「レスキューホテル」が東京都内の民間病院で2021年2月8日(月)よりPCR検査施設として稼働開始

2月18日(木)12時0分 @Press

コンテナ建築のリーディングカンパニーで、国内26か所でホテルを運営する株式会社デベロップ(本社:千葉県市川市、代表取締役:岡村健史、以下「デベロップ」)は、災害などの有事に被災地などに駆けつける「レスキューホテル」の4例目の有事出動として、栃木県内で運営中のコンテナホテル客室2室を東京都内の民間病院に移設し、2021年2月8日(月)よりPCR検査施設として稼働を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/247740/LL_img_247740_1.jpg
レスキューホテル 設置の様子
【レスキューホテルとは】
レスキューホテルとは、デベロップが開発・運営するコンテナホテルの移動性やフレキシビリティを活かし、平時にはホテルとして運営される客室を、災害など有事の際に被災地などにすみやかに移設し、地域の皆さまにご利用いただくソリューションの名称です。
レスキューホテルは、宿泊施設として初めてフェーズフリー認証を取得しています。フェーズフリーとは、「日常時」と「非常時」のどちらにおいても役に立つこと、またそのような商品やサービスのことを言い、災害に強い社会をつくり、未来の命や暮らしを守ることを目指しています。

レスキューホテル ウェブサイト: https://www.dvlp.jp/lp/rescue_hotel


【レスキューホテル誕生の経緯】
2011年の東日本大震災では、コンテナ型備蓄倉庫や復興従事者用宿泊施設の建設などで震災後間もない時期から現地に入りました。その際目にした避難所での生活、特に仮設住居建設までの暮らしに大きな課題を感じたことがレスキューホテル構想の原点です。
宮城県石巻市で復興従事者用宿泊施設として利用されたコンテナを栃木県佐野市に移設して2017年10月にオープンした「HOTEL R9 SANOFUJIOKA」の開発・運営経験を活かし、究極の移設性を持つコンテナホテル「ザ・ヤード」シリーズ1号店を2018年12月に栃木県真岡市にオープン。43の自治体がレスキューホテル出動要請のための協定を締結するなど活用の輪を広げて現在に至ります。


【レスキューホテル出動実績】
2020年4月に長崎クルーズ船内における新型コロナウイルス感染拡大対策としてレスキューホテル初の有事出動をおこない、その迅速な配備や快適性などが政府・自治体関係者等に高く評価されました。本出動を契機に、有事インフラとしてのコンテナ活用が活発化しています。
2020年6月には東京都三鷹市および東京都千代田区へPCR検査体制強化のために出動、夏季や冬季を通じて問題なく診療活動が行えるなど、医療従事者の負担軽減のために現在も利用されています。


【今回の出動について】
2度目の緊急事態宣言発出など深刻化する新型コロナ感染状況および医療体制逼迫への対応として、東京都内の民間病院にPCR検査用施設としてコンテナ客室2室を6か月間提供します。当該出動に係る費用の全額について、国の新型コロナ緊急包括支援事業交付金の申請が行われる予定です。
新型コロナ感染拡大による医療体制逼迫の一因として、一部の医療機関に新型コロナ対策が集中する問題が指摘されています。全国で多数を占める民間医療機関が新型コロナ対応を行うには様々な課題を解決する必要がありますが、フェーズフリー機能を有する800室を超えるコンテナ客室が迅速に出動することで、独立した導線の確保など医療機関における基本的問題を解決でき、また利用終了後は次の有事出動まで再びホテル客室として使用できることから社会的コストを最小化でき、迅速かつ重点的な対策の実施に適しています。


【コンテナホテル ザ・ヤードシリーズ】
レスキューホテルの平時の姿、コンテナホテル「ザ・ヤード」シリーズは、建築用コンテナモジュールを利用した1棟1客室型の宿泊施設です。1室13m2というコンパクトさながら隣室と壁を接しないため静粛性とプライバシーに優れるほか、上質なベッド、ゆったり使用できるユニットバス、冷凍庫付冷蔵庫、電子レンジ、空気清浄機を全室装備するなど長期の連泊でも快適に過ごせる上質な宿泊空間がお客様の好評を得ています。
コロナ禍の中でも1か月に1店舗のペースでの出店を継続し、栃木・群馬・千葉・茨城・愛知・岡山・沖縄で27店898室が稼働しています(開業準備中の店舗を含みます)。今後もホテルとしての高いクオリティを目指し、お客様の支持を得て各地に展開し、全国どこでもすみやかにレスキューホテルが駆けつける体制を構築することで、早期の新型コロナ感染抑制や、災害に強い国づくりに貢献してまいります。

コンテナホテル「ザ・ヤード」シリーズ ウェブサイト: https://hotel-theyard.jp


【今回出動情報】
期間/室数:2021年2月8日(月)から6か月/2室
場所/用途:東京都内の民間病院近隣地/PCR検査室および待合室
費用 :レスキューホテル利用料(10,000円/日・室×6か月、移動費用含む)
+追加工事費


【ザ・ヤードシリーズ情報】
名称:コンテナホテル「ザ・ヤード」シリーズ(総店舗数:27店、総客室数:898室)

<栃木県>
小山市 :HOTEL R9 The Yard 小山喜沢 2020年2月22日開業 全36室
HOTEL R9 The Yard 小山天神 2020年4月24日開業 全25室
HOTEL R9 The Yard 小山横倉 2020年11月28日開業 全37室
真岡市 :HOTEL R9 The Yard 真岡インター 2018年12月28日開業 全17室
HOTEL R9 The Yard 真岡熊倉 2019年4月20日開業 全28室
鹿沼市 :HOTEL R9 The Yard 鹿沼西茂呂 2019年3月10日開業 全17室
HOTEL R9 The Yard 鹿沼栄 2019年9月14日開業 全33室
足利市 :HOTEL R9 The Yard 足利福富 2019年11月10日開業 全49室
HOTEL R9 The Yard 足利駅西 2020年3月4日開業 全34室
宇都宮市:HOTEL R9 The Yard 宇都宮中央 2019年5月24日開業 全24室
佐野市 :HOTEL R9 The Yard 佐野天神 2019年9月16日開業 全22室
矢板市 :HOTEL R9 The Yard 矢板 2020年1月18日開業 全49室

<千葉県>
東金市 :HOTEL R9 The Yard 東金 2020年2月27日開業 全36室
成田市 :HOTEL R9 The Yard 成田空港西 2020年4月16日開業 全42室
いすみ市:HOTEL R9 The Yard いすみ 2020年8月10日開業 全36室
富津市 :HOTEL R9 The Yard 富津 2020年12月21日開業 全30室
野田市 :HOTEL R9 The Yard 野田 2021年4月開業予定 全45室

<群馬県>
館林市 :HOTEL R9 The Yard 館林新栄 2019年8月23日開業 全27室
太田市 :HOTEL R9 The Yard 太田 2020年2月4日開業 全37室
伊勢崎市:HOTEL R9 The Yard 伊勢崎 2020年7月26日開業 全38室

<茨城県>
結城市 :HOTEL R9 The Yard 結城 2020年1月12日開業 全27室
阿見町 :HOTEL R9 The Yard 阿見 2020年10月31日開業 全34室
古河市 :HOTEL R9 The Yard 古河 2021年5月開業予定 全43室

<愛知県>
常滑市 :HOTEL R9 The Yard 常滑 2019年8月7日開業 全26室
武豊町 :HOTEL R9 The Yard 武豊 2020年1月26日開業 全30室

<岡山県>
津山市 :HOTEL R9 The Yard 津山 2021年8月開業予定 全33室

<沖縄県>
宮古島市:HOTEL R9 The Yard 宮古島 2021年3月開業予定 全59室

ホームページ: https://hotel-theyard.jp


【運営会社】
会社名 : 株式会社デベロップ
代表者 : 代表取締役 岡村 健史
所在地 : 千葉県市川市市川一丁目4番10号
設立 : 2007年2月
事業内容 : 建築・不動産事業、ホテル事業、トランクルーム事業、
エネルギー事業
ホームページ : https://develop-group.jp
レスキューホテル: https://www.dvlp.jp/lp/rescue_hotel


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ホテル」をもっと詳しく

「ホテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ