BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ジャンボ機撮り続ける写真家 雁行撮影など貴重な体験語る

NEWSポストセブン2月17日(金)7時0分
画像:石川・小松空港に初めて就航したジャンボ機(1981年2月)
写真を拡大
石川・小松空港に初めて就航したジャンボ機(1981年2月)
画像:米ワシントン州で撮影されたボーイング747(1971年4月)
写真を拡大
米ワシントン州で撮影されたボーイング747(1971年4月)

 1970年7月1日、日本航空が羽田〜ホノルル線で就航させた大型旅客機「ボーイング747」──。“ジャンボジェット”と呼ばれた同機は従来の2倍の客数を乗せることができたため、1人あたりのコストが下がり、航空運賃が安くなった。すると、同年66万人しかいなかった海外旅行者は2年後に130万人と倍増、1990年には年間1000万人を超えるまでに膨れ上がった。


 写真家の青木勝氏は、日本人の夢だった海外旅行を身近にしたジャンボ機を46年間撮り続けてきた。24歳を迎えた1968年、「海外を飛び回る仕事がしたい」と一念発起し、スポーツニッポン新聞社を退社。フリーになって2年目に日本航空広報室が嘱託カメラマンを探していることを知る。


「当時は飛行機を専門に撮るプロカメラマンがいなかった。僕自身、飛行機に乗ったこともなければ、撮ったこともない。できるかどうかわからないけど、挑戦してみようと思いました」


 広告用写真を撮影するため、2機を同時に飛行させ、空に浮かぶジャンボ機をもう1機の窓越しから撮影した。


「ぶつかるんじゃないかというくらいすぐ横を飛んでいました。超ベテランパイロットが操縦していましたが、ものすごい技術だと思います。今では雁行して撮影するなんて贅沢なことはやらないので、貴重な経験でした」


 海外では、銃を持った警備員に監視されながらシャッターを切ったことも。


「社会主義国や中東諸国は、特に厳格でしたね。“日本航空のジャンボ機以外は一切撮るな”と命令され、風景を撮ることさえ許されませんでした」


 成田空港も1978年の開港当初、世界一セキュリティーが厳しいといわれていた。


「成田闘争の影響で全国から機動隊が集められ、空港周辺を数10メートル置きに取り囲んでいました。取材パスを持っていても、簡単に撮影させてくれない。シャッターチャンスの瞬間はこっちも必死なので“ちょっと待って!”と抵抗しながら撮ってました」


 日本航空以外にも世界中のジャンボ機を撮り続けてきた。


「飛行機は空を飛ぶことへの憧れの結晶。人類の夢が詰まったジャンボ機に乗れることは進歩の証でもある。僕はその魅力を写真でいつまでも伝えていきたい」


 エンジン数がジャンボ機の半分で、燃費性能や運航コストが優る双発機の登場により、現在では製造中止も検討されているボーイング747。その勇姿を目に焼き付けておきたい。


撮影■青木勝(写真集『Hello, Goodbye』イカロス出版より)


※週刊ポスト2017年2月24日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「写真家」「海外旅行」「日本航空」「ホノルル」の関連トピックス

「写真家」をもっと詳しく

注目ニュース
「オリーブオイル」の新商品続々 単一畑×単一種やコンテスト12冠、生食用など MONEYzine6月25日(日)8時0分
ヘルシーライフに欠かせない「オリーブオイル」。単一畑×単一種にこだわった商品や、コンテスト受賞作、フレーバー豊かな生食用といった商品が登場…[ 記事全文 ]
姑の介護 嫁のはらわたが煮えたぎる理由 プレジデント社6月24日(土)11時15分
老親を在宅介護することになった。仕事に忙しい自分は介護の担い手になれない。兄弟姉妹も“口だけ”介護。[ 記事全文 ]
君は調査兵団になれるか!「第1回 進撃の巨人検定〜調査兵団入団テスト〜」「検定、受け付けてます」サイトにて申込受付スタート! ドリームニュース6月23日(金)14時30分
日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林彰、略称:日販)は、幅広い読者から絶大な人気を誇る大ヒットコミック「進撃の…[ 記事全文 ]
晩婚晩産家計苦しめる年50万「ママ友費」 プレジデント社6月25日(日)11時15分
夫の小遣いは月1万5000円でおつりがくる。一方、専業主婦の妻関連の出費は“青天井”。[ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア