グーグル、アップルに追随 端末情報の広告利用制限

2022年2月18日(金)16時0分 JBpress

 米グーグルは2月16日、スマートフォンアプリの利用情報を広告配信のために使う機能を制限すると明らかにした。一方で同社は代替技術の開発を進める。これにより、利用者のプライバシー保護と精度の高い広告配信を実現するとしている。


「広告ID」を利用しない絞り込み

 具体的には、「広告ID」と呼ばれる識別子(端末ごとに割り振る英数字)に代わる仕組みを用意する。従来、広告企業は広告IDを基に利用者を追跡して興味を把握、対象者を絞り込むターゲティング広告を配信してきた。だが、プライバシー保護意識の高まりや、規制当局、議員などからの批判を受け、仕組みを見直す動きが広がっている。

 米アップルは21年4月、プライバシー保護を目的とした新ルール「アプリのトラッキング透明性(ATT)」を導入した。アプリ運営会社に対し、行動データの計測と追跡に利用者の同意を求めるよう義務付けている。具体的にはターゲティング広告配信に必要となる端末固有の広告用識別子「IDFA(Identifier for Advertisers)」をアプリが取得する際、ポップアップ画面を出して利用者から許諾をとる(オプトイン)ようにした。

 しかし、多くの利用者はこれを拒否しているとみられる。米調査会社フラーリーのデータを引用した米ウォール・ストリート・ジャーナルの記事によると、米国人利用者が「IDFA」の使用を拒否した割合は80%以上に上る。これによりアップル端末に配信される広告は利用者の絞り込み精度が低下。ネット広告を主要な収入源としているSNSの広告収益が減少したと指摘されている。


メタ株急落、時価総額6000億ドル以下

 米メタ(旧フェイスブック)は先の決算発表で、アップルの方針転換による逸失広告収入が22年通期で100億ドル(約1兆1500億円)に上るとの見通しを示した。この決算発表を受け、米株式市場でメタの株価は急落。独スタティスタによると、メタの時価総額はわずか1日で2520億ドル(約29兆500億円)減少。米国企業の歴史で、時価総額が1日でここまで消失したことはないと指摘している。米CNBCによると、21年6月時点で1兆ドル超だったメタの時価総額は、現在6000億ドル以下で推移している。


メタ、グーグルを支持する2つの理由

 メタはアップルの方針転換を批判しているものの、グーグルの新方針には支持を表明している。メタの広告担当幹部のグラハム・マッド氏はツイッターへの投稿で「プライバシー保護を強化する新技術について、グーグルや業界全体と協力していくことを楽しみにしている」と述べた。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによるとメタがグーグルを支持する理由は2つある。1つはグーグルが新技術の導入に少なくとも2年かかるとしており、それまで広告IDのサポートを続けるという点。もう1つは代替新技術の開発に際し、業界と協調的なアプローチを取るとグーグルが表明している点。

 グーグルは、開発者や広告主に利用されてきた既存技術に突如制限をかけたアップルのようなやり方を「無配慮」と批判。「選択肢を用意しないアプローチは利用者のプライバシーと開発者のビジネスに悪い結果をもたらす」と指摘している。


ウェブの仕組みをアンドロイドに

 グーグルは新技術の詳細を明らかにしていない。だがすでに提案しているウェブブラウザー用の広告技術に似た仕組みを用いるようだ。「プライバシーサンドボックス」と呼ぶ、サードパーティークッキーを使わない広告配信の仕組みを、基本ソフト(OS)「アンドロイド」に導入するとみられている。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると1つの案は、利用者のアンドロイド端末がアプリの利用情報をそのまま外部企業へ送信する代わりに、端末上で利用状況を追跡して分析するというもの。端末は分析結果であるユーザーの関心内容を送信するにとどめる。これにより端末IDを知らずとも広告を絞り込めるようになる。

 だが、先行きは不透明だとも指摘されている。前述したウェブ用の脱サードパーティークッキー技術については、英競争当局が調査を始めている。欧州連合(EU)もグーグルの広告事業に対する広範な競争法調査の一環として調べを進めているという。

 グーグルはネット広告市場で巨大な力を持っており、その動向は競合企業や規制当局、議員らによって注意深く監視されていると、ウォール・ストリート・ジャーナルは報じている。

 (参考・関連記事)「旧フェイスブック、成長鈍化と支出増大で株価急落 | JDIR」

筆者:小久保 重信

JBpress

「広告」をもっと詳しく

「広告」のニュース

「広告」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ