)10時32分
画像:東京海上アセットマネジメントが設定・運用する「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(愛称:円奏会)」がモーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー2016の「バランス(低リスク)型部門」で最優秀ファンド賞を受賞し、昨年の「バランス(安定)型部門」での同賞受賞に続き2年連続の栄冠に輝いた。(写真は、東京海上アセットマネジメント運用戦略部シニアファンドマネージャーの山崎晃樹氏)
写真を拡大
東京海上アセットマネジメントが設定・運用する「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(愛称:円奏会)」がモーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー2016の「バランス(低リスク)型部門」で最優秀ファンド賞を受賞し、昨年の「バランス(安定)型部門」での同賞受賞に続き2年連続の栄冠に輝いた。(写真は、東京海上アセットマネジメント運用戦略部シニアファンドマネージャーの山崎晃樹氏)
 東京海上アセットマネジメントが設定・運用する「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(愛称:円奏会)」がモーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー2016の「バランス(低リスク)型部門」で最優秀ファンド賞を受賞し、昨年の「バランス(安定)型部門」での同賞受賞に続き2年連続の栄冠に輝いた。モーニングスターレーティングは12カ月連続で最高位★★★★★を獲得しており、トータルリターンは1年間保有の場合に9割の期間で部門平均を上回ったほか、過去3年間のシャープレシオは部門内でトップとなるなど優れた運用成績が評価された。同ファンドの特徴について、東京海上アセットマネジメント運用戦略部シニアファンドマネージャーの山崎晃樹氏(写真)に聞いた。
 
——ファンドの特徴は?
 
 当ファンドは、リスク(基準価額のブレ)を年率3%程度に抑えながら、じっくりと資産形成したいという投資家の方々にご活用いただきたい商品と捉えている。基本的な資産配分比率を日本債券70%、日本株式15%、日本REIT15%とし、市場動向によりファンドの基準価額の変動リスクが大きくなった場合、日本株式と日本REITの資産配分比率を引き下げるのが最大の特徴だ。
 
 各資産の運用についても特徴がある。日本債券の運用は円建て社債を中心に投資しており、社債の銘柄調査・分析に豊富な実績を持つ運用チームの信用調査力を生かした運用を目指している。日本株式は、配当利回りを高める戦略と価格変動リスクを抑える戦略を組み合わせた運用が特徴で、日本REITは各REITの時価総額構成比を基本に、流動性や信用力などを勘案して投資比率を決定している。
 
——米国では昨年の大統領選挙以後に金利が上昇し、国内にも金利上昇圧力が強まっている。ファンドへの影響は?
 
 国内金利の上昇は、日本債券にとっては短期的にマイナスに響く。ただし、日銀は長期金利(新発10年国債利回り)をゼロ%近辺にコントロールするという金融政策を打ち出しているため、急激な金利上昇は想定しづらいと考える。また、中長期的に見れば、相対的に利回りの高い銘柄へ入れ替えていくことで、インカム収益力を高めていく効果も期待できると考えている。
 
 さらに言えば、国内景気の回復を伴う緩やかな金利上昇であれば、日本株式や日本REITの値上がりが期待でき、当ファンドは引き続き安定したパフォーマンスを維持できると考えている。
 
——2016年を振り返って運用のポイントは?
 
 1年を通して見ると、市場の急落場面ではうまくリスクを回避し、安定したリターンを残すことができたと思う。とりわけ年前半は、株価急落や円高進行、原油安、日銀のマイナス金利政策発表などをきっかけに市場が急落する場面もあったが、2月初旬および3月初旬に日本株式と日本REITの配分比率を引き下げ、組入下限の5%に迫る6%台としていたことが奏功して、当ファンドの基準価額は相対的に安定した推移となった。
 
 6月下旬のBrexit(英国のEU離脱の決定)以降、市場の変動性も落ち着き始めたことから、日本株式と日本REITの配分比率を段階的に引き上げ、2016年末には、ほぼ基本資産配分比率並みとした。11月の米国大統領選挙後は金利上昇、および、株高の展開となったが、日本株式の配分比率の引き上げが金利上昇によるマイナス要因をうまく打ち消したと思う。
 
——どのような方にファンドを持ってほしいか?
 
 中・長期の運用を前提にした場合、大きな値下がりを回避するという当ファンドのコンセプトは、資産形成において大きなメリットになると思う。運用資産全体の中での「コア」として、是非、検討いただきたい商品。
 
 また、将来のインフレ対策などを意識して、これから資産形成を始めようと考えている方にも、その第一歩として当ファンドをご検討いただきたい。リスクを年率3%程度に抑えることを目指しているため、大きな痛手を被る心配が少ない。投資対象が日本債券、日本株式、日本REITとシンプルな内容になっていることから、私たち日本人にとって理解しやすく、資産形成の第一歩を踏み出すファンドとしてふさわしいと思う。
 
 さらに、海外債券や海外REITのファンドなど海外資産を多く保有している方も少なくないと思うが、当ファンドと組み合わせることで、運用資産全体を安定させる効果を実感していただきたい。
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「<ファンドオブザイヤー2016>東京海上アセット「円奏会」、安定した運用成績で2年連続の最優秀ファンド賞を受賞」の関連ニュース

注目ニュース
JALとANA、燃油サーチャージ値上げへ - 4月から往復最大1万4,000円 マイナビニュース2月22日(水)12時28分
JAL(日本航空)とANA(全日本空輸)グループは、2017年4月1日以降の航空券発券分に適用となる「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ…[ 記事全文 ]
東芝株「今が買い時」とWSJ記事 本気?その根拠とは J-CASTニュース2月22日(水)7時0分
米原子力発電事業での巨額損失を理由に、2017年2月14日に予定していた16年4〜12月期連結決算の発表を延期した東芝の株価が急落するなか…[ 記事全文 ]
企業の43.9%が「正社員不足」と過去最多 大企業ほど人材に苦心 J-CASTニュース2月22日(水)15時21分
帝国データバンクが2017年2月21日に発表した「人手不足に対する企業の動向調査」によると、有効回答があった企業1万195社(回答率42.…[ 記事全文 ]
ポテチ品切れの湖池屋 新社長は伝説のヒットメーカー NEWSポストセブン2月22日(水)7時0分
ポテトチップスの老舗メーカー、湖池屋が今月“プライド”をかけて発売した、その名も『KOIKEYAPRIDEPOTATO(コイケヤプライドポ…[ 記事全文 ]
『名探偵コナン公式アプリ』にて、3月上旬より全国で順次オープンする「名探偵コナンカフェ」の独占先行予約を開始!〜先行予約いただいた方には限定プレゼントも!!〜 PR TIMES2月22日(水)15時37分
株式会社小学館の少年コミック誌『週刊少年サンデー』(本社:東京都千代田区、編集長:市原武法)と株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 東芝株「今が買い時」とWSJ記事 本気?その根拠とはJ-CASTニュース2月22日(水)7時0分
2 ポテチ品切れの湖池屋 新社長は伝説のヒットメーカーNEWSポストセブン2月22日(水)7時0分
3 企業の43.9%が「正社員不足」と過去最多 大企業ほど人材に苦心J-CASTニュース2月22日(水)15時21分
4 セブン店舗、従業員募集で「ノルマ罰金無し」明記 「当たり前だろ」「吹っ切れたか!」J-CASTニュース2月21日(火)7時0分
5 2月22日は猫の日!カフェ、観光、ハイブランド、越境ECサービス「SD export」まで広がる『ネコノミクス』に関する調査レポートPR TIMES2月21日(火)19時19分
6 「最高裁は政治権力の“忠犬”」元エリート裁判官が暴く司法の闇ダイヤモンドオンライン2月22日(水)6時0分
7 半導体売却、8000億円超=24日にも再入札手続き—東芝時事通信2月21日(火)0時4分
8 グラノーラ売上5年で7倍、驚異の急成長を遂げた理由ダイヤモンドオンライン2月21日(火)6時0分
9 JALとANA、燃油サーチャージ値上げへ - 4月から往復最大1万4,000円マイナビニュース2月22日(水)12時28分
10 飲食店を全面禁煙にすると 人々の健康や店の売上はどうなるのかダイヤモンドオンライン2月21日(火)11時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア