BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

がんの5年生存率は69.4%、10年は58.5%、国立がん研究センターが発表

財経新聞2月17日(金)10時53分
 国立がん研究センターは16日、がんの部位別の5年相対生存率、10年相対生存率を発表。全部位全臨床病期の5年相対生存率は69.4%と、1997年の62.0%から徐々に改善傾向にある。化学療法、放射線治療や早期発見技術の進歩が貢献していると考えられる。10年相対生存率は58.5%だった。
 部位別の5年相対生存率は、2006年から2008年に診断治療を行った12万1,263症例を集計、10年相対生存率は、2000年から2003年に診断治療を行った4万5,359症例を集計。同センターのサイトには、がんのステージ別の生存率、手術率、病期判明率などのデータも掲載されており、生存率の他にも、これまで公開してきた部位別の5年相対生存率の最新症例についても更新している。
 5年生存率90%以上のがんは、前立腺(100%)、乳(93.6%)、甲状腺(92.8%)。70%以上90%未満のがんは、子宮体(86.4%)、大腸(76.3%)、子宮頸(74.6%)、胃(74.5%)など。50%以上70%未満のがんは卵巣(61.1%)。30%以上50%未満のがんは、肺(44.7.%)、食道(43.4%)、肝(36.2%)。30%未満のがんは、胆のう胆道(28.3%)、膵(9.2%)となっている。
 10年生存率90%以上のがんは前立腺(94.5%)。70%以上90%未満のがんは、甲状腺(89.3%)、子宮体(81.9%)、乳(81.7%)、子宮頸(71.4%)など。50%以上70%未満のがんは、大腸(69.2%)、胃(67.3%)、腎(66.0%)など。30%以上50%未満のがんは、卵巣(45.7%)、肺(32.6%)など。30%未満のがんは、食道(29.4%)、胆のう胆道(17.3%)、肝(16.4%)、膵(5.1%)などとなっている。
 なお、相対生存率は、がん以外の死因で死亡した人が除かれた生存率である。生存率とは、がんと診断された人が一定期間後に生存している確率のこと。生存率には、実測生存率と相対生存率があり、実測生存率には死因に関係なくすべての死亡を計算に含めた生存率のため、がん以外の死因による死亡も含まれる。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「がん」「生存率」「国立がん研究センター」「治療」の関連トピックス

「がんの5年生存率は69.4%、10年は58.5%、国立がん研究センターが発表」の関連ニュース

注目ニュース
優秀な社員が辞めてしまう本当の理由 Forbes JAPAN4月24日(月)7時30分
現職よりも良い仕事を見つけたら、波風を立てることなく今の職場を去りたいと思うものだ。[ 記事全文 ]
東芝、4事業の分社化決定 2万4千人が新会社に 共同通信 47NEWS4月24日(月)13時4分
経営再建中の東芝は24日、電力や社会インフラなど主要事業を四つの会社に分社化することを決めた。[ 記事全文 ]
妊産婦、今でも年50人前後が死亡  横ばい状態、なぜ減らないのか J-CASTニュース4月19日(水)12時7分
日本の妊産婦死亡率は、厚労省によると、世界的に非常に低いとされるが、それでも最近の6年余で298人が亡くなっている。[ 記事全文 ]
1位はあの街 日本を面白くする「イノベーティブシティ」ベスト10 Forbes JAPAN4月23日(日)12時10分
独創的なまちづくり、持続可能なビジネス─未来を見据え、革新的な挑戦を続ける都市はどこか。[ 記事全文 ]
スポーツ下着に本格参入 時事通信4月24日(月)16時52分
トリンプ・インターナショナル・ジャパンは24日、欧州で販売しているスポーツ下着ブランド「トライアクションバイトリンプ」のブラジャーを日本で…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア