BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

がんの5年生存率は69.4%、10年は58.5%、国立がん研究センターが発表

財経新聞2月17日(金)10時53分
 国立がん研究センターは16日、がんの部位別の5年相対生存率、10年相対生存率を発表。全部位全臨床病期の5年相対生存率は69.4%と、1997年の62.0%から徐々に改善傾向にある。化学療法、放射線治療や早期発見技術の進歩が貢献していると考えられる。10年相対生存率は58.5%だった。
 部位別の5年相対生存率は、2006年から2008年に診断治療を行った12万1,263症例を集計、10年相対生存率は、2000年から2003年に診断治療を行った4万5,359症例を集計。同センターのサイトには、がんのステージ別の生存率、手術率、病期判明率などのデータも掲載されており、生存率の他にも、これまで公開してきた部位別の5年相対生存率の最新症例についても更新している。
 5年生存率90%以上のがんは、前立腺(100%)、乳(93.6%)、甲状腺(92.8%)。70%以上90%未満のがんは、子宮体(86.4%)、大腸(76.3%)、子宮頸(74.6%)、胃(74.5%)など。50%以上70%未満のがんは卵巣(61.1%)。30%以上50%未満のがんは、肺(44.7.%)、食道(43.4%)、肝(36.2%)。30%未満のがんは、胆のう胆道(28.3%)、膵(9.2%)となっている。
 10年生存率90%以上のがんは前立腺(94.5%)。70%以上90%未満のがんは、甲状腺(89.3%)、子宮体(81.9%)、乳(81.7%)、子宮頸(71.4%)など。50%以上70%未満のがんは、大腸(69.2%)、胃(67.3%)、腎(66.0%)など。30%以上50%未満のがんは、卵巣(45.7%)、肺(32.6%)など。30%未満のがんは、食道(29.4%)、胆のう胆道(17.3%)、肝(16.4%)、膵(5.1%)などとなっている。
 なお、相対生存率は、がん以外の死因で死亡した人が除かれた生存率である。生存率とは、がんと診断された人が一定期間後に生存している確率のこと。生存率には、実測生存率と相対生存率があり、実測生存率には死因に関係なくすべての死亡を計算に含めた生存率のため、がん以外の死因による死亡も含まれる。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「がんの5年生存率は69.4%、10年は58.5%、国立がん研究センターが発表」の関連ニュース

注目ニュース
JALとANA、マイルを貯めるならどっちがお得? マイナビニュース2月25日(土)11時30分
日本を代表する航空会社である日本航空(JAL)と全日空(ANA)。それぞれが独自のマイレージ制度を持っているのはご存知ですよね。[ 記事全文 ]
プレミアムフライデー、オフィス街飲食店は「大迷惑」な理由 ダイヤモンドオンライン2月24日(金)6時0分
2月24日、月末の金曜日に早期退社を促す「プレミアムフライデー」がいよいよ始まる。[ 記事全文 ]
こんなにある!「返済不要・タダでもらえる」奨学金 プレジデント社2月11日(土)11時15分
■意外と穴場なのが自治体による「給付型」奨学金の返済に苦しむ若者の急増が社会問題となるなか、注目を集めているのが、返済の必要のない「給付型…[ 記事全文 ]
東芝株「今が買い時」とWSJ記事 本気?その根拠とは J-CASTニュース2月22日(水)7時0分
米原子力発電事業での巨額損失を理由に、2017年2月14日に予定していた16年4〜12月期連結決算の発表を延期した東芝の株価が急落するなか…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア