京都信用金庫のお客さま向けに、通帳アプリ『かんたん通帳』を提供開始

2月19日(火)12時40分 PR TIMES

通帳レスで口座情報の閲覧が可能、資産管理機能も追加

 株式会社マネーフォワードは、2月20日より、京都信用金庫のお客さま向けの通帳アプリ『かんたん通帳』の提供を開始いたします。なお、本アプリでは、通帳の機能の他、資産管理機能を提供しております。

[画像1: https://prtimes.jp/i/8962/296/resize/d8962-296-870438-0.png ]

 当社では、資産管理機能を他社サービスに連携できる「MF Unitシリーズ」の提供を2017年12月より開始しております。「MF Unitシリーズ」は、当社が提供するお金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の機能の一部を他社アプリ内で提供するサービスです。
この度、本アプリ内に、「MF Unitシリーズ」の「資産管理Unit」を導入し、通帳機能に加えて資産管理も可能です。

■通帳アプリ『かんたん通帳』について
 京都信用金庫のお客さまが抱える通帳の記帳や取引履歴を把握する際の手間を解消し、さらなる利便性向上を目指すべく、いつでもどこでも口座管理ができる本アプリの提供を開始する運びとなりました。本アプリは、京都信用金庫の総合口座の普通預金、定期預金、貯蓄預金のキャッシュカードをお持ちの個人のお客さま全てにご利用いただけます。

<サービス概要>
iOS:https://itunes.apple.com/app/id1451564934?mt=8
(対応機種:iOS 10.0以上搭載のiPhone)
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kyotoshinkin.passbook.android&hl=ja
(対応機種:Android5.0以上)
提供開始日:2019年2月20日
特 長:
京都信用金庫のお客さまが、通帳の取引データ(口座の入出金・残高情報など)を『かんたん通帳』のアプリ内で閲覧できます。『かんたん通帳』をご利用いただくことで、通帳への記帳が不要となり、いつでもどこでも簡単に口座を管理することが可能です。また、本アプリの利用を開始するタイミングから、半永久的にデータの保存が可能になります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/8962/296/resize/d8962-296-453721-1.jpg ]

■「MF Unitシリーズ」について
「MF Unitシリーズ」は、当社が提供するお金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の機能の一部を他社サービス内で提供するサービスです。「MF Unitシリーズ」の一部である「資産管理Unit」は、国内の2,650以上の金融関連サービスの入出金・残高、クレジットカードや電子マネーの利用明細の自動取得し、口座の一括管理機能を提供いたします。

■株式会社マネーフォワードについて
名称 :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立 :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
ビジネス向けクラウドサービス『マネーフォワード クラウドシリーズ』 https://biz.moneyforward.com/

<サービス名称変更について>
2018年11月27日より、当社サービスの名称を以下に変更いたしました。
(1)お金の見える化サービス
変更前:『マネーフォワード』
変更後:『マネーフォワード ME』
(2)ビジネス向けクラウドサービス
変更前:『MFクラウドシリーズ』
変更後:『マネーフォワード クラウドシリーズ』

PR TIMES

「通帳」をもっと詳しく

「通帳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ