北海道の原料製造を行うリナイスが『原材料GMP』を取得 コーシャへの申請/米国市場へ積極的な展開を行う姿勢

2月19日(火)12時0分 @Press

株式会社リナイス(本社:北海道札幌市、代表取締役:中野 英春、鳴海 正樹)は、自社工場「長万部工場」が公益財団法人 日本健康・栄養食品協会より『原材料GMP』の適合認定を取得したことをご報告いたします。
この認定取得により、今後さらに高品質な原料をご提供すべく、適切な工場管理運営を進めてまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/177272/LL_img_177272_1.jpg
長万部工場

■『原材料GMP』認定概要
製造所名:株式会社リナイス 長万部工場
認定範囲:原材料
認定番号:27319
認定期間:2019年2月8日〜2022年2月7日


■品質方針
食糧基地「北海道」を基軸とし、品質がすべての基本というものづくりの原点を忘れず、製品品質の向上と人材・業務プロセス、ブランド価値の向上に取り組みます。


■今後の展開
製品の品質・機能性の優位性・差別化をより明確化(データ化)し、国内外への企画提案型販路開拓を進めてまいります。特に2019年より米国市場へ積極展開に注力してまいります。
また、現在コーシャ(ユダヤ教の宗教指導者(ラビ)が、原材料や製造工程などを現地でじかに確認したうえで、ユダヤの教義に従った安全なコーシャ食品kosher foodsとして認証する制度)へ申請中。


■「GMP適合認定」とは…
Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といいます。GMPは原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」を求めています。
国際的にみて健康食品の先進国である米国では、原材料をGMPの対象とはしていません。しかし、健康食品製造者が原材料の品質と安全性に全責任を持たなければならず、弊社のような原材料製造業者の品質確保体制を厳しく監視し、原材料の同一性を証明するため同一性試験を義務付けています。


【会社概要】
2011年1月設立。北海道産天然シロサケの未利用部位である鼻軟骨より抽出精製する機能性成分「プロテオグリカン」の製造専門メーカー。北海道内の水産加工会社と提携し、原料(サケ頭)調達から最終工程まですべてを自社にて行っている。

商号 :株式会社リナイス
代表者 :代表取締役 中野 英春・鳴海 正樹
所在地 :(本社)〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目2
北大ビジネス・スプリング309(北海道大学北キャンパス内)
(工場)〒049-3519 北海道山越郡長万部町字旭浜159-9
設立 :平成23年1月21日
事業内容:食品原料・化粧品原料の製造及び健康食品・
化粧品の企画・受託製造等
URL :https://www.linise.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「北海道」をもっと詳しく

「北海道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ