BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

三菱自、フィリピンで 「ミラージュG4」の生産を開始

財経新聞2月17日(金)20時31分
 三菱自動車は17日、フィリピンにて、コンパクトセダン「ミラージュG4(フィリピン以外の名称はアトラージュ)」の生産を開始したと発表した。生産は、現地法人のミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(MMPC)が行い、フィリピン政府の自動車産業育成政策「CARS Program」の支援を受けた案件としては、初のものとなる。
 ミラージュ G4は、コンパクトカー「ミラージュ」をベースに開発された車体で、2013年に東南アジアで販売を開始した。MMPCの工場は年間5万台の生産能力を有しており、5月からはミラージュの生産も開始する予定だ。
 MMPCは1964年に生産を開始。現在、三菱自動車が51%、双日が49%を出資しており、約1,400名の従業員を持つ。2009年にはフィリピン内の自動車会社として初めて累計生産50万台を、昨年5月には60万台をそれぞれ達成。2016年の販売台数は、前年比12.9%増の5万9,480台(シェア15.3%)となり、10年連続で過去最高を更新している。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「フィリピン」「ミラージュ」「生産」「自動車」の関連トピックス

「フィリピン」をもっと詳しく

注目ニュース
晩婚晩産家計苦しめる年50万「ママ友費」 プレジデント社6月25日(日)11時15分
夫の小遣いは月1万5000円でおつりがくる。一方、専業主婦の妻関連の出費は“青天井”。[ 記事全文 ]
タカタ、再生法申請=欠陥エアバッグで、負債1.7兆円—製造業最大の破綻 時事通信6月26日(月)13時14分
欠陥エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題で業績が悪化していたタカタは26日午前、民事再生法の適用を東京地裁に申請、受理された。[ 記事全文 ]
政府の準天頂衛星が導く未来 期待広がる新ビジネスとは J-CASTニュース6月25日(日)16時0分
日本版GPS(全地球測位システム)のへの期待が膨らんでいる。政府の準天頂衛星「みちびき」2号機の打ち上げが2017年6月1日に成功、同年中…[ 記事全文 ]
東証、タカタ株の上場廃止を決定…7月27日付 読売新聞6月26日(月)10時27分
東京証券取引所は26日、民事再生法の適用を申請したタカタの株式を同日付で投資家に注意を知らせる「整理銘柄」に指定し、7月27日付で上場廃止にすると発表した。タカタ株は今日26日は売買停止の措置となり、27日から7月26日までは売買できる。前週末23日の終値は160円だった。 [ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア