駒沢女子大学の学生が新築賃貸集合住宅のコンセプトやデザインを企画・提案した産学連携課題「コマジョクリエ」物件が2019年2月に竣工〜完成披露内覧会および完成式典を2月26日に実施

2月18日(月)20時5分 Digital PR Platform




駒沢女子大学(東京都稲城市/学長:光田 督良)が株式会社 東都(東京都狛江市/代表取締役社長:磯谷 彰洋)、株式会社 創建(東京都調布市/代表取締役社長:玉村 秀樹)と連携し、三者による産学連携課題「コマジョクリエ」として2016年から取り組んできた賃貸集合住宅計画(鉄筋コンクリート造3階建て、計15戸)が、2019年2月に竣工となる。それに伴い、2月26日(火)に完成披露内覧会および完成式典を執り行う。





■産学連携課題コマジョクリエ 完成披露内覧会・完成式典概要
【日 時】 2019年2月26日(火)13:00〜15:00
【場 所】 東京都調布市調布ヶ丘2-20-5(京王線調布駅東口徒歩約10分)
【内容(予定)】
・13:00〜13:30 完成披露内覧会
・13:30〜14:15 完成式典(終了後、記念撮影)
・〜15:00 内覧会 終了
【出席予定者】
・株式会社 東都: 代表取締役社長 磯谷 彰洋 ほか
・株式会社 創建: 代表取締役社長 玉村 秀樹 ほか
・駒沢女子大学: 学長 光田 督良、住空間デザイン学科担当教員 太田 清一、神村 真由美、橘田 洋子、佐藤 勉、三戸 美代子、茂木 弥生子、住空間デザイン学科学生2名 ほか



■産学連携課題コマジョクリエ課題概要
 このプロジェクトは、駒沢女子大学住空間デザイン学科(現:人間総合学群住空間デザイン学類)3年生対象の「インテリアデザインスタジオ(空間系)」と「建築デザインスタジオ」の合同授業で、2016年10月から課題がスタートした。
 初年度は企画フェーズとして、計画のコンセプトやターゲットとなる居住者像を学生一人一人が提案し、その中から計画の基本方針を決定。2017年度前期の基本計画フェーズでは、アンケート調査やワークショップを通じて計画の要点を整理し、同年後期に行われた基本設計フェーズでは、個々の学生提案の中から、異なる3つのタイプの住戸プランが選定された。
 2018年度はこの3つのデザインをより具体化させ、大学や現場で学生・教員と担当者が何度も打ち合せを重ね、内外装の素材や色を選定するなど、最終的な計画をまとめた。


●株式会社東都HP「調布ヶ丘賃貸住宅プロジェクト」紹介ページ
 https://www.tohto.ne.jp/feature/chofugaoka2019.shtml




●駒沢女子大学HP
 ・「コマジョクリエ『調布ヶ丘賃貸住宅プロジェクト』の建設現場を見学しました」
  https://www.komajo.ac.jp/uni/window/c_living/c_living_news_class_18011.html

 ・「産学連携課題『コマジョクリエ』学生提案による新築マンション計画の建設が進行中!」
  https://www.komajo.ac.jp/uni/window/c_living/c_living_news_event_18004.html




(参考)
・駒沢女子大学の学生が新築賃貸住宅の企画・デザインを提案する新プロジェクト「コマジョクリエ」 -- 10月11日に産学連携調印式(2016.10.08)
 https://www.u-presscenter.jp/2016/10/post-36197.html


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 駒澤学園 IR・広報部
住所:〒206-8511 東京都稲城市坂浜238番地
TEL:042-350-7212(直通)
FAX:042-331-1919
メール:prkomajo@komajo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「賃貸」をもっと詳しく

「賃貸」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ