「2018年度 QCサークル推進 石川馨賞」をBPO業界で初受賞

2月19日(火)13時40分 PR TIMES

社内外への積極的な改善活動の推進が認められました

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下、TMJ)は、「2018年度 QCサークル推進 石川馨賞」を受賞しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/40416/4/resize/d40416-4-252579-0.png ]



「QCサークル」は、同じ職場内で継続的に行われる品質管理・改善の小集団活動として、主に製造業の現場を中心に用いられています。「2018年度 QCサークル推進 石川馨賞」は、QCサークル活動の基本理念の実現に向けて推進している個人を表彰する賞ですが、この名誉ある賞を当社の野上 真裕が受賞しました。当社はアウトソーサーとして、クライアントの業務品質の向上を目指しており、QCサークル活動をコールセンターやバックオフィス業務の業務改善に応用した「小さな改善」活動を社内外に向けて企画・導入・浸透を長年にわたり推進してきました。今回その功績が認められ、BPO業界で初めての受賞となりました。

■2018年度 QCサークル推進 石川馨賞 概要

受賞者  : 事業変革本部 変革推進室 室長  野上 真裕(ノガミ マサヒロ)
活動内容 : 製造業では一般的なQCサークル活動をサービス業にアレンジ、小集団による「小さな改善」活動
       として社内に導入・推進を図った。活動を社内に定着させるとともに、クライアント企業業績に
       直結する成果創出に寄与。また、社内の優秀事例をQCサークル大会へ出場させることで、サービ
       ス業界におけるQCサークル活動の普及拡大に貢献した。

※QCサークル推進 石川馨賞 概要
QCサークル活動の基本理念の実現に向け、社内及び社外の双方において積極的な推進活動に取り組み、顕著な貢献をされ、かつ今後の活動を期待される推進者が表彰される。


■直近のQCサークル大会受賞歴

○第6098回 QCサークル北海道支部 QCサークル大会-札幌-
・開催日 :2019年1月24日
・受賞  :最優秀賞
・チーム名:やったね♪TMJクエスト
・活動内容:メール(SNS)や事務作業の自動化などを通して、電話コンタクト率の改善に成功。クライアントの
      収益改善にも貢献した。

○第6102回QCサークル関東支部 JHS運営事例選抜大会
・開催日 :2019年2月18日
・受賞  :JHS部門支部長賞金賞
・チーム名:多摩バックオフィス
・活動内容:バックオフィス業務で日々発生する短納期・大量の突発業務に対し、チームの垣根を越えた全員活躍
      の体制づくりをするなど、継続的な改善活動を実施した。

※JHS運営事例選抜大会概要
2018年度関東支部内9地区から推薦された「事務・販売・サービス〔含む医療・福祉〕部門」の地道な努力とチャレンジ精神、人と人との絆、ベテランの知恵・工夫と若手の成長、改善力の向上と固い団結力など活動を通した日頃の成果を発表する。
今回支部長賞金賞を受賞した「多摩バックオフィス」チームは、2019年6月に行われるJHS全日本選抜大会に関東支部代表として出場します。


今後もTMJでは、企業文化となっている「小さな改善」活動を通じて、業務の品質向上による自社クライアントへの事業貢献と、業界全体の研鑽・地位向上へと繋げてまいります。


株式会社TMJについて(http://www.tmj.jp)

TMJは、株式会社福武書店(現・株式会社ベネッセコーポレーション)のインハウスコールセンターより独立分社化する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコールセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供しています。2017年には、セコムグループの100%子会社となり、より強固で安全性の高いグループネットワークを活かし、クライアントビジネスの成功をサポートします。

PR TIMES

「推進」をもっと詳しく

「推進」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ